女性の憧れの大きさは1CTのダイヤモンドではないでしょうか?

あなたは、ダイヤモンドの品質を左右する「4C」をご存知ですか。

お安いように見えるダイヤモンドでも、実は品質が悪い場合もあります。

今回、ダイヤモンドの品質と選び方を書いてみましたので、購入時には参考になさって下さい。

また楽天市場とAmazonで、魅力的な1CTでDカラーのダイヤモンドネックレスを見つけました。

 

スポンサーリンク
 

ダイヤモンドの品質と選び方

簡単なダイヤモンドの選び方とは?

女性の心を虜(とりこ)にしてしまう?いや、男性の心も虜にする4月誕生石のダイヤモンド。

通常、このサイトでは「ダイアモンド」と書いていますが、今回は「ダイヤモンド」とさせて頂きます。

「ダイヤモンド」と「ダイアモンド」どちらの呼び方が正解なの?

まばゆいばかりの煌きで、宝石の中の宝石で「宝石の王様」と言われるダイヤモンドの品質はどのような基準で選ばれるのでしょうか。

ダイヤモンドを選ぶ時の一つの目安や基準にできるものは、第三者の目で鑑定された鑑定機関のグレードになります。

あなたもよく目にする「ダイヤモンドの4C」と呼ばれる基準で、ダイヤモンドの品質や価値が決まると言っても過言ではありません。

一般的に「4C(よんしー)」とは、「キャラット(重量)」・「カラー(色)」・「クラリティ(内包物やキズの具合)」・「カット(形や研磨状態)」の事です。

これらの内、キャラットは変動しますので、他の3グレードソーティングが品質の指標とされています。

「鑑定書」は、ダイヤモンドにだけ発行されて、品質を細かく審査して、その価値を決定する基準となるものです。

宝石 ダイアモンドの「4C」の意味や賢い購入方法の決め手とは

宝石 ダイアモンドのハート&キューピッドの意味や4Cとは

ダイヤモンドの「キャラット」(Carat:CT:重量)

宝石は重さの単位で測り、1CTはわずか「0.2グラム」の重量ですから、キャラットが大きければ重くなります。

よく勘違いされるのは、キャラットは大きさと思われますが、正確にはダイヤモンドの重さの事なんです。

ダイヤモンドの原石は、1CT未満の小粒のものが大半で多くて、大粒の1CTのダイヤモンドはとても希少で高価になります。

ダイヤモンドの「カラー」(Color:色)

白色系のダイヤモンドは無色透明なほど、高評価で価格も高くなります。

しかし、無色透明といってもダイヤモンドの多くは少し色味を帯びていて、完全な無色透明な石はほとんど無いと言っても過言ではありません。

最高の価値とされるカラーの最高ランクは「Dカラー」で、少し黄味を帯びるに従ってアルファベット順に記載されます。

Dカラーから、E・F・G・H・I・J・K~Zカラーまで等級分けされていきます。

Hカラーを境に、わずかに黄色を感じてくるようになり、Kカラーですと肉眼でも黄色く見えますが、金(GOLD)の枠で加工すると目立ちません。

Zカラー以下のダイヤモンドや、ピンク、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ系などは「ファンシーカラーダイヤモンド」と呼ばれています。

ダイヤモンドの「クラリティ」(Clarity:内包物やキズの具合)

ダイヤモンドの内部には内包物やキズがないほど美しい輝きが現れ、その内包物の状態を示す基準がクラリティになります。

ダイヤモンドに限らず透明なカラーストーンの宝石では、内部にインクルージョン(内包物)があると、輝きに影響が出て美しく輝かなくなります。

内包物のあるなしや大きさで、ダイヤモンドやカラーストーンの評価の良し悪いにつながります。

クラリティの評価は、鑑定士が10倍に拡大検査してインクルージョンを調べて、有る無し、位置、大きさなどを判断します。

希少で最高ランクが「FL・IF」で、VVS1・VVS2・VS1・VS2・SI1・SI2・I1・I2・I3と、左から右へと評価され、右に行くほど内包物が目立ちます。

グレードは、Iクラスでは肉眼でインクルージョンが発見できて、全くインクルージョンのないFL(フローレンス)クラスまでに分けられています。

FLやIF(インターナリフローレンス)などの最高ランクのダイヤモンドは、めったにお目にかかる事が出来ません。

スポンサーリンク
 

 

ダイヤモンドの「カット」(Cut:プロポーション)

ダイヤモンドの美しさに大きな影響を与えるのは「カット」になります。

カラット、カラー、クラリティは、自然の状態でダイヤモンドが生まれた時から持ち合わせた個性です。

カットは、ダイヤモンドの原石に「輝き」と言う命を吹き込むために人間が作り上げた技術になります。

カットの良し悪しで、ダイヤモンドの輝きは大きく違い、運悪くカットの悪いダイヤモンドを手にすると、私のダイヤは輝かない!となります。

最高のカットは「Excellent」、とても良いは「VeryGood」、良い「Good」、おススメ出来ないのが「Fair・Poor」となります。

宝石 ダイアモンドが輝かないのはカットが悪いからで、その理由とは

宝石のカットは種類によりダイアモンドの輝きも違って見えます!

 

ダイヤモンド1CT-Dカラー(楽天市場)

楽天市場で見つけた、ダイヤモンド1CT-Dカラー

楽天市場で見つけました。

1CTアップのダイヤモンドは女性の憧れの大きさで、非常に大粒な迫力のある大きさになります。

ダイヤモンドは、「ダイヤモンドの品質と選び方」でもご紹介しましたが、「4C」で評価がきまります。

今回、価格も魅力でカラーは最高級の「Dカラー」のプラチナを使用したダイヤモンドペンダントネックレスになります。

詳しい商品説明はこちらから→ TVショッピング放映中 大粒1ctアップ 天然ダイヤモンドペンダントネックレス Dカラー

 

ダイヤモンド1CT-Dカラー(Amazon)

Amazonで見つけた、ダイヤモンド1CT

鑑定書付きのプラチナ900で加工された、1CTのダイヤモンドペンダントネックレスです。

クラスは、「I1・Hカラー・GOODカット」ですから、インクルージョンはありますが、カットは魅力ではないでしょうか。

1CTは迫力のある大きさのダイヤモンドですから、胸元にボリューム感が漂い、注目されると思います。

詳しい商品説明はこちらから→ 【KASHIMA】鑑定書付 プラチナ900 1.0ct ダイヤモンド ペンダント ネックレス GOODカット

ダイヤモンドネックレス1CTの関連情報

「高島屋」ダイヤモンドネックレス1CTは本当にお買い得か検証

1カラット ダイヤモンドネックレスは「楽天市場」では本当に安いの?

宝石 ダイヤモンドの価格でDカラー55.88CTの驚きの事実

スポンサーリンク