最近、Twitterで話題になっている「トカラの法則」。

あなたは、大地震の前触れだとツイートされているのをご存知ですか?

理由は、トカラ列島で地震が起きるとやがて大地震が起きると騒がれています。

熊本地震や東日本大地震の震災時にも、その前にトカラ列島で群発地震があったとか。

さて、トカラの法則がTwitterで拡散されていますが、本当に大地震がやってくるのか?

トカラの法則に対して、専門家の意見は?

スポンサーリンク
 

ハッシュタグ「#トカラの法則」Twitterで噂ですが?

ハッシュタグ「#トカラの法則」Twitterの拡散とは

ハッシュタグ「#トカラの法則」Twitterの拡散では、皆が「大地震」を気にしています!

 

 

 

 

 

これらは、ほんの一部のハッシュタグ「#トカラの法則」Twitterの拡散の記事の紹介です。

 

今更ですが、「トカラの法則」とは、「トカラ列島近海で群発地震が発生すると、数日以内に日本国内のどこかでM6以上の大地震が起こる」と言う法則の事です。

 

そこで、最近になってトカラ列島で群発地震が起きるので、Twiteerにツイートしている人たちは、大地震の来るのを気にしているようですね!

 

トカラの法則の噂ですが、トカラ列島で群発している地震のようで、過去のマグネチュード6級の地震の前にも揺れたようです。

これが、過去の地震で大被害を与えた東日本大地震や熊本地震が発生したので、今後、どこかで大地震が来ると拡散されているようです。

 

ただ、不安を煽るようにも見えますが、伝える事で、いつ大地震が起きてもいいように準備は必要ですね!

 

ヨゲンノトリやアマビエにも負けない疫病除けのパワーストーン

 

スポンサーリンク

 

トカラの法則は本当に大地震の予兆なの?

トカラの法則に専門家の意見とは?

トカラの法則では、Twitterでつぶやかれているように、トカラ列島で起きる地震の後で起きたM6級の大地震の前触れだと怖いです。

 

Twitterの中で、トカラの法則なら2週間以内に日本列島のどこかで大きな地震が起こりそうな感じもある予兆だと言う人もいます。

最近では、鹿児島県の南方にあるトカラ列島で地震が多発していますから、過去の東日本大震災や熊本地震の直前にもトカラ列島で地震が起きていました。

 

そこで、「大地震の予兆?」なのでしょうか?と、皆が敏感に大地震を気にかけてTwitterで拡散しています。

では、地震予知の専門家はどのように考えているのでしょうか?

 

調べると、「トカラの法則」と、トカラ列島の群発地震と国内での大地震の関連性に対する信憑性は低い!」と話しています。

 

一安心ですね!

 

トカラの法則」の記事▶ https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000212890.html

そもそも「トカラの法則」のトカラ列島とはどこ?

「トカラの法則」の噂の発祥地の「トカラ列島」とは?

トカラ列島を漢字で書くと「吐噶喇列島(とかられっとう)」となり、ややこしいですが、南西諸島みたいです。

鹿児島県側の薩南諸島に属する島々で、行政区域では全島が鹿児島県鹿児島郡十島村らしいですね。

 

気象の地域区分では、南側にある奄美群島と共に奄美地方の一部(北部)として紹介されるようです。

主な島は、中之島・諏訪乃瀬島・口乃島・平島・宝島・小宝島・悪石島などです。

 

スポンサーリンク

トカラ列島に関する本「 秘境さんぽ」はオススメ!

松鳥 むう・本・通販とは?

島好きにはたまらない、かってないトカラ列島ガイド&エッセイです。

トカラ列島に興味がある人は、松島むうさんが書いた本ですが、トカラ列島の「秘境さんぽ」をおススメします。

 

屋久島と奄美大島の間に位置する、Twitterで拡散されている「トカラの法則」の語源にもなった「トカラ列島」です。

 

本では、自然や人、食文化、レジャーなど「日本最後の秘境」の魅力をイラストや写真を交えて紹介されています。

ここでは、まだまだ知られていない日本の離島が紹介されています。

▶トカラ列島「秘境散歩」は、こちらから

 

スポンサーリンク