金属アレルギーになる人は、メッキしてあるアクセサリーなどには対策が必要です。

金メッキで、アレルギーの原因になる金属アレルギーはなぜ起きるのか?

それには原因があるのですが、メッキ対策してみませんか?

特に、夏場に使用する時の、肌に直接触れるピアスやネックレスは要注意です。

日頃から金属アレルギーで皮膚が炎症を起こす前に、コノ対策すると軽減されます。

快適にアクセサリーやジュエリーを楽しんで着けましょう。

スポンサーリンク
 

金属アレルギーでメッキの対策が必要なピアスやネックレス

金(GOKD)製品や金メッキなどのメッキしているピアスやネックレスを使ってると金属アレルギーになる人がいます。

そんな時の対策があるんですが、気になりませんか?

金属アレルギーは、一年を通じて特に夏場は汗がでるので、肌の弱い人は使用に注意がいります。

金属アレルギーでメッキの対策

肌の露出が増える夏場は、ネックレス、ピアス、ブレスレットなどがとても映える時期でもあります。

ジュエリーが映える時期の反面、汗をかくことにより金属アレルギーになる人が増え、お悩みが増える嫌~な季節でもあります。

「ネックレスを着けると、肌が赤くなってかゆい」

「ピアスを着けると耳がかゆくなるので嫌」

このような症状が見られる場合の多くは、金属によるアレルギーの可能性があります。

アクセサリーやジュエリーで、金属アレルギーを引き起こしている人は日本人は10人に1人と言われるほど一般的です。

気持ちよくジュエリーやアクセサリーを楽しむために、下記の対策をすると金属アレルギーを軽減できるでしょう。

汗をかくときは肌に直接ジュエリーを着けない

ジュエリー使用後には、こまめに水でよく洗い、柔らかい布でよく拭いて汗などの塩分を取り除き、清潔を保つ

夏場の通勤時や運動時には、アクセサリーなどの金メッキ品やメッキ品は事前に外す

貴金属のピアスは、ピアスホールが完全に塞がるまでしない

貴金属アレルギー対策のケア用品を使用する

金属アレルギーの原因となるのはジュエリーに使用している貴金属自体ではなく、強度を出すための混ぜものの金属です。

金や純度の高い貴金属製品を選び、メッキ品は「ニッケルフリー」を選べば、金属アレルギーになる事も少なくなります。

理解してきちんと対策をすれば、アレルギーを起こす可能性を減らすことが出来るんです。

アレルギー反応は、ネックレス、ピアス、イヤリング、ブレスレット、リングなど、肌に直接触れる部位に現れます。

皮膚が赤く腫れてかゆみが出たり、腫れあがったりして、皮膚科や薬を求める前に対策すればある程度、金属アレルギーを防ぐことも可能になります。

今回は、金属アレルギーでメッキ対策について考えれば、ファッションを思い切り楽しめるようになるでしょう。

 

金属アレルギー対策ではありませんが、ピアスをすると頭痛や肩こりを起こす人がいます。

イヤリングでも同様の症状が現れる人もいますので、気になる人はその対策を書いてみました。

ピアスをすると頭痛や肩こりする人がいるのは本当の話ですか?

イヤリングの頭痛の理由と原因や吐き気から解放できる改善方法

 

スポンサーリンク

 

金属アレルギーを起こす前にするとよいメッキ対策

金属アレルギーには「金属アレルギーを起こしやすい金属」「金属アレルギーが起こりにくい金属」があります。

多くのジュエリーで使用している「純金」「純プラチナ」では金属アレルギーは起こりにくいのですが、純度を変えるための割金でアレルギーを起こします。

例えば、K18(18金)の場合は、品位は750(75%)で、純金が75%、銅や銀が残り25%で割金します。

割金された銅や銀が金属アレルギーを引き起こす可能性が高まります。

金や銀には純度があり、純度が高まると価格も高くなり、純度が低くなると割金の度合いも高くなり、商品価格は安くなります。

 

下記に、金やプラチナ、銀の純度に関する記事がありますので、興味があればお読みください。

金が24分率の意味やプラチナや銀が1000分率で表示される理由

 

アクセサリーの多くは、イミティーションと言われる、金やプラチナ、銀などの貴金属を使用しないメッキ品が多いです。

着けて楽しむアクセサリーで使用が多いメッキ品「金属アレルギーを起こしやすい金属」ですので、使い続けると金属アレルギーになる可能性は高いと思います。

また、体質により個人差がありますので、直接肌に触れていても金属アレルギーにならない人もいます。

金属アレルギーを引き起こす原因は、アクセサリーや時計、日用品に使われている金属が、汗や体液などでわずかながらに溶け出します。

溶けた金属はイオン化するので、その金属が身体に入り込むと、人体は不思議で認容量を超えた時に、次に同じ金属が触れると拒絶反応を起こします。

それが引き金となり、皮膚が赤くなったり、かぶれたり、炎症を起こしたりするもので、「アレルギー性接触皮膚炎」を引き起こすんです。

このように、溶け出しやすい金属ほどアレルギーになりやすいので、金メッキや他のメッキしているアクセサリーは、まさしく溶け出しやすい金属になります。

金属アレルギーのメッキ対策は、「アクセサリーを清潔に保つ」・「着用した後は汗などを拭く」なども、とても効果があります。

夏場などの汗をかきやすい時期は、メッキなどのアクセサリーを肌に装着するのをさけ、衣服の上から着けて皮膚に触れないようにする。

指輪などは、着けたままお風呂に入ったり、台所で着けたまま洗い物をすると、金属アレルギーを引き起こす場合があります。

指輪の裏側に石鹼やシャンプーの液、台所洗剤が残っていたりして、それが皮膚と反応してアレルギーを起こします。

なので、お風呂に入る時や台所では指輪は外した方がよく、着けたままの場合はこまめに汚れを洗い落としましょう。

怖いのは、金属アレルギーに一度なると簡単に治る事がなく、ジュエリーを楽しめなく何かと不自由な思いをする事が多くなります。

私が知る何人かの女性は、スプーンの金属や、歯科医院で差し歯の金属でも反応したと言います。

ネックレス、ブレスレット、ピアス、リングなどは、出来るだけ安価の金属使用のメッキ品や、低品質な金属のものを使用するのは避けた方が賢明だと思います。

下記に、「金属アレルギーが起きない材質」「金属アレルギーを起こしやすい金属」「金属アレルギーが起こりにくい金属」をご紹介します。

金属アレルギーが起きない材質

樹脂・アクリル・バイオフレックス(「エチレンビニールアセテート」というプラスチック)・強化ガラス

金属アレルギーを起こしやすい金属

真鍮・メッキ・ニッケル ・コバルト ・クロム ・亜鉛 ・マンガン ・銅・パラジュウム・コバルト

これらの金属は汗などで溶け出しやすい金属の為、アレルギーになりやすいと言えます。

現在販売されているピアスの中には、「サージカルステンレスにメッキコーティング」などのような製品があります。

金属アレルギーを起こしにくい素材(サージカルステンレス)に、起こしやすい金属をコーティングしている商品が多数存在しています。

着色や腐食防止が目的で使用していますが、金属アレルギーを起こすリスクが高いので注意が必要になります。

こちらも、金属アレルギーの関連記事ですから、あなたの参考になればうれしいです!

金属アレルギーでメッキの対策をしないと皮膚が悲鳴をあげる前の使い方とは

金属アレルギーが起こりにくい金属

銀(純度が高いもの) ・プラチナ(Pt) ・金(K) ・チタン・サージカルステンレス

上記の金属(貴金属)は、それ本体だけでは金属アレルギーの心配はほとんどありません。

ただ、銀、金などはジュエリーやアクセサリー等に加工する場合には、そのままでは純度が高く、柔らかすぎて製品になりません。

加工しやすくする為に他の物質を混ぜた合金(割金)した場合には、混ざった金属がアレルギーを引き起こします。

 

金は、純金をK24と表示しますが、WGも金を白く加工したものですが、プラチナとは違います。

ジュエリーのホワイトゴールドの意味やプラチナとの違いとは

 

金属アレルギーで金メッキのアレルギー

金属アレルギーで、ネックレスをするとすぐに首が赤く腫れたり、かゆくなったり、荒れてしまいます。

市販薬で、金属アレルギーに効く薬では何があるのか気になる人がいます。

金属アレルギーの対策

私の意見ですが、市販の薬を使用する前に、どうしても金属アレルギーだと思えば「皮膚科」で相談するのをおススメします。

市販の薬は、本当に金属アレルギーのための治療薬なのか、他が原因の皮膚用の薬なのかは判断がしかねます。

金属アレルギーの症状が出ているということは、あなたの体に合わないものを排出しようとしている証拠です。

薬などで無理に抑えると、また別の形で症状がでるかもしれませんから怖いです。

薬局の薬で症状を抑えるという方法より、金属アレルギーを引き起こす、自分に合わない金属は着けない方が宜しいかと思われます。

それでも気になる人は一度、皮膚科でパッチテストをしてどのような金属が自分に合わないのか調べられた方がいいと思います。

金属アレルギーの対策には、金属アレルギー対策のケア用品を使用したり、チタンなどアレルギーになりにくい金属もあります。

金属アレルギー対策のケア用品

金属アレルギーの人がどうしてもジュエリーを着けて楽しみたい時は、様々なケア用品が各社から販売されています。

人により金属アレルギーの出方は様々ですが、多くは汗に金属が溶け出すことで起こります。

汗を多くかく夏場などはジュエリーを外して外出したり、どうしても着けたい時はケア用品を使うなどの対策をしましょう。

アクセサリーに直接塗る事が出来る樹脂コート剤

透明なマニュキュアのような液剤をジュエリーに塗布(とふ)する事で、金属が直接肌に触れるのを防ぎます。

ピアスに装着する、樹脂製のプロテクター

ピアスをすると耳が痒くなる人や、金属アレルギーが気になる人におススメです。

樹脂のチューブで、ピアスの針を覆うことにより、皮膚に直接金属が触れる事を防ぐサポート用品です。

 

スポンサーリンク

 

金属アレルギー対策のまとめ

金属アレルギーの人は、ピアス、ネックレス、ブレスレット、リングでも、かぶれたり赤くなったりします。

そのような人は、シルバーはもちろんですが、ゴールド、プラチナでもアレルギーを引き起こします。

ジュエリーはファッションには欠かせないアイテムですから、きちんと金属アレルギー対策をすれば快適に過ごせます。

個人差もあると思いますが、私は皮膚が強い方ですがイミティーションなどの安価な金メッキものは、時計やネックレスでもかぶれます。

特に、ウオーキングなどの運動後や夏場には、首や胸元は汗がかきやすいですから金属アレルギーがでるので対策は必要です。

金属アレルギーは、金(ゴールド)の18金のネックレスでも、純金以外の割金の部分で金属アレルギー反応がでる人がいます。

どのような金属であってもアレルギーの出る人は出ますから、その人が何の金属に対してアレルギーを持っているのかによって違います。

逆に言えば、いろいろな金属によって金属アレルギーの人もいれば、金属では、ニッケルに強い反応を示す人もいます。

再度になりますが、下記に注意する事でかなり緩和されると思います。

汗をかくときは肌に直接ジュエリーを着けない

ジュエリー使用後には、こまめに水でよく洗い、柔らかい布でよく拭いて汗などの塩分を取り除き、清潔を保つ

夏場の通勤時や運動時には、アクセサリーなどの金メッキ品やメッキ品は事前に外す

貴金属のピアスは、ピアスホールが完全に塞がるまでしない

貴金属アレルギー対策のケア用品を使用する

金属アレルギーは、なる原因を理解してきちんと対策をすれば、アレルギーを起こす可能性を確実に減らすことが出来ます。

ジュエリーを楽しみたいのに出来ないなんて悲しいですね。

しっかりと金属アレルギー対策をして、楽しめる人生を送りたいものです。

 


天然石・パワーストーンランキング

 

スポンサーリンク