オシャレでイヤリングを着けて楽しみたいけど、頭痛になるのは嫌!

まして、ファッションを楽しみたいのに、吐き気なんて問題外です。

実は、カチューシャを着けていてこめかみが痛くなった経験がありませんか?

その痛くなる理由は、こめかみを長時間圧迫して血流の流れを悪くするのが原因とか。

イヤリングでは耳たぶにも血管が多く通ってツボも多い事から、何か関連はあるのでしょうか?

この事を知ると、イヤリングの頭痛の理由と原因や吐き気の改善方法が解ります。

スポンサーリンク
 

イヤリングの頭痛の理由と原因を改善する最適な方法

イヤリングの頭痛を改善する対策方法とは?

イヤリングを着けていて痛くなり、頭痛や吐き気がすればファッションを楽しむ事やオシャレ以前の問題です。

多くの人で「イヤリングを着けると頭痛がする!」には理由や原因があります。

イヤリングによる頭痛や吐き気の対処方法ですが、この頭痛による不快感をなくす必要があります。

いつもイヤリングを販売する時に「頭痛の改善方法」を、お客様にお話しする事ですのでご参考になさって下さい。

 

頭痛の改善に役立つ「3つの方法」

正しい位置にイヤリングを着けるように心がける

イヤリングの金具にシリコンカバーを付ける

自分の耳たぶに合った留め金具のイヤリングを着ける

イヤリングによる頭痛の改善に役立つ対処方法はこの3点を注意すればある程度は改善できるでしょう。

頭痛をなくすには不快感をなくす必要があり、それにはイヤリングで「耳たぶが痛くならない対処法」です。

イヤリングの留め金具には「バネ式」と「スクリュー(ネジ)式」、「クリップ式」が多く使用されています。

多くの頭痛のする原因は、イヤリングそのものの重さもありますが、スクリュー式は締め付けがきついと頭痛を起こす人が多いです。

スクリューの場合は、落とさない程度の「少し緩いかな?」と思う程度が良く、バネ式は耳たぶの厚い人には不向きです。

理由は、バネ式の場合は自分で加減してイヤリングの強さを調整できなく、締める事ができません。

ここでは、頭痛の改善や吐き気を防ぐのに役立つ「3つの方法」をご紹介していきます。

正しい位置にイヤリングを着けるように心がける

耳たぶは外側より内側の方がツボも多く、痛みも感じにくくなっています。

イヤリングで痛みを感じて頭痛や吐き気までする人の多くは、いつもの着けている場所よりも「内側の薄い部分」に位置を変えて見ましょう。

ただ、痛みを感じる部位や、イヤリングのデザインや大きさなどで着けたい部分は人それぞれになります。

鏡を見ながら自分の耳たぶの美しく見えるベストの位置を探してみてください。

また、過去にピアスをしていてピアス穴を閉じてしまった後のしこりの部分に金具が当たると痛みを生じやすいので避けるのが無難です。

不思議とイヤリングは着ける位置により、着け心地が全くと言ってよいほど違うのも事実です。

本来は、着ける位置が自分に合い正しい部位であれば着けているのが解らない程着け心地が良いものです。

しかし、反対に無意識のまま間違った位置にイヤリングを着けると着け心地がとても悪くなってしまいます。

この「着け心地の悪さ」こそが最大の不快感となり、頭痛へとつながる理由や原因になっているのです。

イヤリングを着けて頭痛のない正しい位置とは

では、イヤリングを着けて頭痛や吐き気が起きないようにするにはどの位置が良いのか?となります。

イヤリングの正しい着ける場所は、「耳たぶの中心」となっています。

この場所に着ける事で、着け心地も改善されるだけではなく、外れにくくなる効果もあり、知らない内に失くしたと言う事もありません。

イヤリングが良く外れてしまう人は、着ける位置を少し改善するだけで外れにくくなります。

また、耳を引っ張って見ていろいろな部位に刺激を与えて自分の一番「鈍感(どんかん)」な場所を探してみましょう。

鈍感な場所は人それぞれですが、自分の鈍感な部位を探してそこにイヤリングを着けると違和感を感じにくくなります。

イヤリングの金具にシリコンカバーを付ける

好きなデザインのイヤリングでも留め金具が自分の耳に合わなく、泣く泣くイヤリングを着けるのを断念している人もいると思います。

シリコンカバーを着けて耳に当たる部分をソフトにする事で痛みから解放される場合があります。

イヤリングのキャッチ部分の硬い金具が耳たぶに当たり不快感を感じたり、痛みを感じる人にはシリコンカバーがおススメです。

イヤリングの金具には、ネジ式、クリップタイプ式、両方を兼ね備えたネジクリップ式タイプがあります。

販売している宝石店には、留め金具の種類や大きさに合わせたシリコンカバーが販売されていますから、ご相談してください。

自分の耳たぶに合った留め金具のイヤリングを着ける

痛くないタイプのイヤリングを選ぶのが「イヤリングを着けると頭痛がする!」最大の対処方法です。

そもそもイヤリングを選ぶ時にデザインの好き嫌いがありますが、痛くならないタイプのものを選ぶことも大切です。

イヤリングと言っても色々な種類もあり、痛くなりにくいイヤリングの種類を選んで見ましょう。

自分に合うものと合わないものがありますから、一度、専門店に行って色々な物を着けて見て、自分の耳に合うものを探すのも手です。

色々な種類を試しに着けて見る事で、ご自分に合うイヤリングと必ず出会い、痛くないものが解ってきます。

手っ取り早く、店員さんに「イヤリングを着けると頭痛がする」と言い、自分に合うデザインを相談するのも良いかもしれません。

イヤリングの留め金具には「ネジ式」・「ネジバネ式」・「クリップ式」の他にも、「ノンホールピアス型」があります。

 

スポンサーリンク

 

イヤリングで頭痛や吐き気をする人には、このような商品もあります!

「イヤーカフ」は、近年では、耳元を華やかに彩ると人気があります。

耳たぶの上側に固定するので、イヤリングのような耳たぶを挟むストレスもなく、快適に楽しむ事が可能です。

ピアスの穴がなくても装着でき、イヤリングの金具の痛みとも無縁で楽しめるファッションアイテムではないでしょうか。

その他には、「イヤーフック」や、耳に穴を開けなくてもピアスを着けているように見える「マグネットピアス」も人気です。

 

 

「イヤーフック」は、耳の後ろ側に引っ掛けるだけで装着できるアクセサリーです。

引っかけているだけで落ちるのが心配な人は、飾りに重みのある大ぶりなタイプが良く、アクセントに片耳だけ着けるのもとてもオシャレ。

「マグネットピアス」は、磁石の力で耳を前後で挟むタイプでピアスに見える、マグネットピアスがあります!

ピアスの穴を開けるのに抵抗のある人にも良く、最近ではキャッチの部分にも飾りが付いているとてもオシャレな物も増えてきています。

耳を挟むストレスがゼロなのはシールタイプです。

耳に直接貼るだけなので手軽に耳元のオシャレが楽しめると人気ですが、シールタイプのピアスは安心の日本製を選んで下さいね!

ただ、肌が敏感な人は購入したら事前に試してからお出かけすると安心です。

シールタイプのピアスは、ダイソーでたくさんの種類があり、可愛いデザインやオシャレな物もあります。

 

スポンサーリンク

 

イヤリングの頭痛を引き起こす理由と原因とは

少しでも早くイヤリングの頭痛と吐き気を改善したい人は必見!

イヤリングやピアスは、自分だけの個性を主張できるオシャレアイテムだと思います。

しかし、どうしてもピアス用の穴を開けるのが怖くて、イヤリングを着けてる人も多いです。

イヤリングを着けていると頭痛がする!」と言う意見も多くありますが、販売者としてはほっとけないです。

では、なぜ、イヤリングを着けると頭が痛くなり、吐き気をするのでしょうか?

実は、イヤリングを着けると痛くなる理由や原因はあるんです。

昔、テレビ番組で耳には沢山のツボがあるので、相応しくないツボの上にイヤリングをすると頭痛がするのだと?言っていました。

これに関しては、私は科学的な根拠はないと思いますが?

イヤリング頭痛の理由と原因はコレ!

オシャレを楽しむのにイヤリングをしたいけど、頭痛がするからと我慢する人も実は多いのです。

なぜ、イヤリングを長時間していると痛くなるのか原因があります。

冒頭でお話ししましたが、カチュシャーを着けていると、こめかみが痛くなる経験があると思います。

その理由は、こめかみを長時間圧迫する事で血流を阻害して血液の流れが悪くなるのが主な原因と言われています。

イヤリングを長時間着けると痛くなるのは、耳たぶにも血管が通っているので、カチューシャと同じ原理が起きてしまいます。

イヤリングによる長時間の耳たぶの圧迫が血流を悪くして、その結果、痛みや頭痛を引き起こしているそうです。

ここまでは、イヤリングで頭痛を起こす人の原因と理由を書いてみました。

 

 
では、ピアスの人は頭痛は関係ないのでしょうか?

ピアスを着けて頭痛や肩こりのする人は解決するかもしれませんね。
 
ピアスをすると頭痛や肩こりする人がいるのは本当の話ですか?

 


天然石・パワーストーンランキング

 

スポンサーリンク