お付き合いしている二人が結婚を決意する時はどのような時なのでしょうか?

聴くだけ野暮な質問ですね。

あなたは、結婚の証の婚約指輪と結婚指輪の違いはご存知ですか。

何となく理解している人が多いのですが、意味を話せる人は少ないです。

また、ペアリングも愛する男女が指に着けています。

ペアで身に着けるペアリングと、結婚指輪は同じに見えますが、その違いとは

スポンサーリンク
 

婚約指輪と結婚指輪やペアリングの違い

婚約指輪と結婚指輪やペアリングの違いや意味

愛する男女がお付き合いから結婚まで進んでいくまでには、いくつもの想い入れができています。

一般的に、婚約指輪(エンゲージリング)は、結婚を約束した証として男性から女性にプロポーズした時に贈る指輪です。

結婚指輪(マリッジリング)は、永遠の愛を誓い合ったカップルがこれから夫婦になる約束事としてペアで身に着けるものです。

ペアリングは、お友達から恋人へと進んでいく中で、男性が女性に対する愛情の証として贈るのがペアリングです。

しかし、ペアで身に着ける指輪としてはペアリングも結婚指輪も同じですが、少し意味合いが違います。

それで、婚約指輪・結婚指輪・ペアリングの意味や、どういう目的で着けるのか迷っている人もいると思います。

これから婚約指輪や結婚指輪を購入しようとしている人に、これらの3つの指輪の違いをお話ししていきます。

 

婚約指輪

婚約指輪の特徴

婚約指輪はエンゲージリングと呼び、愛する女性にプロポーズの証として男性が女性に贈る指輪を指します。

結婚を承諾した女性が結婚を受け入れして、結婚を約束した証として婚約期間中(入籍前)に、左手の薬指に着ける指輪です。

二人の人生を築いていく節目に贈られる大切な指輪」である事から、プラチナ素材のダイヤモンドを選ぶ傾向にあります。

婚約指輪の平均的な相場は、「平均で35.5万円(1本)」となっています。

一時は、月収の3倍と言っていた時代もありましたが、これは宝石業界の作戦ですから気にしなくても良く、贈る時は気持ちです。

また、婚約指輪をもらわずに結婚指輪と兼用にされる女性もあり、その時はシンプルな結婚指輪の表側にダイヤモンドなどが付いたものが人気です。

男性の場合は、シンプルなデザインで石が付いていないもので耐久性のあるものが人気です。

 

婚約指輪は、皆さんどれ位のものを選んでいるのか気になりませんか?

婚約指輪の予算の決め方や相場とダイアモンド婚約指輪の品質の見方

婚約指輪はダイヤモンドの大きさで選ぶの?品質の4cのどちらがいいの?

 

スポンサーリンク

 

結婚指輪

結婚指輪の特徴

結婚指輪(マリッジリング)は、カップルがこれから夫婦になる「結婚の証」として身に着けるものです。

結婚指輪は、結婚を誓ったカップルが永遠の愛の証として結婚式の場で男女が指輪の交換をして、生涯の夫婦であることを約束する指輪です。

結婚式を挙げないカップルは、入籍後に夫婦で愛の証として夫婦で共に左の薬指に着けます。

結婚式を挙げた98%の人が結婚指輪を購入していて、「購入するのが当たり前」となっていますが、結婚指輪を購入しないと幸せになれない訳でもありません。

中には結婚指輪を購入したくても、仕事柄やアレルギーで着けれない人もいますので、お二人で話し合うのが大事です。

結婚指輪は、何十年とご自分の指に毎日着けるのが基本ですから、プラチナやゴールドなどの耐久性のある素材が必要になります。

人気なのは、「シンプルなデザインで日常の邪魔にならないデザイン」や「流行がないもの」などです。

結婚指輪の平均的な購入金の相場では、ペアで「24.2万円(男性用:平均で11.1万円、女性用:平均13.1万円)」となります。

男女が素材やデザインが同じではいけないと言う決まりはありませんが、これから夫婦になる人は同じデザインを選ぶ方がスマートだと思います。

結婚の証として、夫婦になった喜びとしてそれぞれが気に入ったものを結婚指輪として「左手の薬指」に着けて夫婦になった実感を味わいます。

また、婚約指輪を贈られた女性の場合は、結婚後には結婚指輪と婚約指輪を重ねて着けるのもオシャレです。

 

婚約指輪、結婚指輪やペアリングは女性は左手の薬指に着けますが、その理由はご存知でしょうか?

結婚する時に女性は左手の薬指に指輪を着けますが理由は?

 

結婚指輪として大事にしていたペアリングは使用してもいいの?

交際中に想い入れがたくさん詰まっていて大事に着けていた、彼からプレゼントしてもらったペアリング。

その想い入れのあるペアリングを、結婚指輪として使用したいと思うカップルもいるかも知れません。

では、結婚指輪としてペアリングをそのまま使用しても良いのかお話しします。

■ ペアリングを結婚指輪として利用する人もいます。

お付き合いしている時に、彼からの想い入れのあるペアリングを結婚指輪として利用してはいけないと言うルールはありません。

そのため、ペアリングを結婚指輪として利用して、そのまま使用している人もいます。

しかし、ペアリングを結婚指輪としてそのまま使用する時にはデメリットがある事もあるんです。

■ ペアリングを結婚指輪として使用する時の注意点

ペアリングを結婚指輪として使用する場合には、下記の注意点もあります。

しかし、最初からシンプルなデザインで、素材がプラチナやゴールドのペアリングですと、一般的な結婚指輪として販売されているものと変わりがありません。

ペアリングを結婚指輪として使用する時は、長年着けて使用しますから耐久性も重要です。

注意点
・素材やリングの幅により記念日の刻印が入れられない

・シルバー素材のペアリングの場合は、変色や耐久性が低い

・ファッションアイテムが高く、デザインがファッションリングだと仕事では着けにくい

・お店によってはサイズ直しなどのサービスが充実していない

 

あなたは、ジューンブライドの本当の意味や「6月の花嫁」が幸せになれる理由はご存知ですか?

ジューンブライドの結婚式の意味やパールネックレスの冠婚葬祭と選び方

 

ペアリング

ペアリングの特徴

ペアリングは、交際している結婚前のカップルがお付き合いをしている証や、お二人の愛情の証としてお揃いで身に着ける指輪の事です。

一部では、シンプルなデザインをファッションリングと呼ばれる場合もあります。

ペアリングは、愛の証やお付き合いの印として「ペアで身に着ける」と言う点では、結婚指輪もペアリングの一つと考えられます。

しかし、ペアリング(ファッションリング)と結婚指輪の大きな違いは、「結婚前のカップルが身に着けるリング」を指します。

それで、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)を合わせて「ブライダルリング」と呼んでいます。

この事からも、ペアリングはご結婚前のカップルが最初に着けるリングなので、ブライダルリングに含まれません。

ただ、お付き合いをした証としてのペアリングですが、購入するかどうかはお二人の意思により、ペアリングを必ず購入する決まりはありません。

 

ペアリングの素材には、シルバー(銀)や、ホワイトゴールド、プラチナが使用されます。

どちらの素材も白っぽい銀色に見えますが、材質や価値も大きく違い、ホワイトゴールドは金の種類になります。

ジュエリーのホワイトゴールドの意味やプラチナとの違いとは

 

スポンサーリンク

 

世界有名ブランドの宝石店

世界の人気ブランドが人気の理由

婚約指輪や結婚指輪、ペアリングを購入する時には、誰でもご予算内でのできるだけ高品質なものを選びたいと思います。

購入するには、たくさんの宝石店をめぐり、多くのジュエリーを見比べたり、鑑定書や鑑別所を参考にしたりして選ぶのも楽しいものです。

誰もが憧れる世界の有名ブランドのジュエリーには、長い間人々から愛された歴史と信用があるんです。

ブランドジュエリーが人気なのは品質の高さもありますが、デザインそのものにも愛される人気の秘密があります。

また、長い歴史と実績のある一流ブランドジュエリーは、ブランドの名前に恥じないように、商品の保証面でもアフターケアを提供しています。

パリの5大宝飾店と世界の5大ジェエラー

婚約指輪や結婚指輪を購入する場合には、ノンブランドでも素晴らしいものがあり、有名ブランドのものにするかどうかは一つの選択肢に過ぎません。

しかし、世界の人気ブランドジュエリーには愛されるだけの理由があるのも事実で、ブランドの力が大きく左右しています。

世界の一流人気ジュエリーブランドとして、注目されるのは「パリの5大宝飾店(グラン・サンク)」です。

私は何回も仕事でパリのヴァンドーム広場に本店を構えるお店に立ち寄りましたが、入り口にはガードマンがいます。

建物は歴史と重厚感があふれ、初めての人は威圧感を感じるかもしれませんが、それが歴史の中に築かれた信用かもしれません。

グラン・サンクはパリのヴァンドーム広場に本店を構えている「ヴァンクリーフ&アーペル」・「ショーメ」・「ブッシュロン」

そして、「メレリオ・ディ・メレー」・「モーブッサン」などの宝石店を指して「パリの5大宝飾店」と呼んでいます。

この5大宝飾店は、フランスを中心にヨーロッパの高級ジュエリーの歴史や宝飾史を築き上げてきました。

日本でも販売されていますが、直営店は少なく、メーカーなどが輸入元となり、ジュエリーブランド店と代理店契約を結んでいます。

世界の5大ジェエラー

パリの5大宝飾店とは別に、世界のトップブランドとしての歴史や知名度、高級感や実績などのある宝石店があります。

それは世界中の人から愛され、そして多くの女性が憧れるのが「世界の5大ジェエラー」です。

ハリーウィンストン(アメリカ)

ティファニー(アメリカ)

カルティエ(フランス)

ヴァンクリーフ&アーペル(フランス)

ブルガリ(イタリア)

 

世界のブランドジュエリーは、国産のメーカーやノンブランド品と比べると価格面で割高な傾向があります。

最近では、ブランドジュエリーに拘らないで、自分たちでデザインした婚約指輪をオリジナルで選ぶ人も増えつつあります。

また、婚約指輪の場合は宝石店に型枠(セミオーダー枠)の見本がありますから、アレンジするのも楽しいです。

 

天然石・パワーストーンランキング
 

スポンサーリンク