宝石のモルガナイトの人気の秘密がわかりました。

淡いピンク系の色が、最近人気急上昇しています。

宝石のモルガナイトには、あなたも良くご存知の有名な「姉妹石」があります。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石 モルガナイトとの意味とは

モルガナイトは高次の愛や慈悲の気持ちを育む宝石

宝石のモルガナイト(morganite)は、ピンク、淡いピンクやオレンジ色までカラーバリエーションが豊富です。

人気の色はピーチカラーでピンク色の洋服にとても似合います。

モルガナイトは、ベリル(緑柱石)という鉱石の一種で、和名は「モルガン石」といいます。

ベリル系の宝石には、その石の持つ色によって様々な呼び名が付けられています。

ベリル鉱石には種類があり、あなたのご存知の姉妹石も多くあります。

例えば、人間社会の山田さん宅の、長女、次女、三女に名前をつけるようで、人間社会と似ていませんか?

ベリル鉱石での、緑色は「エメラルド」水色は「アクアマリン」赤色は「モルガナイト」と分けられています。

そして、黄色は「ヘリオドール」、無色は「ゴシュナイト」などに分類されます。

宝石 モルガナイトの一口メモ

色:ピンク

主な産出地:ブラジル、ナミビア、マダカスカル等

硬度:7.5~8.0

宝石ことば:清純、愛情、優美

パワーストーン:持ち主の愛情を豊かにする

誕生花:三色すみれ(花言葉、物思い、思惑)

 

モルガナイトの名前の由来

以前は「ピンクベリル」という名前で流通していました。

モルガナイトの名前の由来は、1911年頃に宝石好きで有名な宝石愛好家の名前です。

彼は、特にモルガンコレクションとよばれるほどの沢山の宝石コレクターでした。

それで、アメリカの銀行家モルガン氏にちなんで「モルガナイト」と名付けられたようです。

人気のモルガナイトの優しいピンク色は、主に石に含有されるマンガンによるものと分かりました。

石に含有されるマンガンで、オレンジに近いピンク、白っぽく淡い色のピンク、紫のまじったピンクなど、色にそれぞれの個体差があります。

 

宝石 モルガナイトは何月の誕生石でしょうか?

モルガナイトは3月誕生石です!

宝石のモルガナイトは、珊瑚(さんご)や宝石のアクアマリンと同じ「3月誕生石」です。

もっと深堀しますと3月3日の桃の節句がこの石の誕生石です。

この石の優しいピンクの色合いと、温かみのある透明感は女性に人気です。

モルガナイトは恋愛にも効果があるという「パワーストーン」で、恋のお守りとしても人気があります。

愛らしさや可愛らしさ、そして優しさを身につけたい女性にお勧めの宝石で、この石の持ち主に隠れた魅力と潜在能力を引き出す力もあるそうです。

またモルガナイトの魅力は、石の持つパワーで相手を思いやる優しさや思いやりが自然に出るといいます。

しかも、直観力がさえて、相手を見る深い洞察力も養うとされています。

スポンサーリンク
 

 

宝石 モルガナイトの姉妹石

鉱物学的には、ベリルで和名は緑柱石(りょくちゅうせき)の一種です。

そこで、モルガナイトの姉妹石には下記のような宝石種類があります。

宝石 エメラルド

姉妹石で長女にあたるのは、有名な5月誕生石の「エメラルド」です。

エメラルドはベリルの成分中の微妙な酸化クロムが独特の新緑色を出しています。

ただ、この石には必ずといってよいほどインクルージョン(内包物)やひび割れがあります。

特にインクルージョン(内包物)で産地が判るとさえ言われます。

宝石 エメラルドの購入ポイント

インクルージョン(内包物)の目立たなくて少ないもの

なるべく産地は「コロンビア」産を見つける。コロンビア産は最高品質が多いです。

テリがよくて、やや青味(または黄味)がかった緑色が良品です。

宝石 アクアマリン

宝石のアクアマリンは次女でしょうか?

宝石の分類ではベリル(緑柱石)種に属していて、姉妹石のなかで、淡青から青色までが「アクアマリン」になります。

姉妹石の「エメラルド」には必ずなんらかのインクルージョン(内包物)が多く含まれています。

しかし、アクアマリンには、これらが少なくて透明感がよい宝石です。

アクアマリンは、海の精が宿る石との言い伝えから海上航海の無事を祈る船乗りたちのお守りになりました。

最近では「人生の航海」を守る石として、また神経を癒し、身体をリラックスさせる「パワーストーン」として人気があります。

また、この宝石を持つことで、例えばバック内やリングやネックレスに着ける事で、身体をリラックスさせる「幸福な石」とされています。

宝石 アクアマリンの購入ポイント

淡い水色の範囲内で、色むらの無い濃い青身のある石が良いとされています。

透明感が良く、内面から出るテリのよい輝いているもの。

色ぬけが無く、カットがバランスよく整った大粒の石を選ぶと良い。

 

スポンサーリンク