最近、金が高値をつけています。

そこで、家の中を整理整頓して、不要になったジュエリーを断捨離する人が多いです。

ジュエリーにある刻印を調べてみると、色々な発見もあります。

例えば同じジュエリーでも、「K18」や「18K」と刻印してあるもの。

「K18GP」とあるのは、何が違うのでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

K18と18Kのジュエリーの意味

金(GOLD=Au)の意味

金(GOLD=Au)は、海外は勿論ですが日本でも古くから人々を魅了させる貴金属です。

金本位制がなくなった現在でも、世界各国で通貨制度の信用を守ったり、資産運用、投資などで重要な地位を占めています。

金は個人的にも財産や資産として世界に通用して、インフレにも強いいつでも換金処分できる、換金性の強い資産になります。

今日のような金価格の高騰で、過去に購入していた金価格の相場が高値となり、差額で儲けた人も多くいます。

金はジュエリーなどの装飾品だけではなく、ハイテク製品には欠くことのできない工業用金属になります。

余談になりますが、世界で利用されている金の総需要の約60%が宝飾品などのジュエリーに使われているから驚きですね。

余裕の老後には金やGOLDを簡単に貯める3つの方法とは?

純金とプラチナですが投資して将来の貯蓄が有利なのはどちら?

K18の刻印の意味

家の中を整理整頓して、不要なジュエリーなどを断捨離して換金処分する時に見るのが「刻印」です。

ジュエリーの刻印にある、K1818金イエローゴールド(黄色の金)の略語になります。

 

「刻印(こくいん)」の意味とは?
「刻印(こくいん)」とは、ジュエリーの純度を現わす目的でK18(18金)、PT900(プラチナ900)などを刻む事です。

また、ダイアモンドやルビー、サファイアなどの石の重量のカラット数、イニシャルや記念日をジュエリーに刻むことも刻印と言います。

 

純粋な金(純金=K24)では、ジュエリーなどの製品には柔らかすぎて変形しやすく、実用的ではありません。

ジュエリーに金が使われる理由には、とにかくゴージャスで華麗な輝きがあり、しかも耐久性に優れた貴金属だからです。

ただ、ジュエリーや宝飾用にはK24(純金)では柔らかいので、白金(Pt)、パラジュウム(Pd)、銀(SV)、銅(Cu)などを加えて合金にします。

このように純金に他の貴金属を混ぜて合金にする事を、宝石業界語では「割り金」といいます。

前置きが長くなりましたが「K18の刻印の意味」は、金は24分率で表示し、18金(K18)は金の含有量が75%を意味しています。

残りの25%に他の貴金属を「割り金」して、色が特徴のあるジュエリーを加工します。

金が24分率の意味やプラチナや銀が1000分率で表示される理由

金の価格が上がりすぎですが今から買うと損をするのか気にならない?

金にもパワーストーン効果があるのか気になる人は、下記からご覧いただけます。

ゴールドの金の意味と金運や恋愛運に良いパワーストーン効果とは

スポンサーリンク
 

 

18Kの刻印の意味

断捨離するジュエリーにある刻印の「18K」は、「K18」と同じ本物の金になります。

国産のジュエリーはK18と刻印してありますが、18Kは海外製の宝飾品の刻印に多く見られる傾向があります。

先程説明しましたが、18Kは75%が純金部分になり、残りの25%は割り金して製品に加工します。

その25%の割り金に混ぜる貴金属の種類で、金が微妙な色のジュエリーになるから不思議ですね。

では、純金(24分率では24%)に、他の25%(24分率では6%)の貴金属を混ぜ合わせるとどのような色合いになるのでしょうか?下記に書いてみます。

赤割り:金18%対銅6%の合金で、赤味が強い金になります。

青割り:金18対銀6%の合金で、少し青味がかった金になります。

黄金色:金18%対銀3%+銅3%で、通常使用されるジュエリーの色の黄金色になります。

ホワイトゴールド(WG):金18%にパラジュウム6%で、白っぽく見える金になります。

ホワイトゴールドの変色した時の手入れやアレルギーの原因とは

ジュエリーのホワイトゴールドの意味やプラチナとの違いとは

 

断捨離した18KGPの意味とは

18KGPの意味とは

断捨離したジュエリーや、記念品などに「K18GP」の刻印があるものがありましたら残念ですが金ではありません。

K18GPと刻印してある「GP」は、ゴールドプレート(Gold plating)といい、他の金属の表面に18金をメッキしたものです。

K18やK24では、中心部分まで無垢(むく)の本物ですが、18KGPは銅などに18Kの箔を張り合わせたものもあります。

日本では、物置などにある記念品の金杯などのメッキ品が多く、買取では多く持込されます。

他には、「K18GF」(Gold Filledの略)と刻印されている場合もありますが、金ではありません

k18は錆びないはずなのに緑色の錆びのようなジュエリーが理由は?

スポンサーリンク