1月の誕生石は、多くの女性から愛されているガーネットです。

赤色に見えますが、7月誕生石のルビーとは明らかに違う独特な赤色が魅力の宝石。

熟した果実の「ザクロ」の実のパカッと割れた口からのぞく、深くて濃い赤色は魅力です。

今回、1月誕生石のガーネットの意味やパワーストーン効果など。

そして、断捨離に関連した記事を読みやすいように、まとめて見ました。

スポンサーリンク

1月誕生石はガーネットですが宝石の意味とは

【1月誕生石のガーネット】宝石の意味や関連記事

宝石のガーネットと言えば、濃い赤色をイメージする人が多いと思われます。

歴史的に見ても赤い色の宝石は、7月誕生石のルビーが主流とされていましたが、ガーネットの赤色も負けません。

赤い色のガーネットは今でも主流には違いませんが、最近はグリーンやオレンジなどの色もとても人気があります。

深くて濃い赤が特徴のガーネットですが、この宝石の赤色はルビーの赤とは明らかに違うのも魅力の一つになります。

フルネームでは、「アルマンダイト・ガーネット」といい、1月誕生石です。

 

ガーネットは、実はとてもカラーバリエーション(色の種類)が豊富な宝石です。

日本では、ガーネットと言えばが一般的ですが、実はオレンジ・グリーン・イエローなどの豊かな色があります。

このように色々な色が豊富にありますが、色が違えばガーネットの種類まで違います。

 

他の宝石のように、単一の石の名前ではなく、例えばダイアモンド、ルビー、サファイアなどの単一の名前がありません。

それぞれの石が結晶を持っていますが、化学組成が微妙に違うので、ガーネットと呼ばれても色や硬度が異なる石の集まりになります。

1月誕生石のガーネットの意味ですが、正しくは「ガーネットグループ」になります。

 

ですが、多くの日本人の女性に親しまれてきたのは、柘榴色(ざくろいろ)のガーネットで、「アルマンダイト」と呼ばれる濃い赤です。

 

ガーネットの中でも高級宝石なのは、ややイエローを感じる明るいグリーンが特徴の「デマントイド」です。

このデマントイド・ガーネットは、4月誕生石のダイアモンドにも似た鋭い光沢が特徴で、ガーネットとは思えないまばゆい輝きを放ちます。

スポンサーリンク

下記に、ガーネットの意味などの人気の関連記事をご紹介いたします。

 

ガーネットの意味:人気の関連記事【ベスト3】

【ベスト1】ガーネットの誕生石の意味や濃い赤色だけではない色の種類とは?

【ベスト2】宝石 ガーネットは1月誕生石ですが、宝石言葉や意味とは

【ベスト3】宝石 1月誕生石のグリーンガーネットの意味やパワー効果とは

 

スポンサーリンク

 

1月誕生石はガーネットですがパワーストーン効果とは

【1月誕生石のガーネット】パワーストーン効果や関連記事

パワーストーンとしてのガーネットは、古くから「変わらぬ愛を誓う石」や「貞節を守る石」として知られてきました。

生命力を高めたり、愛と情熱の石としても有名で、特に恋愛では「マンネリを解消したい」と願うと、愛情が再び再燃するとか?

 

パワーストーン効果が高まる理由ですが、石の持つ強力なエネルギーで、持ち主の魅力や活発さを高めるからです。

恋人や夫婦間で、恋愛の情熱が停滞してマンネリ感が出てしまった時には、ガーネットの赤色が再び深い愛情や情熱を呼び覚ましてくれます。

 

また、深い愛をパートナーに与え、大切な人との関係性を活気づけるパワーストーンでもあります。

 

ガーネットのパワーストーン効果:人気の関連記事【ベスト4】

【ベスト1】パワーストーン効果でガーネットの恋愛・勝負運・金運・健康運の意味とは

【ベスト2】【恋愛 願い事】ガーネットは恋愛で、マンネリ解消のパワーストーン

【ベスト3】【宝石種類】宝石 ガーネットの意味や医師もすすめるパワー効果

【ベスト4】宝石 ガーネットの意味やマンネリ解消のパワストーン効果とは

 

スポンサーリンク

 

1月誕生石はガーネットですが断捨離とは

【1月誕生石のガーネット】断捨離や関連記事

1月誕生石のガーネットは、他の宝石と違い単一の石の名前ではないと言う事をお知らせしました。

ガーネットはグループ石でもあり、『ガーネットの誕生石の意味や濃い赤色だけではない色の種類とは?』の記事のように色が豊富にあります。

 

カラー別に分けますと、「レッド系」・「オレンジ系」・「グリーン系」・「イエロー系」になります。

一般的に多いのは、濃い赤色の「アルマンダイト」と、パープルが少し入る「ロードライト」です。

 

同じガーネットという名前が付いていても、産出量が多いためにそれほど評価の高くないものもあり、石の買取価格は低くなります。

中にはデマントイドガーネットのように、エメラルド以上の評価を受けるものまで様々です

 

どのカラーも色に魅力がありますが、評価が高くなるガーネットは、暗すぎる色や茶色を含んでいないものになります。

評価の高くなるガーネットは、色が濃くてあざやかなもので、古くなったデザインのものは加工などをおススメします。

リングやペンダントなどの加工品の場合は、断捨離してお金に変える時には石を評価してもらえない場合もありますから、買取店を選びましょう。

 

ガーネットの断捨離:人気の関連記事【ベスト3】

【ベスト1】デマントイドガーネットを断捨離しますが意味や買取は可能なの

【ベスト2】▶ 宝石1月誕生石のガーネットの種類と見分け方や「生前整理」の仕方とは

【ベスト3】断捨離する前の宝石 ガーネットの意味や買取・換金処分の方法とは

 


天然石・パワーストーンランキング

 

スポンサーリンク