昔から水晶はパワーストーン効果があると人気があります。

そんな水晶の中でも、ヒマラヤ山脈から採掘されたのが「ヒマラヤ山脈」です。

今回、ヒマラヤ水晶の効果や、運気を高める最強のブレスレットをご紹介いたします。

聖地ヒマラヤで採掘されたヒマラヤ水晶は、地球上で最高のパワーがあります。

今回、水晶の効果や本物や偽物の見方などもご紹介いたします。

スポンサーリンク

ヒマラヤ水晶の効果

ヒマラヤ水晶のパワーストーン効果とは?

パワーストーンは多くありますが、中でもヒマラヤ水晶は地球上で最高で最強のパワーを持った「クリスタル(水晶)」のひとつと言われています。

たくさんの大地のエネルギーを蓄積しながら、しかも強力なパワーストーンとしてクリスタルは成長していきます。

 

パワーストーンが産出されるエネルギーというのは最も大切な要素のひとつで、効果も大きく違ってきます。

ヒマラヤ山脈は地球上で、最強で最高のパワースポットのひとつと言われています。

 

そのクリーンなエネルギーがいっぱいつまった、ヒマラヤ山脈の純粋なパワーと強いエネルギーのクリスタルが「ヒマラヤ水晶」と言われます。

 

そんなパワーストーン効果が満載されたヒマラヤ水晶のブレスレットを着けて見ませんか?

あなたの運勢を良い方向へと切り開くためのヒマラヤ水晶のパワーストーンブレスレットがあるんです。

あなたにおススメの最強のヒマラヤ水晶はこちらからご覧いただけます

 

ヒマラヤ水晶の効果と運気を高めるブレスレット効果とは?

運気を総合的にアップさせる効果

モノや場所のエネルギーの浄化

良いエネルギーの吸収や増幅

崇高な目標を持てるよう導く効果、

自分の使命を認識させてくれる効果

自分の心に正直になれるよう導びいてくれる効果

人生における目的や目標が定まる

生きる目的が明確になる

自分が誰であるかということを再度認識させてくれる

 

水晶のパワーストーンは浄化に良いといわれていますが効果は?

 

スポンサーリンク

 

ヒマラヤ水晶の見分け方

簡単に分る水晶の見分け方

水晶の主な産地は、ブラジル、インド、マダカスカル、アメリカ合衆国、中国や世界各地に産地があります。

かっては日本でも多くの水晶が産出されていて、特に山梨県が有名な産地となり、甲府でジュエリーが多く作られています。

 

世界中で産出される水晶の中で、「ヒマラヤ水晶」を見分けるのは大変難しい事で、販売しているお店を信用するしかありません。

 

水晶には偽物も多く、見分け方の方法はネットで検索してみるとたくさん出てきますが、確実性のない情報もあります。

水晶玉の中に虹色の同心円状の輪が見えると本物の水晶といっても、多くの石を見た経験がないと難しいかな?と思います。

 

そこで、ユーチューブで本物の水晶玉と偽物(ガラス玉)の見分け方の動画を見つけましたので、興味があればご覧ください。(再生時間:4分ほど)

 

 

ヒマラヤ水晶の産地

ヒマラヤ水晶の効果が本物の産地とは?

ヒマラヤ水晶は、聖なる「神々が住む山」として古くから多くの原住民から崇められている「聖地ヒマラヤ」です。

聖地ヒマラヤの地域で、気の遠くなるような長い年月をかけて成長して出来上がったのがヒマラヤ水晶です。

 

ヒマラヤ山脈は標高がかなり高い山だと知られています。

今回、あなたにご紹介するヒマラヤ水晶は、インド北部のヒマチャルプラディッシュ州クル渓谷から採取されたとても貴重な水晶です。

そのような高地にあるヒマラヤ水晶の採掘場には、機械を運びこむための道がない山奥にあるために産出には多くの苦労があります。

 

採掘作業には、数時間も歩いて山を登り、手作業で一つ一つ丁寧に水晶の採掘作業が行われています。

ヒマラヤの採掘場は、標高2000メートルから高いところでは、5000メートルのところにあり、空気中の酸素もとても薄くなります。

そのような場所で、少しづつ岩石を切り崩しながら穴を掘り進めて、採掘する水晶に傷がつかないよう細心の注意を払った上で手作業が行われています。

 

また、採掘後に集められたヒマラヤ水晶は何10キロも産出されて、多いときには100キロを超える水晶を採掘のために来た道を長時間かけて、再び歩いて地上に戻ってきます。

このような経験のない私たちからすると、想像もつかないような時間や努力、そして大変な労力をともなう作業となって市場に出ます。

 

そのような苦労を経て運ばれてくる貴重なヒマラヤ水晶は、採掘者の思いや気持ちが込められているのでパワーストーン効果も最強です。

ヒマラヤ水晶の最強のブレスレットをご覧ください!⇒ こちらからご覧いただけます

 

スポンサーリンク

 

ヒマラヤ水晶の意味

ヒマラヤ水晶と他の水晶との違いとは?

水晶は、二酸化ケイ素が結晶して出来た鉱物を「石英(せきえい)」といいます。

石英は、ドイツ名では「Quarz(クォーツ)」、英名では「quartz(クォーツ)」

その中でも、透明度がとてもいい無色透明で、高い結晶をとりわけ水晶と呼んでいます。

 

水晶はドイツ語で「Bergkristall」、英語で「rockcrystal(ロッククリスタル)」と呼び、古くは「瑠璃(るり)」といい珍重されていました。

これらは一般的な水晶の特徴ですが、ヒマラヤ水晶の特徴は下記の通りです。

 

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶の特徴としては、美しい透明度があり、見る人を吸い込むような魅力があります。

クローライト(緑泥石)を含有し濃い緑色をした、小さな結晶が小枝状に鋭利に伸びています。

 

まさに、ヒマラヤの山脈の険しい山並みを想わせるようなクラスターや、透明度がとても高く、胴回りが太めで先細りになっているものです。

また、ポイント表面にははっきりとバーコード状に見える成長線の刻まれた石などが多く見られるのも特徴です。

 

水晶の関連記事

クリスタルとクォーツの違いですがどちらが本物の水晶の呼び名なの?

 


天然石・パワーストーンランキング

 

スポンサーリンク