バレンタインデーになると、やれ本命チョコとか、義理チョコとか大忙しです。

しかし、本当はバレンタインデーの日にはチョコレートを贈る日ではないのです。

バレンタインデーの本当の意味を知ると、今年のバレンタインデーは思いが違うと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

バレンタインデーの由来と意味

バレンタインデーは、世界各地でカップルの愛の誓いの日

バレンタインデーは、英語では「 St. Valentine’s Day」訳せば「聖バレンタインの日」という意味になります。

毎年、2月14日に祝われて、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされています。

その名前のバレンタインは、どうも人の名前みたいなので、バレンタインは何をした人なのかを紐解いてみました。

 

バレンタインデーの由来

バレンタインデーの由来は、時代は西暦3世紀頃のローマまでさかのぼった話となります。

当時の皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は、戦争になっても若者たちが兵士となり戦に行きたがらないので皇帝は頭を悩まします。

戦争に行かない若者たちの理由を調べると、自分の家族や愛する者たちから去りたくないのが本音でした。

そこで、皇帝クラウディウス二世は、ついには若者たちの結婚を禁止する事にきめました。

当時、キリスト教司祭であるバレンティヌス、英語読みバレンタインは、インテラムナ(イタリア中部にある町で、現在のテルニ)に住んでいました。

そこで、バレンタインは内緒で、クラウディウス二世の結婚禁止法で恋愛しても結婚できない可哀想な兵士たちの結婚を応援したそうです。

ところが、内緒で結婚させている事が皇帝に見つかり大変なことになりました。

しかも、当時のローマでは、キリスト教を信じる教徒が迫害されている大変な時期だったのです。

皇帝クラウディウス二世は、バレンタイン(バレンティヌス)に勝手に結婚させていた罪を認めさせてローマの宗教に改宗するように迫りましたが、彼は改宗を拒否しました。

そのことで、皇帝は怒りバレンタイン(バレンティヌス)は投獄され、「西暦269年2月14日(270年という説もあります)」に、処刑され亡くなりました。

 

バレンタインデーの始まった意味

バレンタインデーは、あなたの愛の告白の日

古代ローマでは、ルペルクスという豊穣(ほうじょう)の神のための祭り「ルペルカーリア」が何百年も開催されていました。

この祭りは、毎年2月14日の夕方になると、入れ物に若い未婚女性たちの名前が書かれた紙を入れ、祭が始まる翌日の15日に男性たちが入れ物の中の名前を書いた紙を引いたそうです。

そして、引き当てた名前の娘と祭の間や、時には次の祭りの1年間も付き合いをしていたといいます。

このように翌年になると、また同じようにくじ引きをし、そして、同じような事を毎年繰り返し愛の告白をしたそうです。

496年頃になって、若者たちのこのような風紀の乱れを見かねた当時の教皇ゲラシウス一世は、ルペルカーリア祭を禁止しました。

代わりに、違った方法のくじ引きを始めたのです。

それは、女性の代わりに聖人の名前を引かせて、1年間のあいだその聖人の人生を学び励ますものです。

そして、200年ほど前のちょうどこのお祭りの頃に殉教していた聖バレンティヌスを、新しい行事の「守護聖人」として崇めるようになりました。

その内、この日に恋人たちが贈り物やカードを交換するようになって愛を伝えるようになったといいます。

スポンサーリンク
 

 

バレンタインデーにチョコを贈るようなった理由

バレンタインデーは、日本独自の習慣です!

実は、女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣で、欧米では恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈りますので日本とは違います。

チョコレートを贈る習慣となったのは、1958年にメリーチョコレートカムパニーが、伊勢丹新宿本店で「バレンタインセール」を行ったキャンペーンが始まりだという説もあります。

そして、今ではバレンタインデーといえば、チョコレートの象徴のようになってしまいました。

しかし、クリスマスの時もそうですが、キリスト教に縁の薄い日本社会では本来の意味ではなくて、あくまでも企業側の企業戦略に消費者が上手く乗せられたようにみられます。

本来のバレンタインデーの意味は、自分の命を犠牲にしてまで神の愛を伝え、可哀想な兵士の為に皇帝の言葉を無視して実践したバレンティヌスの真心に感謝の日なんです。

今年のバレンタインデーは、そんな彼の相手を思う深い「愛」のことを思い出し、愛する人だけにプレゼントしてください。

そこには、義理チョコや、お友達チョコは必要のない真実があります。

 

バレンタインデーのプレゼントの人気 NO.1

手作りの真心のこもったチョコレートのプレゼントは嬉しいものです。

ところが男は単純ですから、本命なのか義理なのか社交辞令の区別がつきませんので、こんな人とは違うプレゼントはいかがでしょうか?


 

バレンタインデーのプレゼントの人気 NO.2

男のオシャレは「小物」です。
プレゼントしたものをいつでも使ってくれていると嬉しいものです。


 

バレンタインデーのプレゼントの人気 NO.3

ジュエリーはオシャレな男性の必須アイテムです。

本命にだけ、パワーストーン効果がある、ペア・ブレスレットのプレゼントなんてオシャレではないでしょうか。

他の人とはあなたは違うという演出で、差別化をしてみたらいかがでしょうか?


 

ラグジュアリーなスイーツ

真心を込めた、手作りのチョコも良いですが、こちらのラグジュアリーなスイーツを提供する、東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】もおススメです!
東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】

スポンサーリンク