あなたは、青色のサファイアはお好きでしょうか?

実は、9月誕生石のサファイアは、7月誕生石のルビーと姉妹石です。

サファイアの以外の青色の宝石種類は色々とあります。

たとえば、パライバトルマリン・アクアマリン・アメシストなどの宝石。

また、タンザナイト・ターコイズ(トルコ石)などの宝石種類の和名もご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

青色の宝石「サファイア」とは

サファイアの和名や意味

9月誕生石としてとても人気の宝石のサファイアですが、和名は「青玉(せいぎょく)」と言います。

サファイアとルビーは、ともに鉱物学的には「コランダム」に属していて、「姉妹石」になります。

7月誕生石のルビーは赤色が特徴ですが、サファイアの代表的な色は青色ですが、なぜ、姉妹石になるのでしょうか。

鉱物学的には同じ「コランダム」ですが、「赤色」と「青色」で宝石種類が区分されます。

コランダムにクロムがわずか2%位混じると、赤色が美しい宝石のルビーになります。

そして、チタンや鉄分がコランダムに入り込むと青い色のサファイアが誕生するのは、内包物の違いによります。

サファイアの色の代表は青色ですが、実はサファイアはとてもカラーバリエーションが豊富な9月誕生石の宝石です。

宝石の世界では、濃い赤色の宝石を「ルビー」とよび、その他は「サファイア」としています。

青色のサファイアで極上品は「コーンフラワーブルー(矢車草の花の青色)」と呼ばれています。

宝石 サファイアの関連情報

【宝石種類】9月誕生石 サファイアの意味と人気の秘密とは

サファイアの色は青色だけではない豊富な色の宝石の不思議な世界

断捨離した、宝石 サファイアの意味や高価買取のテクニックとは

 

青色の宝石「パライバトルマリン」とは

パライバトルマリンの和名や意味

10月誕生石のトルマリンの中でもとても高級宝石になる「パライバトルマリン」の和名は「電気石(でんきいし)」と言います。

宝石好きにはたまらないパライバトルマリンの青色は、エーゲ海の海を連想させるようなブルーやグリーンなどが混在した鮮やかな美しさが魅力です。

今ではパライバトルマリンは、個性的な青色で「パライバ」と言う冠を付けられて独立した名前を確立しています。

そもそも、パライバトルマリンはトルマリンの一種にしかすぎませんが、トルマリンの豊富なカラーバリエーションの中でも別格の宝石です。

パライバトルマリンの美し青色の秘密は、石の成分である、銅とマンガンの含有量によるものと考えられています。

宝石 パライバトルマリンの関連情報

宝石 パライバトルマリンの意味や人気の秘密や購入ポイントとは

断捨離した宝石 パライバトルマリンの意味や 上手な買取の活用法

宝石 トルマリンの意味や「電磁波防止」のパワーストーン効果

 

青色の宝石「アクアマリン」とは

アクアマリンの和名や意味

ラテン語で「アクア=水」「マリン=海」という名前の、3月誕生石のアクアマリンの和名は「藍玉(らんぎょく)」と言います。

3月誕生石としても人気の宝石はアクアマリンですが、良質の産地にまず挙げられるのがブラジルです。

アクアマリンは、とくにサンタマリア鉱山の宝石が高い評価を受けていて、産地に関わらずに良質なものは「サンタマリア」と呼んでいます。

「サンタマリア」の特徴は、アクアマリンの中でも青色が強く、微妙に藍色を帯びた色合いを感じられます。

サンタマリアはアクアマリンの中でも別格ですが、多くのブラジル産は全体的に色が淡いですが、透明度が高くて美しいものが産出されています。

宝石 アクアマリンの関連情報

宝石種類でアクアマリンは医師も驚いたパワーストーン効果とは

宝石 アクアマリンのパワーストーン効果は試験の合格祈願に最適!

宝石 3月誕生石 アクアマリンの意味と断捨離や買取の試算方法

 

青色の宝石「アメシスト」とは

アメシストの和名や意味

2月誕生石のアメシストは紫色ですが、青色の宝石種類(青系)になり、和名は「紫水晶(むらさきすいしょう)」になります。

アメシストよりも「紫水晶」の方が、日本では古くから親しまれている青色の宝石ではないでしょうか。

和名が「紫水晶」ですから、名前の通り、無色透明の多い「水晶」の中で、紫色をアメシストと呼んでいます。

アメシストの紫は、とても色味が豊富で、すみれの青紫、ワインの赤紫、藤の花を連想させる薄紫とさまざまな色を楽しめる宝石です。

この「紫」には、赤色を帯びた宝石や、青色が強い宝石、濃い色や薄い色と豊富です。

アメシストの仲間は多く、「水晶=クリスタル」・「黄水晶=シトリン」・「茶水晶=スモーキークォーツ」・「紅水晶=ローズクォーツ」などが代表的な宝石種類になります。

宝石 アメシストの関連情報

宝石 アメシストの2月誕生石の意味やパワーストーン効果とは

宝石種類でアメシストの医師も驚いたパワーストーン効果とは

断捨離して見つけた宝石 アメシストの意味や高価買取の裏技とは
 

スポンサーリンク
 

 

青色の宝石「タンザナイト」とは

タンザナイトの和名や意味

良質のサファイアのような美し青色と、紫も感じる多色性が人気の宝石「タンザナイト」

和名は「ゆう簾石(ゆうれんせき)」と言い、12月誕生石になります。

一般的に「タンザナイト」で市場で流通していますが、実はこの名前はティファニーが命名したコマーシャルネームになります。

本来の鉱物名は「ゾイサイト」と言いますが、この宝石名ではこれまでの高級宝石としての地位は築けなかったのではないでしょうか。

ゾイサイトには、青色や緑色に輝くものもありますが、宝石として扱いが優遇されているのはタンザナイトだけなんです。

一見、9月誕生石のサファイアと似ていますが、紫を帯びた青色はタンザナイト独特のものになります。

宝石 タンザナイトの関連情報

宝石タンザナイトの意味と宝石店のティファニーとの深い関係

【宝石種類】宝石 タンザナイトは医師もすすめるパワーストーン

断捨離した12月誕生石 タンザナイトの買取・換金処分の活用法

 

青色の宝石「ターコイズ(トルコ石)」とは

ターコイズ(トルコ石)の和名や意味

12月誕生石のターコイズは、トルコ石の方が馴染みが深い宝石ではないでしょうか。

トルコ石の青色は不透明で、華やかでエキゾチックな色が特徴で、和名は「土耳古石(とるこいし)」です。

ターコイズ(トルコ石)は、光沢のある不透明が特徴で、古代より現代に至るまで愛され続けている宝石になります。

トルコと言う名前から、トルコで産出される宝石と思われますが、実はトルコでは産出されません。

良質なターコイズの産出地は、ペルシャ(イラン)産が人目を引く鮮やかな青色が美しい宝石です。

ターコイズ(トルコ石)は、宝飾品として初めて身を飾るのに使われた、とても歴史の古い宝石になります。

世界最古のジュエリーでは、なんと7500年前のエジプト女王のミイラの腕にターコイズ(トルコ石)を埋め込んだブレスレットがあります。

古代からジュエリーとしてだけではなく、神聖な石としたり、魔除けや厄除けのために身に着けていたそうです。

「繁栄をもたらす石」・「幸運をもたらす石」・「勇気と決断力を授ける石」として、古くから信じられているパワーストーンでもあります。

宝石 ターコイズ(トルコ石)の関連情報

宝石 12月誕生石のトルコ石の意味と産地はトルコが嘘だという話

【宝石種類】宝石 ターコイズ 意味や医師もすすめるパワー効果とは

断捨離して見つけたトルコ石の上手な買取や売却テクニックとは

スポンサーリンク