最近は、調べものはインターネットで検索して、簡単に調べることができます。

なので、年代もありますが、記憶力や思考力がドンドンと低下している気がします。

 

あなたは、読書をしますか?

読書には多くのメリットがありますが、一部でデメリットもあるそうですね!

 

また、天然石のアズライトには、記憶力を高めるパワーストーン効果があります。

今回、読書のメリットとデメリットや、パワーストーンのアズライトをご紹介します。

スポンサーリンク
 

読書をすると記憶力が高まる理由

読書をすると「記憶力」と「思考力」が高まる?

日常的に読書をすると「記憶力」「思考力」というご褒美がもらえるといいます。

 

私はこの書籍を読んで気に入りましたので、ご紹介いたします。

木山康嗣さんの書籍「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術は、ベストセラーになるほどの人気本です。

 

 

本の内容は、読書をすると記憶力が高まる理由や、忙しい人でも簡単にできる、法律家の凄い読み方を伝授しています。

木山康嗣さんが仕事にも学びに効果のある読書の方法を本の中で紹介しています。

読書による読解力はもちろんですが、記憶力、思考力のすべてを鍛えることができる著者がしている独自の手法が満載です。

 

今は、スマホアプリなどでニュースを見たりして便利ですが、動画やスマホで記事を読むよりは、読書が脳の活性化にとても良いそうです。

人の思考力は、文字情報を使って、人は「考える」ことができます。

YouTubeの動画、DVD視聴などの体験という映像情報だけで「思考」するのは難しく、体験を言語化したり比較したりして、人は思考します。

読書をすることで得られる記憶力の他には、思考力を得ることができます。

 

しかし、思考するためには、思考をするための「情報」が必要になります。

今までは記憶力が良い人が優秀とされていましたが、現代社会ではネットで検索すれば即座に情報を得ることが出来ます。

ですから、脳で思考しなくても欲しい情報がすぐに手に入れる事が可能となり、記憶力が衰えてきます。

 

読書は、本の中の物事やストリーを脳で思考して、内容を記憶しながら読み進んで最後の章を迎えますから、自然と記憶力も高まります。

 

スポンサーリンク

 

読書をする「メリット」と「デメリット」

読書のメリット

読書をすると「脳に効果」が現れるといいます。

習慣的な読書をする人は、脳のつながりが強化されて、記憶力や思考力、集中力が向上するといいます。

読書はストレスレベルを低下させて、加齢による認知力の低下を防ぐことにもつながります。

このように、本を読む事で得られる良い効果はたくさんあり、読書で人生が豊かになるといっても大げさではありません。

 

読書をすると記憶力が増すと言われていて、下記のような「メリット」があります。

脳のつながりを強化する

1日2ページを読めば、40代の脳の働きが20代になるという話もあります。

読書をする子供はテストの点数が高くなる。

読書を日常的にしている高齢者は「認知症」になりにくい。

読書はストレスレベルを低下させる

記憶力と思考力、集中力を向上させる

 

読書を習慣づけして飽きない方法

ただ、読書は記憶力が高めたりして良いのがわかっていても、習慣づけしないと効果がありません。

読書を習慣づけするには、毎日、通勤時でも寝る前でも、本を手に取る時間を確保するのが重要です。

 

単行本だけではなくても、写真集、詩集、回顧録、新聞などの読書はあなたの健康にも強力な恩恵をもたらす重要な習慣だと思います。

読書を楽しみ記憶力を高める最も簡単な方法は、日々の生活に本を読むスケジュールとして取り込むと飽きずにできます。

 

食事や睡眠時間、運動時間などの脳の健康を増進する活動のように、読書をするための時間を作る必要があります。

例えば、午後の休憩中に30分または、1時間を読書する時間にするとか、寝る前に時間を作るようにスケジュールを組みます。

 

また、下記のようにすると楽しみながら読書できるのではないでしょうか?

通勤や旅行、出張に本を持っていく

毎朝、新聞のニュースや気になる話題を読む

自分がもっと知りたい興味のある本や、関心のあるテーマに関する本を読む

映画を観る前に、原作を読む

図書カードを手に入れる方法を考える(クイズやアンケートなど)

忍耐強く取り組んで、とにかく一冊を読破する

 

一人で本を読む時は、声を出して読書をすると声が若返るといいます。

若返りには音読が老け声をお金をかけなくても10歳若く聞こえる?

若返りには音読が老け声をお金をかけなくても10歳若く聞こえる?

 

読書のデメリット

読書には、「メリット」の他にも「デメリット」もあります。

では、読書による「デメリット」にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

読書する場所や、明るさを気にしないと「目が悪くなる」

本の代金がかかる経済的な問題

読書をしだすと夢中になり時間を取られる

期待していた内容とちがう外れ本を選ぶ事もある

本を読んでいるから物知りになれると勘違いする

ただこれらはほんの一例にすぎず、読書によるメリットの方が多いと思います。

 

読書は記憶力を高める効果が無いという人もいますが?

読書をしても脳には効果がないの?

日常的に読書をする習慣があると記憶力が高まりますが、本に書かれている文章から、内容を正確に理解する読解力が自然に身に付きます。

 

本に書かれている膨大な内容から情報はもちろんですが、著者の考えなどを整理する力が自然と養われます。

このことから、読書をすれば物事を理論的に考えることができるようになり、記憶力や思考力が高められます。

 

ただ、読書にはデメリットがとても多いのですが、多くの人の読書の仕方は時間の無駄で効果のない読み方らしいです。

それは、「正しい読書方法」をしていないからで、時間の無駄になるような本の読み方をしています。

読書をしても脳に効果がない読み方には、「流し読み」・「集中していない」・「インプット意識がない」などです。

 

興味のある本では、内容に夢中になり面白くてならないはずですが、そもそも興味のない本を読むと途中で本を読むのが苦痛になります。

難しすぎる内容や、興味のない本では流し読みや斜め読みとなり、このような状態では知識なんて身につきません。

 

このような感じで読書している人は、ただ時間を無駄にしていて、記憶力や思考力も高くなりませんから気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

読書で記憶力を高めるパワーストーンとは

読書で記憶力を高めるパワーストーンは「アズライト」

読書で「記憶力をアップしたい!」時にパワーストーン効果のある天然石は「アズライト」です。

 

天然石のアズライトは、読書や語学などで、記憶力や思考力を必要とする勉強をサポートするパワーストーンになります。

頭脳を明瞭にして、頭の中の記憶の倉庫をスッキリと整理整頓するように導いて、洞察力と直観力を高める作用があります。

 

脳内を活発にする効果の高いアズライトは、記憶力のキャパシティを広げ、集中力を高めてくれるので記憶力も良くなります。

読書などを楽しむためや、語学などの記憶を必要とする勉強に適しているパワーストーン効果もあります。

パワーストーンのアズライトの効果は記憶力をアップしたい時のお守りなの
 

▶ あなたにおススメしたい「アズライト」⇒ 楽天市場に飛びます
 

天然石の「アズライト」とは?

アズライトは、古くから宗教儀式や芸術などで幅広く活躍して利用された天然石です。

石の特徴は鮮やかな青色で、古代文明で珍重されてきた歴史のある石で、霊的な効果もあるパワーストーンと言われています。

儀式などでは装飾品や、古墳の壁画の彩色に用いられ、日本画を中心に、絵画の顔料として使用されることも多かったといいます。

アズライトの宝石の意味や相性の良い石とのパワーストーン効果とは

 


天然石・パワーストーンランキング

 

スポンサーリンク