結婚25年年目の銀婚式から、結婚50年目の金婚式。

この二つの結婚記念日は、節目の大事な記念日でお祝いする夫婦も多いと思われます。

実は、結婚25年目から50年目までの間にも記念日があります。

今回、あまり注目されない途中の結婚記念日をお知らせします。

 

スポンサーリンク
 

結婚記念日は、どのようにして決めましたか?

結婚記念日の正式な日とは?

結婚記念日は毎年訪れますが、結婚した時のお二人の新鮮な気持ちを思い出させて夫婦でお祝いする儀式が「結婚記念日」ではないでしょうか。

あなたは結婚記念日をどのように決めていますか?

結婚記念日は、一般的には「結婚した日」を記念日としていますが、中には「婚姻届け」を提出した日に決めている人もいます。

なので、婚姻届けを提出した日とする考えや、結婚式(結婚披露宴)を取り行った挙行日とする考えの二通りがあります。

どちらかは夫婦になったお二人で決めれば良い事で、特にどちらでなければならないと言う決まりもありませんが、忘れないことが重要です。

結婚記念日のお祝いでは、結婚した夫婦でお祝いをしたり、年月と共に子供が親に対してお祝いしてくれる場合もあるのではないでしょうか。

また、金婚式(結婚50年目)や銀婚式(結婚25年目)などの大きな節目の年に、親戚一同をお招きして盛大にお祝いする場合もあります。

最近では、結婚に関する男女の価値観がそれぞれ多様化していて、夫婦別姓にしたり法律上の婚姻の届け出をしない結婚や、出来ちゃった結婚なども珍しくありません。

出来ちゃった結婚とは、いまさら説明する事でもないのですが、好き合った恋人同士が子供の妊娠が確認された後に結婚する(妊娠⇒結婚)と、通常とは逆の結婚です。

このように、結婚のスタイルが多様化する社会が浸透するにつれて、身近な人に結婚の意思を表明して、それに男女が合意した日を結婚記念日とする場合も増えているそうです。

結婚記念日25年目から50年目の記念日の名前

結婚記念日には結婚1年目からの経過した年数に相応しい、よりそれぞれの意味ある記念日の名称がある事はご存知でしょうか。

そして、その結婚記念日に相応しい贈り物をお互いに交換してお祝いする夫婦も多く、毎年訪れる記念日に新たな愛情や絆を再確認する人もいます。

イギリス式の結婚記念日の数え方では、結婚1年目から15年目までは1年単位でお祝いして、その後は5年ごとの節目で夫婦や家族でお祝いするそうです。

結婚25年目:「銀婚式」(ぎんこんしき)

結婚30年目:「真珠婚式」(しんじゅこんしき)

結婚35年目:「珊瑚婚式」(さんごこんしき)

結婚39年目:「猫目石婚式」(ねこめせきこんしき)

結婚40年目:「紅玉婚式」(こうぎょくこんしき)

結婚45年目:「金緑婚式」(きんりょくこんしき)

結婚50年目:「金婚式」(きんこんしき)

結婚記念日25年目から50年目の記念石の宝石の名前

結婚記念日には、その記念日に相応しい夫婦をお祝いする記念石の宝石の意味があります。

それは、時には1月から12月までの誕生石の場合もあったり、貴金属や特別なパワーストーンの場合もあります。

夫婦に毎年訪れる結婚記念日には、記念石の宝石や貴金属としてのそれなりの意味も含まれています。

結婚25年目:シルバー(銀)

結婚30年目:パール(真珠)・6月誕生石

結婚35年目:珊瑚(さんご)・3月誕生石

結婚39年目:キャッツアイ

結婚40年目:ルビー・7月誕生石

結婚45年目:アレキサンドライト・(アメリカ:7月誕生石)

結婚50年目:金(GOLD)

 

結婚記念日25年目の記念日の名前と記念石の宝石

結婚記念日25年目の記念日の名前とは?

結婚記念日25年目をお祝いする記念日の名前は、「銀婚式」で、読み方は「ぎんこんしき」と言います。

銀婚式は、お二人が結婚された1年日の結婚記念日の「紙婚式」から始まった結婚25周年目をお祝いする意義のある日です。

夫婦二人で歩んで毎年刻み込んだ歴史の積み重ねの人生の一区切りで、夫婦の愛情と絆をさらに深めると言う意味合いがあります。

毎年訪れる結婚記念日にはお祝いに関するルールもなく、記念日の名前や記念石の宝石はありますが夫婦で決めれば良い事でお祝いの仕方も自由です。

バラの花一輪にお祝いの品を添えるのも良いですし、いつも行かない素敵なレストランで外食や、夜のドライブなども素敵な思い出となるでしょう。

また、子供さんが大きくなっていれば一緒にお祝いしてくれる場合もあり、夫婦が親戚を招いてパーティをしたりするのも楽しい思い出となります。

余裕があれば、毎年、記念石の宝石を感謝の言葉と共に贈り、夫婦で思い出を作り語らうのも素敵なものです。

■ 関連記事

結婚記念日25年目の銀婚式の意味やお祝いの結婚記念石とは

結婚記念日25年目の記念石の宝石とは?

結婚記念日25年目をお祝いする記念日が「銀婚式」と言い、記念石の名前は宝石ではなく貴金属の「シルバー(銀)」になります。

結婚25周年の記念日の銀婚式は、夫婦が四半世紀を共に過ごした記念日で、これからの結婚生活においても大きな節目ではないでしょうか。

毎年結婚記念日をお祝いした夫婦や、これまであまり結婚記念日をお祝いしなかった夫婦でも、銀婚式は特別な記念日だと思う夫婦は多いです。

夫婦お二人や、ご家族で思い出に残る銀婚式を楽しみたいものです。

■ 関連記事

スターリングシルバーは銀なら純銀と何が違うのか気になります!

銀のジュエリーが黒ずんだ時の手入れで新品のように輝くには

断捨離したシルバーのジュエリーの買取や相場はいくらで換金処分できるの?

金が24分率の意味やプラチナや銀が1000分率で表示される理由

 

結婚記念日30年目の記念日の名前と記念石

結婚記念日30年目の記念日の名前とは?

結婚記念日30年目をお祝いする記念日の名前は、「真珠婚式」で、読み方は「しんじゅこんしき」と言います。

真珠婚式は、お二人が結婚された1年日の結婚記念日の「紙婚式」から始まって結婚30周年目をお祝いするとても意義のある節目の記念日です。

真珠婚式は結婚30年目の結婚記念日の事で、夫婦で過ごした貴重な時間の経過を大自然の中で時間をかけて育つ美しい真珠に由来しています。

真珠婚式の名前の真珠は6月誕生石としても人気の宝石で、宝石言葉には「健康」・「富」・「純真」・「長寿」の意味があります。

そのため、真珠婚式は長年連れ添った夫婦が結婚当初の初心に戻り、健康で円満に暮らしていけるように気持ちを新たにする節目をお祝いする記念日になります。

毎年訪れる結婚記念日は、夫婦が苦楽を共にしてきた日々を振り返り、これからの未来に向けての意気込みや、これまで過ごした日々をお互いに感謝し合う大切な日です。

日頃の結婚記念日をお祝いしなくても、結婚記念日の金婚式や銀婚式に加えて結婚30年目の真珠婚式をお祝いする夫婦が増えています。

■ 関連記事

結婚記念日30年目の真珠婚式の意味やお祝いの結婚記念石の宝石とは

結婚記念日30年目の記念石の宝石とは?

結婚記念日30年目をお祝いする記念日は「真珠婚式」ですが、記念石の宝石の名前は、6月誕生石の「真珠・パール」になります。

通常、宝石と言えば鉱物ですが、日本人になじみ深い「真珠」は鉱物ではなく、正式には「有機質宝石」と言います。

真珠は海の神様からの貴重な贈り物で、月の光に似た優しく、温かみのある輝きの中にも気品と強さを感じさせる、そんな魅力に包まれた宝石です。

ダイアモンドが「宝石の王様」ですが、真珠は「宝石の女王」と呼ばれる世界五大宝石の一つに含まれています。

真珠は6月誕生石として、また冠婚葬祭の出需品としても日本人にはとても馴染みの深く、愛らしい丸い形といい、穏やかで優しい光沢といい、女性らしさを象徴する宝石です。

■ 真珠の関連記事

宝石 パールの意味や医師もすすめるパワーストーン効果とは

6月誕生石 パールの意味や結婚記念日は結婚何年目の記念石なの?

6月誕生石 パール(真珠)の意味や気になる情報

淡水真珠の知るだけでも鼻高になるバロックネックレスの魅力とは

6月誕生石 マベパール(マベ真珠)の特徴や意味や価値とは

マベパール(マベ真珠)で愛のハートの形が出来る不思議とは

黒蝶真珠ネックレスの色の種類やタヒチ黒真珠と呼ばれる理由とは

■ 真珠の冠婚葬祭の関連記事

冠婚葬祭用の真珠ネックレスでオシャレに見える大きさの選び方?

黒蝶真珠の冠婚葬祭でネックレスやリングの選び方や使い方とは

黒真珠のネックレスはお葬式でお祝い事の着用はダメなの?

黒真珠とジェットのどちらが突然の弔事に正式なのでしょうか?

真珠のネックレスを葬儀や法事の弔事でする意味や理由とは?

■ 真珠の断捨離や買取の関連記事

宝石の真珠の意味や断捨離して売る時の買取の評価はどうなの?

断捨離したけど真珠は買取してもらえないと思っていませんか?

断捨離した6月誕生石 パール・真珠の買取や換金処分の裏技とは?

 

結婚記念日35年目の記念日の名前と記念石

結婚記念日35年目の記念日の名前とは?

結婚記念日35年目をお祝いする記念日の名前は、「珊瑚婚式」で、読み方は「さんごこんしき」と言います。

もう一つは「翡翠婚式」(ひすいこんしき)も結婚35年目の結婚記念日ですが、今回は省略いたします。

結婚された夫婦が1年日の結婚記念日の「紙婚式」から始まって、結婚35周年目をお祝いするとても意義のある節目の記念日ではないでしょうか。

珊瑚婚式は結婚35年目の結婚記念日の節目の年で、夫婦で過ごした貴重な時間の経過を大自然の中で長い時間をかけて育つ美しい珊瑚(さんご)に由来しています。

珊瑚は成長するのに、何十年、何百年と長い年月をかけて自然界の試練に耐えながら形成されます。

このような珊瑚に例えて、35年もの長い年月を夫婦の愛情と絆で築け上げられ守られたご家庭を、これからも成長させ続けて欲しいと言う意味合いも込められています。

また一説には、結婚記念日35年目の「35」は「さんご」とも読めるので、「珊瑚婚式」と呼ばれるようになったとも言います。

珊瑚婚式の名前の珊瑚は3月誕生石としても人気の宝石で、宝石言葉には「沈着」・「勇敢」・「聡明」の意味や、古来から女性のお守りとして珍重されている宝石です。

そのため、珊瑚婚式は長年連れ添った夫婦が結婚当初の初心に戻り、健康で円満に暮らしていけるように気持ちを新たにする節目をお祝いする記念日になります。

毎年訪れる結婚記念日は、夫婦が苦楽を共にしてきた日々を振り返り、これからの未来に向けての意気込みや、これまで過ごした日々をお互いに感謝し合う大切な日です。

日頃の結婚記念日をお祝いしなくても、結婚記念日の金婚式や銀婚式に加えて結婚35年目の珊瑚婚式をお祝いする夫婦が増えています。

■ 関連記事

結婚記念日35年目の珊瑚婚式の意味やお祝いの結婚記念石の宝石とは

結婚記念日35年目の記念石の宝石とは?

結婚記念日35年目をお祝いする記念日は「珊瑚婚式」ですが、記念石の宝石の名前は式にも付いている、3月誕生石の「珊瑚・(さんご)」になります。

本来は、珊瑚婚式にはもう一つ記念する記念石の宝石で5月誕生石の「翡翠・ひすい」がありますが、今回省略いたします。

通常、宝石と言えば「宝」の「石」で鉱物ですが、日本人になじみ深い「珊瑚」は鉱物ではなく、正式にはサンゴ虫が作る「有機質宝石」の一種になります。

珊瑚には南海に生息するものと、宝石用に使用する水深百メートルから千メートから採取される「貴重さんご」があります。

宝石用の珊瑚はかっては地中海や高知県沖でよく採れていましたが、最近は激減しています。

なを、アクセサリーなどとして使用される「黒さんご」は、貴重サンゴではなく「石さんご」の種類です。

スポンサーリンク


 

結婚記念日40年目の記念日の名前と記念石

結婚記念日40年目の記念日の名前とは?

結婚40年目をお祝いする記念日の名前は、「ルビー婚式」で、正式には「紅玉婚式」(こうぎょくこんしき)と言います。

紅玉(こうぎょく)とは、7月誕生石で有名な宝石のルビーの和名になります。

愛し愛されて結婚された夫婦が1年日の結婚記念日の「紙婚式」から始まって、結婚40年目を迎えてお祝いできるとても意義のある節目の結婚記念日ではないでしょうか。

ルビー婚式は結婚40年目の節目の年で、夫婦で過ごされたとても貴重な歴史と思い出の積み重ねの結果です。

■ 関連記事

結婚40年は何婚式の意味や夫婦でお祝いのする結婚記念石の宝石とは

結婚記念日40年目の記念石の宝石とは?

結婚記念日40年目をお祝いする記念日は「ルビー婚式」・「紅玉婚式」ですが、記念石の宝石の名前は式にも付いている、7月誕生石の「ルビー」になります。

毎年訪れる結婚記念日をお祝いする習慣はイギリスが発祥と言われていて、それが欧米へと伝わり、やがて日本にも定着しました。

結婚1周年は柔らかくて脆い素材のものがモチーフとなっていて、年数を重ねるごとに硬くて強いモチーフに充てられています。

さまざまなアイテムの中でも宝石のルビーは、情熱的な赤色で石の硬さもあり、高級宝石としても希少価値の高いアイテムになります。

天然石のルビーはアジアが主な産地で、ヨーロッパではほとんど産出されなく、サイズが大きく美しい石は貴重価値があり、かってはダイアモンドに次ぐ価値のある宝石にされていました。

宝石のルビーの特徴は赤色ですが、この赤色は鉱物の含まれる成分によりルビーとサファイアに分かれます。

ルビーの赤も一つとして同じ石はなく、結婚40年を過ごされた夫婦生活も同じことで、夫婦の数だけそれぞれの味わいや個性や物語があるものです。

夫婦だけが共有する時間の経過と歴史などは何処の家庭の夫婦とも違い、唯一無二のものです。

このため、結婚40年目の結婚記念日の記念式は「ルビー」でお祝いするようになりました。

■ 関連記事

宝石種類で宝石 ルビーの意味と医師もすすめるパワーストーンの効果

宝石 ルビーの意味や寺尾聰さんのルピーの指輪やパワー効果とは

7月誕生石 ルビーの意味やワンポイント情報

 

結婚記念日45年目の記念日の名前と記念石

結婚記念日45年目の記念日の名前とは?

多くは、結婚45年目の結婚記念日は「サファイア婚式」とご紹介しています。

お祝い事ですから、人それぞれですから別に深い意味もなく否定しませんが、サファイア婚は結婚23年目の記念日です。

実際では、結婚23年目をお祝いする夫婦は少なく、結婚25年目の「銀婚式」を盛大にされています。

私は、宝石専門書を参考にして結婚45年目をお祝いする記念日の名前は、「金緑婚式」で、(きんりょくこんしき)と言います。

金緑の金緑石(きんりょくせき)とは、アメリカでは7月誕生石で宝石の「アレキサンドライト」の和名になります。

■ 関連記事

結婚45年は何婚式かの意味や夫婦でお祝いをする結婚記念日の宝石とは

結婚記念日45年目の記念石の宝石とは?

結婚記念日45年目をお祝いする記念日は「金緑婚式」で、金緑石とは「アレキサンドライト」の和名になります。

金緑石(きんりょくせき)は、アレキサンドライトの和名で「クリソベリル(chrysoberyl)」と言う鉱物の一種になります。

クリソベリルの変種には、アレキサンドライトは有名ですが、仲間には「キャッツアイ」も人気の宝石です。

色が変わる宝石として、あまりにも有名なアレキサンドライトですが、実はクリソベリルと言う宝石の、変色効果のある石になります。

アレキサンドライトの特徴は、日の光の下ではエメラルドグリーンに、夜の白熱灯の下ではルビーのような赤色に輝きます。

この二色に変化する、カラーマジックを披露して見る人を魅了させる宝石は、希少性もとんでもなく高くなります。

■ 関連記事

宝石種類で宝石のキャッツアイは医師もすすめるパワーストーン

宝石 キャッツアイの意味や購入する時のポイントとは

断捨離した宝石 キャッツアイの上手な買取の仕方や見分け方!

 

結婚記念日50年目の記念日の名前と記念石

結婚記念日50年目の記念日の名前とは?

結婚50年目を迎える記念日は、「金婚式」(きんこんしき)と言い、結婚して50年間を苦楽を共にした夫婦が行う記念のお祝いの日です。

金婚式には、夫婦で「金色の輝きを得た豊かな人生」を過ごしてきたと言う意味が込められています。

イギリスでは銀婚式及び、それ以降の結婚記念日にはその名前にちなんだ宝石を夫婦で贈り合う風習があります。

このために金婚式では、イギリスの風習に習って金のアクセサリーと言った金製品を贈り合う夫婦もあり、日本では、夫婦の名前を刻んだ金杯を贈る事があります。

金婚式を目出たく迎える夫婦は、20歳頃で結婚しても現在では70歳前後の高齢になってきます。

そのため、子供さんやお孫さん、友人、知人といった周りの人達が主体でお祝いの会を催すのが一般的ですが、決まりもありません。

お祝いとして、金婚式にちなんで金一封を贈る事も多いようですが、最近では、夫婦や家族で旅行や食事会を開いたりして思い出の残る記念日も素敵です。

両親が健康で結婚50年を迎えた場合には、お祝いの品を贈ったり、記念日を素敵な思い出になる様に演出すると喜んでもらえます。

結婚50年目の夫婦の一番の喜びのプレゼントは、子供や孫の「笑顔」ではないでしょうか。

■ 関連記事

結婚50年は何婚式かの意味や夫婦でお祝いをする結婚記念日の宝石とは

結婚記念日50年目の記念石の宝石とは?

結婚記念日50年目をお祝いする記念日は「金婚式」ですから、宝石ではなく貴金属の「金(GOLD)」になります。

古くから金は富の象徴として、多くの人から愛されて嫌いな人はいないと思います。

純金のインゴットは資産価値も高く、ジュエリーとしても金は使用されていますが、純粋な金は柔らかすぎるので加工して使います。

一般には銀や銅などの合金として使用され、宝飾用としては「K18」が一般的です。

■ 関連記事

金やGOLDの純度を知らないと換金処分で買取価格で損をします

余裕の老後には金やGOLDを簡単に貯める3つの方法とは?

k18は錆びないはずなのに緑色の錆びのようなジュエリーが理由は?

金が24分率の意味やプラチナや銀が1000分率で表示される理由

 

まとめ

結婚1年目から結婚20年目での結婚記念日のまとめ

結婚記念日1年目から5年目までの記念日の名前や記念石の宝石とは

結婚記念日6年目から10年目までの記念日の名前や記念石の宝石とは

結婚記念日11年目から15年目までの記念日の名前や記念石の宝石とは

結婚記念日16年目から20年目までの記念日の名前や記念石の宝石とは

スポンサーリンク