元気な内に、生前整理して断捨離しています。

宝石箱の中や、タンスの中には昔に購入した宝石やジュエリーが何点もあります。

今回、以前流行っていて購入したPT850喜平ネックレスPT850喜平ネックレスがありました。

殆ど使用していないので、断捨離して換金処分しようと思います。

でも・・、買取価格や、どこで調べたら良いか分からない人に特報です!

 

スポンサーリンク
 

断捨離していて見つけた、喜平ネックレス

喜平ネックレスの純度や重さを調べて見る

生前整理していると宝石箱の中に、以前に購入したPTのネックレスがあり、使用しないので断捨離しようと思います。

最初に、PT喜平のネックレスの純度や重さを調べて見ます。

金やプラチナの貴金属は、純度や重さ、極端な話では1グラム違っても買取価格は数千円も違います。

PTネックレスの純度は、プレート(平たい金具の部品)に「Pt850」と刻印してありますから、純度は「850」となります。

次に、軽量秤で重さを測りますが、喜平製品の多くは、引き輪やプレートとネックレス本体でジャスト商品と呼ばれる加工品が多いです。

今回は、「50グラム」で、喜平ネックレスの場合は、2面カット、6面カット、8面カット、6面Wカットや8面Wカットがあります。

ただ、買取してもらう場合には、デザインは関係なく「純度」と「重さ」で買取価格が決まります。

今回、断捨離する喜平のネックレスは、「PT850 喜平2面カットネックレス、50グラム」となります。

金やプラチナの高価な買取にはデザインよりも重さが大切です!

本日のK18喜平ネックレス50gの買取価格がすぐに分かる方法

買取に出す前に高価買取してもらうための下準備

買取に出す前にする事があります。

それは、PT850喜平ネックレスを簡単にすすぎ洗いをして、ネックレスの間にある汚れを落として置きます。

重曹があれば、それを利用してお湯で洗えばとても綺麗に輝いて見えます。

買取店では、美しいネックレスですと再販する事もあり、スクラップよりも多少は買取額が違う場合もあります。

ジュエリーを美しくする方法は、下記で参考になさって下さい。

銀のジュエリーが黒ずんだ時の手入れで新品のように輝くには

 

そもそも、PT(プラチナ)とは何?

PT(プラチナ)の意味

プラチナは、英語で「Platinum」と書き、これを短く省略して「PT」と表示します。

白金とも呼ばれますが「金:GOLD」ではなく、金を白く加工したWG(ホワイトゴールド)と勘違いされる人もいます。

純粋なプラチナ(純度1000)では柔らかすぎて、ジュエリーなどの加工品に適さず実用的ではありません。

そこで、プラチナに金・銀・銅などの合金として宝飾用に利用しています。

日本ではプラチナは、「1000」・「950」・「900」・「800」の四品位制を取っています。

実際にジュエリーに使用する貴金属にはプラチナは人気が高く、リングなどでは「Pt900」、ペンダントの加工などでは「Pt850」が多いです。

PTが宝飾用に利用される理由

PT(プラチナ)が宝飾用に利用されるには理由があります。

それは、強く美しいプラチナの独特な光沢と細工しやすい性質を持ち、しかも大気中では殆ど錆びることのない貴金属だからです。

プラチナの名前の由来は、スペイン語の「プラチナ・デル・ピント(Platina del Pinto)」から来ていて、訳すと「小さな銀」となります。

プラチナの色合いが銀と同じように見えて、しかも重くて錆びないと言うのです。

確かにプラチナの特徴は、普通の温度状態では永久に錆びる事がなく、宝飾品の製作に多く使用される理由があります。

ただ、純粋なプラチナは柔らかすぎて製品になると変形しやすいのは純金と同じで実用性がありません。

プラチナの場合には、銅やイリジュウムやパラジュームなど少量加えて合金にして細工に用いると安心してジュエリーとして使用できます。

プラチナの特徴

プラチナはノーブルな灰銀白色で、鮮明な光沢を持ち備えていて、しかも展延性に富んでいる特徴があります。

空気中においては高温を加えても酸化せず、比重は「21.5」、酸類などではまずに溶ける事はありません。

しかし、そんなプラチナでも王水(硝酸6・塩酸4の混合液)と苛性アルカリには浸蝕される弱点があります。

ジュエリーや宝飾品、装飾品以外にも、プラチナは科学工業や医療用、歯科用に極めて広い範囲で用いられています。

主なプラチナの産出国は、ロシアのウラル山脈や南アフリカ、カナダなどが有名です。

プラチナ価格の変動

現在、金(純金)よりも、貴金属の販売価格相場が約35~40%ほどの安い価格で推移しています。

今後は値上がりするのは目に見えていて、プラチナ価格の変動は時には異常なほどに相場が動くこともあります。

以前には、ロシアの石油化学、ガラス工業、肥料工業、電気産業や自動車産業の発展で、対価としてのプラチナが消費が増大します。

そうなると、世界規模でプラチナ価格が大きく変動した事も過去にはありました。

スポンサーリンク



 

本日のPT850喜平ネックレスの買取価格を調べると

買取に出す前に悩んでいませんか?

PT850喜平ネックレスの50グラムを断捨離するけど、どこに買取にだせば高価買取されるのか心配になります。

近くの買取店や、リサイクルショップに持ち込んでも、買取価格が適正なのか、安く買いたたかれないか気にもなります。

そんな場合には、あらかじめPT850喜平ネックレスの買取相場を知っておきますと後悔しません。

インターネットで、ご自分で簡単に調べる方法がありますから、一度お試しください。

この買取店では、一般の人も古物商の業者の人も同じ買取価格で高価買取していますからもの凄くお得感があります。

PT850喜平ネックレスの買取価格を調べて見ましょう!

本日(R1年12月9日)の田中貴金属発表の、金(純度1000)とプラチナ(純度1000)の1グラム当たりの相場価格です。

金「税込み小売り価格:5652円・税込み買取価格:5565円」プラチナ「税込み小売り価格:3523円・税込み買取価格:3392円」となっています。

最初に、下記の買取店(金・プラチナ・宝石等の宝飾品専門買取【リファスタ】)にアクセスします。

金やプラチナの買取なら東京の【リファスタ】

■ ホームに入りましたら下へスライドします!

そこの、貴金属・ダイヤモンド買取価格シミュレーションツールに入力します。

■ シミュレーションツールに入力します!

「地金品位を選択」⇒「プラチナ」⇒右側の「 PT850 」を入力

「全体の重量を入力」⇒「 50 」グラム

■ 「シミュレーションする」をクリック!

本日の、PT850喜平ネックレス50gの買取価格「147,550円」が表示されます。(買取価格は相場により毎日変動します)

この金額で宜しければ、便利な「宅配買取」を申し込めば良いかと思います。

なを、ホームの右側に買取した人の評価も出ていますので、参考になさると良いかもしれません。

■ 関連記事

断捨離した貴金属のプラチナやホワイトゴールドや銀の違いとは

断捨離で見つけた宝石の宝石鑑定書や宝石鑑別書の意味や違いとは

貴金属を買取する前の金の本物と偽物の簡単な見分け方と調べ方

断捨離したK18とPT850のネックレスの買取価格はいくらなの?

スポンサーリンク