11月誕生石は、黄色が代表と言われる「トパーズ」と「シトリン」です。

古くは、シトリン・トパーズと言われた時代もありました。

しかし、どちらも11月誕生石ですがまったく別な宝石の種類になります。

今回、トパーズとシトリンの違いや意味とパワーストーン効果をご紹介いたします。

スポンサーリンク

11月誕生石はトパーズとシトリンですが、大きな違いとは

黄色い宝石の種類でトパーズとシトリンの大きな違いとは

11月誕生石として「トパーズ」「シトリン」の宝石の大きな違いは何でしょう?

宝石名の和名を見ると違いが解かり、トパーズは「黄玉(おうぎょく)」と言い、シトリンは「黄水晶(きすいしょう)」です。

黄色の宝石の代表は「黄玉」と呼ばれるトパーズですが、シトリンは「黄水晶」の意味からも「水晶グループ石」になります。

石の色の濃淡にかかわらずに黄色で透明な「水晶」がシトリンです。

以前には、黄色い透明石のすべてをトパーズと誤って使われるようになり、特に「シトリン・トパーズ」の登場により混同や混乱が起きました。

少し専門的になりますが、混乱や混同を避けるために化学組成「Al2(F)2SiO2:Fタイプ」トパーズとして定めました。

化学組成「Al2SiO2(OH)2:OHタイプ」を、インペリアルトパーズに、その他の石はトパーズと言わないようにしています。

二つのタイプには、比重や屈折率、色、硬度などに微妙な違いがありますので、どのタイプに属するかは調べると分かります。

トパーズには「へき開性(衝撃により同方向に割れる性質)」がありますから、超音波洗浄器の使用は禁物です。

また、同じ11月誕生石でもトパーズの方がシトリンよりも輝きが強いので外観からも判断できます。

11月誕生石はシトリンそれともトパーズなの?意味や違いとは?

 

スポンサーリンク

 

11月誕生石のトパーズの色や意味とは

トパーズの色や意味

トパーズは和名は「黄玉」と言いますから、黄色の宝石の代表ですが、それも手伝って黄色の宝石と思われることが多いです。

色の特徴は黄色は勿論ですが、シェリーカラーやピンク、無色、灰青、青、ゴールデン、まれにグリーンなどがあります。

このように、11月誕生石のトパーズはとてもカラバリエーションが豊富な宝石の種類になります。

トパーズの中でも、シェリー酒のようなピンクとオレンジ、ゴールデンが微妙に混ざりあった美しい「インペリアルトパーズ」があります。

このインペリアルトパーズは「皇帝」の名前を持ち合わせて人気もあり、評価も高くワインレッドに近いほど希少で別格になります。

トパーズの歴史は古く、古代ヨーロッパでは透明で黄色い石をすべて「トパーズ」と呼んでいたと言います。

日本でも、黄色いシトリンと混同して「シトリン・トパーズ」という呼び名の時代がありましたが、二つの宝石は全く別の種類です。

最近では11月誕生石として、南海の海を思わせるブルーが美しい「ブルートパーズ」が人気があります。

 

因みにトパーズは、16年目の結婚記念日「トパーズ婚」の記念石になります。

結婚記念日で16年目の記念日の名前と結婚記念石の宝石の意味とは
 

トパーズの効果

11月誕生石のトパーズは古代ヨーロッパでは、その活力あふれた黄色から、太陽の象徴とされて多くの人の守護石にされました。

現代でも、美と健康の宝石、不眠症にパワーストーン効果があると言われています。

色々なカラバリエーションが豊富なトパーズですが、中でもブルートパーズは「知性を引き出し、成功を収める」時に最適です。

知性や感性を研ぎ澄まして、学問や教養のお守りとして「目標達成」をサポートするパワーストーン効果があります。

また、成功と繁栄を象徴する宝石と信じられていて、目標までのいかなる困難も乗り越えるパワーが宿っています。

 

医学博士の堀田忠弘(ほりたただひろ)さんは、書籍「医師がすすめるパワーストーン」で効果を解説しています。

宝石種類でトパーズの意味や医師もすすめるパワーストーン効果とは

 

 

11月誕生石のシトリンの意味とは

シトリンの意味

11月誕生石としてトパーズと君臨している人気の宝石は「シトリン」で、色の濃淡にかかわらず黄色透明の「水晶」です。

色の特徴は黄色のレモン色であり、その宝石名も柑橘類(かんきつるい)の「シトロン(クエン樹)」の果実に似ている事に由来しています。

この黄色いシトリンは、イエロートパーズにとても似ているために、かってはトパーズの名前で売られていました。

多くの人に混同や混乱を招きましたが、現在では少なくとも「シトリン・トパーズ」や「トパーズ・クォーツ」と呼んでいます。

遠巻きに、この石はシトリンであり、トパーズの類似品であると、本物のトパーズと混同を避けた表示で販売されて居ます。

11月誕生石のトパーズの黄色は多彩で、濃淡に加えてオレンジがかったゴールデン・イエロー(黄金色)に輝くものもあります。

そこからギラギラと輝く太陽を象徴して、太陽の恵みを含んだ宝石として、トパーズとともに11月誕生石に選ばれたのです。

 

古来から、黄色は「金運」を招くと信じられていて、シトリンがもてはやされてきました。

【金運】パワーストーン シトリンは収入アップしたい時のお守り石

 

シトリンの効果

11月誕生石のシトリンは、豊かさを呼び寄せるパワーストーンとして人気があり、「収入アップ」したい時に最強です。

仕事の成功は勿論ですが、金運の上昇にもパワーストーン効果が高く、意思を明確にして、富を引き寄せるパワーがあります。

自己肯定感を高めるパワーストーン効果で、その作用が富を所有し管理する強い精神力を身に付けますので投資に向いています。

また、お部屋の隅などの「気」の貯まる場所にシトリンの原石を置くことで、あなたの家全体の「財運」が発展します。

 

関連情報では、医学博士の堀田忠弘(ほりたただひろ)さんは、書籍「医師がすすめるパワーストーン」で効果を解説しています。

【宝石種類】宝石 シトリンの意味と医師もすすめるパワー効果とは

 


天然石・パワーストーンランキング

 

スポンサーリンク