青く透明な、ブルートパーズは魅力的な宝石です。

トパーズと言えば、11月誕生石で黄色が人気のパワーストーンでもあります。

その中で、ブルートパーズの青色は本当の色なのでしょうか?

美しい青色が本当なのか、とても気になる人も多いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

宝石のブルートパーズの意味

11月誕生石のトパーズ

宝石としても人気と評価の高い、南海の海を連想させる美しいクリアブルーが魅力なブルートパーズ。

11月誕生石として親しまれているシトリン(黄水晶)と同じ誕生石でパワーストーンとしても愛好家が多い宝石です。

トパーズの名前の語源には諸説があり、サンスクリット語で「火」を意味する「tapas(トパス)」から付いたという説もあります。

また、紀元前からトパーズが多く産出されていた「トパズィオス島」が由来だという説もあります。

さらには、アラビアの海賊が「トパズィオス島」を発見した時に、島の周辺に霧が濃くて発見が困難だったとのことです。

そこで、ギリシャ語で「探し求める」を意味する「topazos」に由来してこの島が命名されたという説もあります。

トパーズは、透明な美しい宝石ですが、古来ではシトリンと間違えれてシトリン・トパーズと呼ばれたときもありました。

トパーズの語源のトパズィオス島ですが、紀元前1500年頃の古代エジプト時代からトパーズが産出されていました。

その中には、8月誕生石として人気の緑色の「ペリトッド」も含まれていたそうです。

しかし、当時はトパーズとペリトッドも同じ場所で産出されていて区別がつかずにペリトッドのこともトパーズと呼んでいたそうです。
 

ブルートパーズの種類

11月誕生石のトパーズですが、実は色のバリエーションが豊富な宝石です。

本来は、和名で「黄玉(おうぎょく)」と呼ばれる黄色の代表の宝石がトパーズですが、黄色の透明石がすべてトパーズと誤解されていました。

そんな、黄色が主体のトパーズですが、色のバリエーションが豊富な宝石の中でも美しい青色のトパーズをブルートパーズと呼んでいます。

ブルートパーズは青色の濃さにより呼び名も価値も違います。

淡い青色から順番に「スカイブルートパーズ」「スイスブルートパーズ」「ロンドンブルートパーズ」と分類されています。

ブルートパーズは、青色が濃くて内包物が少ないほど価値も高くなっていきます。

スカイブルートパーズ

スカイブルートパーズは、淡いブルーをしたトパーズです。

スッキリとした爽やかな透き通るような青色が特徴で、その色はまさに雲一つない晴天の青空に似ているので「スカイブルー」と呼ばれるようになりました。

スカイブルートパーズの青色は天然なのでしょうか?

実は、無色のトパーズに電子加速器から発する電子やコバルト60などのガンマ線を照射した後に加熱処理をして青くしたもので天然の色ではありません。

爽やかなパステル調の美しい水色をしたスカイブルートパーズは、アクアマリンに似た色調として人気があります。

ブルートパーズの中でも比較的に手に届く金額で求めやすい宝石です。

スイスブルートパーズ

スイスブルートパーズは、スカイブルートパーズよりも明るく濃い青色の発色が魅力的です。

中でも鮮明で活き活きとした青色を発色する高品質のスイスブルートパーズは、エーゲ海やブラジル産のパライバトルマリンの色のようだと高評価されます。

スイスブルートパーズの殆どは、ブラジル産やスリランカ産の「無色のトパーズ」に照射や加熱処理を施して、強く明るい青色を出した処理石です。

鮮明で活き活きと見える青色が美しいことや価格もお手頃なことから、3種類のブルートパーズの中でも特に人気の高いカラーではないでしょうか。

ロンドンブルートパーズ

ブルートパーズの中でもロンドンブルートパーズは、中間からダークな灰色の混ざったような透明感のあるブルーの発色が色の特徴です。

見る角度で少し暗めな灰色がかった濃い青色をしていますが、石を回しているとある角度では微妙な緑色の色合いを見せることもあります。

ロンドンブルートパーズは、無色のトパーズに放射線照射や加熱処理を加えて、美しい濃い青色に人工的にしたものです。

宝石市場では、3種類あるブルートパーズの中でも最も価値が高く、スイスブルートパーズよりも購入価格は高くなります。

■ブルートパーズの現況

このように宝石店で販売されているブルートパーズの殆どは、透明なトパーズに人工的に放射線処理や加熱処理をして青くしたものです。

天然のブルートパーズも産出されますが、希少で色の淡いものが多く、時間の経過とともに色が退色する場合もあります。

このような理由から、ブルートパーズは何らかの処理をして店頭にジュエリーとして並べられています。

■ トパーズの関連情報

天然石 ブルートパーズの意味と11月誕生石のパワーストーン効果

11月誕生石のトパーズで運を上げるパワーストーンの色は?

宝石種類でトパーズの意味や医師もすすめるパワーストーン効果とは

宝石 トパーズの意味や金運効果と断捨離した後での買取方法とは

天然石 ピンクトパーズの意味と恋愛や婚活が叶うパワーストーン効果

スポンサーリンク
 

ブルートパーズの価格は種類でどうなの?

スカイブルートパーズ・スイスブルートパーズ・ロンドンブルートパーズの3種類の特徴を書いてみました。

これらは、石の青色の濃さや明るさなどで分類されていますが、市場価格はどうなのでしょうか?

色合いにより価値や価格が違い、一般的には、スカイが一番安く、スイス、ロンドンと順番に価格は高くなります。

ブルートパーズの市場価格では、色のバランスが良く美しい上質の「10カラット」のルースを例として書いてみます。

スカイブルートパーズ:4000円~

スイスブルートパーズ:8000円~

ロンドンブルートパーズ:15000円~

為替相場や仕入れ先の状態で違いますが、スカイとスイスの価格差は2倍で、スイスとロンドンでも2倍の価格差がでます。

スカイとロンドンでは4倍の価格差がでますが、これに加工するとキャスト枠(既成枠)かオリジナル枠かで商品価格は大きく異なります。

ただ、一般の方のブルートパーズの3種類の区別は難しいと思われますので、ご購入時は信頼出来る宝石店でご覧ください。

いずれのブルートパーズであれ、あまりにも不自然なブルーはあまりおススメできません。
 

ブルートパーズの青色は本当の色か疑問です!

ブルートパーズの3種類の説明をしましたが、天然の青は少ないということです。

ジュエリーとして使用している、ブルートパーズの殆どが、「放射線照射処理」・「加熱処理」をしたものです。

別に宝石業界では「処理」は珍しくなく、エンハンスメント処理やトリートメント処理は当たり前に施しています。

店頭に並んでいる美しいルビーや、サファイアなども天然の美しさではなく、処理済の宝石を販売しています。

天然の宝石は「非加熱」といい、処理したものは「処理石」として宝石鑑別書には記載されますが、非加熱は小さい石が高額です。

商売ですから、高くて売れない宝石よりも、芽生えが良くお手頃な宝石が売りやすいです。

宝石 ルビーの赤色は整形して処理されている事はご存知ですか?

ブルートパーズの青色は永遠なのですか?

ブルートパーズの放射線照射処理や、加熱処理の人工的な処理をされた青色は永遠で色あせることはありません。

ただ、トパーズは衝撃で一定の方向に向けて割れる「劈開性(へきかいせい)」という特性を持っています。

なので、強い衝撃を与えると割れたり、欠けたりする可能性もありますから取り扱いには注意が要ります。

ジュエリーが汚れてきたら、ぬるま湯に溶かした中性洗剤で優しく洗うだけでも美しくなります。

枠の汚れは、毛の柔らかい歯ブラシなどで柔らかくこすると汚れが取れやすくなり、その後、十分に洗剤を流してください。

また、超音波洗浄機は絶対に使用しないでください。

スポンサーリンク