あなたはジュエリーが好きですか?

ネックレスやブレスレットで、ジュエリーやアクセサリーと呼んだりします。

ジュエリーと、アクセサリーの違いはあるのでしょうか?

また、ジュエリーの最近の流行りはゴールド系かプラチナ系かシルバー系なの?

流行りは、ゴールド(金)かプラチナか、シルバー(銀)なのかが気になります。

 

スポンサーリンク
 

最近のジュエリーの流行りと傾向とは?

宝石やジュエリーが嫌いな人の方が少ないと思います。

最近のジュエリーの流行が気になりませんか?

以前は、若い男女の間では断トツにシルバー系のジュエリーやアクセサリーが人気アイテムでした。

一時は、芸能人や街行くファッショナブルな人たちは、シルバーのリングやブレスレットを着けているのを見かけました。

今もシルバー系のジュエリーやアクセサリーの人気は衰えていないのですが、最近は少し傾向が違ってきています。

ちょっと大人的な社会人ではプラチナ系が人気があり、最近では芸能人やアナウンサーなどの間では、ゴールド(金)が目立ちます。

そこで、ジュエリーの最近の流行りはゴールド系かプラチナ系かシルバー系なの?

ところで、ジュエリーとアクセサリーの違いはご存知でしょうか?

■ ジュエリー:

ジュエリーとは主に貴金属を使用した英語で装身具全般の事を指します。

宝飾品はファイン・ジュエリー(Fine Jewelry)と区分して、宝飾品とは宝石・貴金属を用いて作られた装身具です。

このようにジュエリーは、使用地金が金・銀・プラチナ・天然の宝石などの希少価値の高い素材を使用して加工します。

ジュエリーは、アクセサリーの中でも希少価値の高い、限定された素材を使用したものに限られます。

■ アクセサリー:

アクセサリーにもリングやネックレスなどもあり、ジュエリーと混同している人もいますがその違いは何なんでしょうか?

同じ言葉で呼ばれていることもありますが、もともとアクセサリーはネックレスや髪飾り、ベルトなどに使用素材に制限がないものを総称して呼んでいます。

ですから本物ではない素材で作られたりしますが、お手軽で楽しめるファッションスタイルでメッキ品が多いです。

貴金属を買取する前の金の本物と偽物の簡単な見分け方と調べ方

スポンサーリンク
 

ゴールド・金(Gold)

金は純度によりジュエリーの価格が異なります。

純粋な金(純金:1000/1000)では、柔らかすぎて変形しやすくジュエリーに適しません。

そこでジュエリーに加工するには一般には、銀や銅などの合金として使用します。

宝飾品のジュエリーでは、18金(750/1000)が一般的で多く75%が金で、残り25%が合金で加工されています。

ゴールド(金)には、K24・K22・K20・K18・K14・K10・K9などの種類があります。

ゴールドの金の意味と金運や恋愛運に良いパワーストーン効果とは

プラチナ(Platinum)

日本では「白金(はっきん)」と呼ばれたりしますが、ゴールド(金)ではありません。

純粋なプラチナでは柔らかくてジュエリーに適さなく実用的ではなく、金・銀・銅などの合金として宝飾品に加工します。

日本ではプラチナの純度は、1000・950・900・800の「四品位制」を取りますが、ジュエリーでは、Pt900・Pt850が多いです。

ホワイトゴールド(White Gold)

ホワイトゴールドは、同じ白く見えるジュエリーでも、プラチナやシルバー(銀)とは違う雰囲気があります。

プラチナとは異なり、金に、ニッケルやパラジュウムを加えた白色の金属の事です。

ホワイトゴールドも金と同様に、18金・14金・12金などがあります。

ホワイトゴールドの地色はグレーですが、通常は表面にロジュウムメッキを施しますから、外観からではプラチナと同じに見えます。

シルバー(銀)

シルバー(銀)も、ジュエリーでは多くの加工品が販売され人気があります。

比較的に安価で購入することが出来るのが愛好家も多い理由で、銀白色の色相が特徴の金属です。

ただ、シルバーは大気中の亜硫酸ガスの作用で、いつの間にか硫化されて黒色に変色する欠点もあります。

ジュエリーとしては、シルバーの表面にロジュウムメッキをして硫化を防ぐ加工を施します。

プラチナやホワイトゴールドとは重量が違いますが、外見上はロジュウムメッキをしているとプラチナのように見えます。

ジュエリーでは、ロジュウムメッキを嫌い、シルバーの素材の輝きを楽しむのも魅力の一つです。
 

まとめ

最近の流行やトレンドは、ゴールドが人気の傾向にあります。

以前は、ゴールドの枠のピアスなんかは年齢が高い人が好んで着けていましたが、芸能人やタレントはゴールドが多いです。

バブル時期に流行った喜平のネックレスやブレスレット、または派手な感じのものではなく、上品で繊細なデザインのものが好まれています。

ゴールドのネックレスでは、タレントの梨花さんがイニシャルネックレスを着けて雑誌などで登場したのが流行の発端となりました。

それから、ゴールドにダイアモンドが縦ではなく、横に5~7個ぐらい付いたペンダントネックレスが流行りました。

個人的ですが、日本人の肌にはゴールドが上品だと思い、シルバーや、プラチナ系ですとジュエリーが浮いたような感じに見えます。

ただ、ダイアモンドやエメラルドなどの高級宝石の素材はやはりプラチナが高級感がでます。

ゴールドですと、一つ一つのデザインが繊細なものですと数本の重ねて着けても成金風の嫌味な感じにならないのも良いところです。

ただ、残念なのは金価格が高騰していますので、その分ジュエリーの値段が高くなっていることが残念だと思います。

宝石は金やプラチナの貴金属加工でイメージが変わります!

金やGOLDの純度を知らないと換金処分で買取価格で損をします

スポンサーリンク