10月誕生石として、あまりにも有名な宝石の「オパール」。

ジュエリー好きな女性のお宅には、一つや二つはあるのがオパールのジュエリーではないでしょうか。

宝石のオパールを使わずにそのままにしていませんか?

そんなオパールを「生前整理」したあとの有効利用法があるんです。

 

スポンサーリンク
 

 

オパールの「生前整理」や「買取」活用テクニック

ジュエリーの生前整理は、身も心もスッキリ気分になれます。

宝石箱の中や、タンスの奥を整理していて出てきた「オパール」やジュエリーの数々。

リングのサイズが合わなくてそのままになっていたり、デザインが古いと感じて使用していないジュエリーはあるものです。

親や義母からのもらったもの、終活や、遺品整理で授かった品など、現在の資産価値はどれ位か気になる場合もあるのではないでしょうか?

オパールの宝飾品と一緒に「鑑別書」が取り置きしてあると一番良いのですが無い場合もあります。

また、ご自分でかなり以前に購入した品で、鑑別書や付属品、記憶もあいまいな時には下記のように区分してみて下さい。

■ジュエリーの中石のオパールは、ひび割れや傷ついていないか?

買取では、通常は、石に傷ついていたり、欠けていた場合は商品価値がありません。

特にオパールの場合は、乾燥によるひび割れや、変色、色むらになることがあり注意が必要です。

石に傷がついていても、特別高価な石(5大宝石)の場合は「リカット」して再生できますがオパールは不可能です。

「リカット」とは、石そのものの外的な傷を研磨等して無くすことです。

この場合は、「買取」してもらい、換金(お金に変える)が望ましいです。

売却で「買取」時は、枠の素材が何なのか見ます(K18,PT900,PT850,K18WG,K14,K14WG,SV900,SV)、

ただしこのような刻印(K18GP,K18GFのGPやGFの刻印)がある場合は偽物メッキ加工品です。

リングの中に「刻印」がしてあります。ペンダント等は枠の裏にあります。(無いものも中にはあります。)

(例)K18 4.00 0.60 (外国製品の場合は「18K」や「750」と刻印の場合もあります)

この場合は、素材がK18(18金イエローゴールド)、4.00は中石のカラット(重さ)、0.60は、脇のメレーダイヤモンドの総カラット数(重さ)です。

最近では、K18WG(18金ホワイトゴールド)も多く、ちなみに、1ct(カラット)は、0.2グラムとなります。

例えば、リングの総重量(石を含む)が10.0グラムですと、石の重さは(4.00ct + 0.60ct X 0.2グラム=0.92グラム

10.0-0.92=9.08グラムが枠の正味の重量となります。

正味の重さが解れば、おおよその地金の買取価格の目安が解ります。

K18の<枠>買取価格の目安

当日の地金買取相場価格(純金)X枠の地金重量X0.75(K18は18/24の意味)X0.7(係数:お店で違います)

したがって、金地金買取相場価格が4.500円/gの場合の、K18枠9.08グラムの買取価格の計算です。

4.500X9.08X0.75X0.7=21.451円となります。

Pt900の<枠>買取価格の目安(古い品で、Pm900の刻印の場合もあります)

当日の地金買取相場X枠の地金重量X0.90(Pt900は900/1000)X0.7(係数:お店により違います。)

したがって、Pt地金買取価格が3.000円/gで、Pt900で、9.08グラムのときの買取価格の計算です。

3.000X9.08X0.85X0.7=16.207円となります。

スクラップとしての買取の場合は、上記の地金買取価格に中石と枠についている脇石のメレーダイヤの合計金額となります。

業者が再販できると思えば、通常は中石(オパールの代金)を査定して加えます。

リングやペンダントの中石のオパールが美しい時

その品に愛着があるか、無いかを考えます。

愛着のある品は、後世に残すことを考えられてはいかがでしょうか?

子供さん、お孫さん、お世話になった人にプレゼントも良いかもしれません。

デザインが古い場合は、もらった人が最新のデザインにリフォームして楽しむことも可能です。

その時は、旧枠を下取り金額として加工代金の一部としても使用も可能です。

オパールは、傷つきやすいため、決してご自分で枠から外さないようにして下さい。

無理に外そうとして、オパールに傷がついてしまいますと、それで価値がなくなり石の「買取」査定も「0」となります。

特にご家庭や、宝石店でサービスでの、超音波洗浄器でのクリーニング(まれにスキルのない販売員もいます)は禁物です。

リングやペンダントのデザインが古いと感じる時

その品に愛着が無く、しかもデザインが古い場合は地金枠と、オパールを換金処分も良いかと思います。

製品として再販のための「買取」できるか、「スクラップ処分」にするかは市場性を考えた業者の判断です。

中石が特別な美しいと思われる場合などは石だけ取り置きも良いかもしれません。

どれだけ、中石に価値があっても「買取」してもらう時は残念な買取価格となりますから処分時は、慎重に業者を選定して下さい。

良心的な買取店であれば、地金、メレーダイヤ(枠についてる小さなダイアモンド)、中石と良い価格評価をしてくれます。

宝石の価値や、地金(金・プラチナ)の価格を調べてみたい時は下記のサイトが便利です。

【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

 

宝石 オパールの意味とは

オパールの遊色効果は不思議な魅力と喜びの演出効果

オパール(Opal)は、石の中で色が遊びたわむれているように、内部から虹を思わせる七色の輝きが美しい宝石です。

これは、「プレイ・オブ・カラー(遊色効果)」といい、あらゆる宝石の中で最も特異なきらめきが魅力です。

オパールは世界中で人気のある宝石で、特に日本で最も好まれている宝石の一つで、和名は「蛋白石(たんぱくせき)」といいます。

この遊色効果は、小さな無数のケイ酸粒子とその間の空間によって生じる波長の違う干渉から生まれるみたいです。

この現象を一般に「斑(ふ)」と呼び、宝石業界では「斑立ちがいい」と取引用語で使っています。

オパールの活用ポイントと見分け方

石の中の遊効果の良い、煌きのある石が最高です。

赤味が強く出る、バランスの取れているものほど高い評価。

いろどりは鮮やかであれば、好みで選ぶと良いと思います。

 

【雑学】宝石 オパールとは

オパールにも色々な種類があります。

一般的にオパールと言えば、「ホワイトオパール」のことをいいます。

ホワイトオパールと共に「ブラックオパール」は、オーストラリアで産出されます。

他には、名前の通りメキシコで産出される「メキシコオパール」があります。

透明で、色斑が輝く赤色の「ファイアーオパール」と、石質が無色の「ウオーターオパール」に分類されます。

西洋語のオパールを指す語源は、ギリシャ語(opallios)、または、ラテン語の(opalus)から由来しています。

また、古代サンスクリット語の「宝石」を意味する「Upala:ウパラ」であるともされています。

スポンサーリンク
 

 

オパールの特徴と鉱物学

オパールは、オーストラリアと、メキシコが世界の二大産地です!

見る角度や光の具合によって表情がくるくると変わる魅力的な輝きのオパール。

赤色や緑色、青色などの断片が七色の虹のようにチラチラとモザイク模様のように浮かび上がります。

このように石の中でさまざまな色が散りばめられている不思議な現象を「遊色効果」と呼んでいます。

色や模様の出方は石それぞれに違い、一つひとつの石が鮮烈で個性的な世界をつくりあげ同じ模様はありません。

宝石 オパールの意味

誕生石:10月誕生石

石言葉:希望、安楽、忍耐、招福

守護:さそり座生まれ、火曜生まれ、ひつじ年(ファイアオパール)

愛:一白水星、六白金星、七赤金星(ファイアオパール)

10月の誕生花:ヘリオトロープ(花言葉:献身、誠実)

宝石 オパールの鉱物特徴

主な色:白色、赤色、黄色、黒色、褐色など

透明度:透明~半透明

結晶系:非晶質

成分:SiO2+nH2O

硬度:5.0~6.5

比重:2.15

光沢:玻璃光沢

鑑別ポイント: 比重、屈折率、インクルージョン(内包物)

主な産地:オーストラリア、メキシコ、ブラジルなど

類似石:ダブレット、トリプレット、合成オパールなど

 

宝石 オパールの逸話

オパールは「キューピッドストーン」ともいわれています!

オパールは人生の暗闇に希望をもたらしてくれるような明るさに満ちた宝石です。

憂鬱を払いのけ、何事にもとらわれない柔軟さや、人の意見に左右されない強い自分自身になれるように助ける宝石でもあります。

その事から、オパールは昔から希望の証しとされ、「キューピッドストーン」といわれてきました。

活力を与えて元気づけてくれる宝石として、想像力を活発にしてくれる宝石とも考えれれています。

 

スポンサーリンク