ええ・・

最初は美しかったはずのホワイトゴールドのジュエリーが変色した!

こんな悩みがありませんか?

では、なぜ、ホワイトゴールドのジュエリーが変色したのでしょうか。

また、ホワイトゴールドのピアスを着けてアレルギーが出た場合の原因は?

今回、このような身近な問題事を書いてみました。

 

スポンサーリンク
 

ホワイトゴールドの変色する原因とは

なぜ、ホワイトゴールドのジュエリーが変色するの?

ホワイトゴールドのジュエリーは、外見からではプラチナと殆ど見分けが付きません。

プラチナと比べると購入時がお手頃な事もあり人気がありますが、長年愛用したホワイトゴールドの変色で悩む事もあります。

店頭でも、ホワイトゴールドのジュエリーが購入した時と比べると黄色く変色したと言う相談もあります。

そこで、本日はホワイトゴールドのジュエリーの変色の原因や、変色してしまって困った際の対処法を書いてみます。

ホワイトゴールドの変色の理由と原因

ホワイトゴールド(White Gold)は、そのままで訳すと「白い金=白金」と呼べますが、プラチナ(白金)とは違う金属です。

通常、ジュエリーなどで使用するK18ホワイトゴールドの場合は、75%が金(純金)で、残りの25%に銀、銅、パラジュウムを混ぜて作ります。

この割金の25%の中で、金属のパラジュウムの混合比率を多くすると銀色が強くなりホワイトゴールドが出来上がります。

ただ、この時点のジュエリーでは若干の黄味を帯びた色合いをしていて見た目が美しくありません。

そこで、見た目を良くして美しいジュエリーなどの製品にする場合には銀色をしたロジュウムメッキを表面に施します。

そうすると、外見上からはプラチナと見分けのつかない程の美しい銀色の光沢のあるジュエリーに仕上がります。

このようにロジュームメッキを施したホワイトゴールドのジュエリーが、長年愛用して使っていると表面のロジュームメッキが自然に剥(は)げてきます。

そうすると、ロジュームメッキの下の下地金の黄味がかったホワイトゴールドが見えるので、「変色」したような誤解が生まれるんです。

ホワイトゴールドのジュエリーが「変色」の理由は、変色したと言うよりは、ロジュームメッキの「メッキの剥がれる」ことが原因と言った方が正解かもしれません。

ホワイトゴールドの変色した時の手入れの仕方

ジュエリーで購入した時の最初は美しかったのに、今は黄色っぽく見えて、おまけに輝きもなくなった。

このように感じている人も多いかと思います。

では、変色してしまったホワイトゴールドのジュエリーの場合はどのようにすれば良いのでしょうか?

長年愛用したジュエリーのロジュームメッキが剥げてしまった場合には、自分の力では元の美しい光沢や色に戻すことは無理です。

ジュエリーを購入したお店や、宝石・貴金属の修理加工している専門店で、「新品仕上げ」をお願いする事をおススメします。

別に、新品仕上げはホワイトゴールドのジュエリーだけではなく、プラチナやゴールド、シルバーでも出来ます。

大切に使用していても、どんなにご自分でメンテナンスしていても数年使用すればどうしても変形したり、キズが付いたりします。

信用のおける宝石店であれば、数千円程度で購入後のメンテナンスを行ってくれると思います。

ジュエリーを購入したお店であれば、程度にもよりますが初回は無料でサービスしてくれる場合もありますから相談して見ると良いかもしれません。

K18のゴールのジュエリーであれば、小傷などはジュエリークリームや、ジュエリークロスでもピカピカにする事も可能です。

ただ、ホワイトゴールドのジュエリーのロジュームメッキは、本職に任せると購入した時のように新品になります。

■ 関連記事

ジュエリーのホワイトゴールドの意味やプラチナとの違いとは

銀のジュエリーが黒ずんだ時の手入れで新品のように輝くには

スポンサーリンク
 

ホワイトゴールドとプラチナのジュエリーはどちらを選びますか?

あなたは、ジュエリーを購入する場合には、外見上は同じに見えるホワイトゴールドを選びますか?

それとも、プラチナのジュエリーを選びますか?

長く愛用するのであれば変色しないプラチナのジュエリーを選ぶのが良いかもしれませんが、これは好みにもよります。

結婚指輪などでは、長年使用していたホワイトゴールドの変色が二人の年輪を感じて良いと言う人も中にはいます。

ホワイトゴールドの良いところは、プラチナに比べると「安い」ことや、「強度がある」というメリットがあるんです。

純度の良いプラチナは柔らかいので変形する事も稀にありますが、ホワイトゴールドは余程の強い力を加えないと変形しません。

また、同じロジュームメッキが施してあってもプラチナと、ホワイトゴールドでは、若干色味や使用感や重さも違います。

どちらを選ぶかは、ご予算と指に着けた時の肌合いや使用感などを含めて選ぶのも楽しいと思います。

 

ホワイトゴールドのアレルギーの原因

ホワイトゴールドのアレルギーの原因とは

プラチナや、ホワイトゴールド、ゴールド、シルバー(銀)などのジュエリー好きは沢山います。

ホワイトゴールドのピアスを着けると耳が赤くアレルギーを起こしたと言う相談もあります。

ホワイトゴールド(WG)には、K18WG・K14WG・K10WGなどのジュエリーがありますが、数字が低いほど金(純金)に対して割金が多くなります。

例えば、K10WG(10金・ホワイトゴールド)の場合は、金が約41.7%、残りの58.3%は、パラジュウム・銀・銅などの合金です。

「ホワイトゴールドの変色する原因とは」にも書きましたが、10金のホワイトゴールドの地金(41.7%が金)は薄い金と銀の中間色の色合いです。

そこで、美しく見せるために表面にロジュームメッキをコーティングしてプラチナに近い色にしています。

プラチナは高額ですが、ホワイトゴールドにロジュームメッキをする事で、ボリューム感のある様々なデザインのジュエリーがプラチナと比べると安価で楽しめます。

では、ホワイトゴールドのピアスを着けるとアレルギーを起こしたのでしょうか?

大きな原因は、ホワイトゴールドのピアスにコーティングに使用している「ロジュウム」のようです。

このロジュームでアレルギー反応が出ると、ホワイトゴールドのジュエリーは勿論ですが、イミティーションのアクセサリーは着けれません。

注意しなければならない事は、シルバー(銀)の場合でも変色を防ぐためにロジュームメッキを施したものが多く出回っています。

ですから、ロジュームメッキでコーティングしてあればアレルギーを起こします。

アレルギーが気になる人は、コーティングしていないイエローゴールドのジュエリーをおススメします。

ただ、イエローゴールドのピアスの場合は、こまめに使用した後は消毒の意味合いも込めて、クリーニングが必要で、着けっぱなしは厳禁です。

一つの金属でアレルギーが出ても全ての金属でアレルギーが出るとは限りません。

もし、ジュエリーを着けて赤くなったり、かゆみが出た場合には、すぐに着けるのをやめて皮膚科でご相談して下さい。

後、ピアスやジュエリーの好きな人は、宝石箱の中に使わないピアスやキャッチャーが多く仕舞い込んだままの人も多いです。

ピアスやキャッチャーは、重要な貴金属なので換金すればお金になりますから、不要な金やプラチナ、銀は買取に出しましょう。

そのお金で新しいジュエリーも買えるし、内緒のへそくりも出来るかも???

■ 関連記事

宝石の買取するお宝はタンスや宝石箱の中に眠っていませんか?

あなたのご家庭に眠っている貴金属買取の安心業者はココです!

スポンサーリンク