6月誕生石として人気の高い真珠。

冠婚葬祭用やファッションアイテムとしても欠かせないのが真珠ネックレスです。

最近では「花珠真珠」とか、「オーロラ花珠真珠」なども人気があります。

これらの「花珠真珠」とか、「オーロラ花珠真珠」は、アコヤ真珠です。

では、どこが通常の真珠と違うのか気になりませんか?

 

スポンサーリンク
 

花珠真珠とは?

真珠のネックレスは6月誕生石で、ファッションや生活必需品、冠婚葬祭用品として出番の多い宝石です。

真珠のネックレスを選ぶときには、粒の大きさや、色、バランスがとても重要で、最近では「花珠真珠」が人気があります。

では、花珠真珠と通常のあこや真珠のネックレスは何が違うのでしょうか?

花珠真珠を購入する時には、どこで買えば良いのとか、鑑別書が付いていて大きさが同じなら金額は同じなの?とか気になります。

実際には同じ大きさの粒でも価格は違い、ネックレスにする場合には色や品質を合わせる手間もかかり大変な作業です。

私のような業者が卸問屋から真珠を購入する場合にはロットと言う、同じ品質で同じ価格のものが3~5本が連になっています。

その中から、少しでも良い品質の真珠を選びますが、同じ色や粒の大きさも同一のものは殆ど無く、仕入れ金額が同じであれば販売価格は同じに合わせます。

しかし、販売価格が同じでも品質は違い、8.0~8.5mmの花珠真珠でも別のロットであれば価格が同じものはありません。

鑑別書に8.0~8.5mmと記載があっても、8.0mm珠の数が多いのか8.5mmの珠が多いかで価格も違います。

また真珠の鑑別書は、ダイアモンドの宝石鑑定書のように「4C」で判定するためのベースが今まではありませんでした。

従来の真珠の鑑別書では、真珠が本物か偽物、大きさ、色、キズの具合などの明記で、詳しい真珠の品質が分かりませんでした。

そこに、真珠科学研究所の「真珠鑑別鑑定書」では一般の人が真珠の品質を「大きさ」「巻き厚」「テリ」「キズ」「」「」で区分して分かるようにしました。

誰でも、この「真珠鑑別鑑定書」をみればご自分の真珠のネックレスのグレード(品質)が分かり便利です。

■ 花珠真珠とは?

花珠真珠(はなだましんじゅ)とは、第三機関による厳格な審査基準に合格した真珠です。

あこや真珠は、同じ大きさのネックレスでも価格差が大きく、一般の方は品質が分かりづらい面もありました。

そこで、真珠の品質の一定基準を満たしたと認められた本真珠の事を「花珠真珠」と呼んでいます。
 

花珠のオーロラネックレスの意味とは

オーロラ花珠真珠とは?

オーロラ花珠真珠とは、真珠科学研究所の真珠の鑑別において、アコヤ真珠(ホワイト系)の最高品質と認められた真珠の事です。

この「オーロラ花珠真珠」とは、真珠科学研究所で最高品質の真珠の範疇(はんちゅう)と認められたものだけに与えられる「特別名称」になります。

従来は「花珠真珠」という名前で親しまれていましたが、現在では「オーロラ花珠」で統一されています。

真珠科学研究所のホーム⇒ こちらから

 

スポンサーリンク

オーロラ花珠真珠の真珠鑑別鑑定書の見方

真珠の真珠鑑別鑑定書の意味とは?

こちらの画像の「真珠鑑別鑑定書」には、アコヤ真珠が「本物」であると言う証明がされています。

■ 品名:ネックレスN イヤリングE

■ サイズ:ネックレス 8.0~8.5mm イヤリング約8.4mm

下の項目には、真珠専用鑑別検査の結果が表示されています。
 
■ オーロラ花珠の品質説明

オーロラ花珠真珠の詳しい品質が書かれています。

また、特別呼称で「オーロラ花珠」と証明されています。

■ まき厚の測定結果:0.45ですから巻きがかなり良好な状態です。

■ テリ(輝き):最強 真珠の表面が鏡面のように輝き、見る人の姿が映ります。

■ 干渉色:ピンクグリーン系

■ ボディカラー:ホワイト系

■ キズ及び面:微 キズが殆ど認められないとても美しい真珠だという事です。

■ かたち:ラウンド(ほとんど真円)

備考で、オーロラ花珠真珠である理由の説明がなされています。

真珠科学研究所の所長の「小松博」さんは、ミキモトで長い間勤務されていた実力者で真珠のエキスパートです。

 

まとめ

品質の良い花珠真珠ネックレスの購入にはある程度の予算の覚悟が必要です。

お店によっては、同じ粒の大きさのネックレスでも値段の幅が広く購入時には悩んでしまうと思われます。

そのお店が、どのようなルートで真珠を仕入れしているのか、産地直接なのか、問屋経由なのかでも価格に差が出ます。

真珠の鑑別書は、店側が真珠仕入れの時に「花珠真珠ソーティング付き」を選べば、そのまま花珠真珠の鑑別書が付いてきます。

しかし、同じランクの真珠でもお値段はまちまちで、花珠真珠に見えるようにアコヤ真珠の調色をするものもあります。

また同じランクでも、テリや色は若干違いますので本来は宝石店の店内でご自分の肌色に合う真珠のネックレスを選ぶのが良い買い方です。

ネット通販で購入される場合は、真珠鑑別書の内容確認が一番大事で、真珠の命は内部からの深みのある「色」にあります。

真珠は写真で見るのと現物ではかなりの違いがあり、宝石店内の照明と日光の下でも微妙に色が違って見えます。

店舗内の照明下では、真珠は輝いて綺麗に見えますがそれはスポットの影響で、購入時には必ず窓のそばの自然光の下で真珠の色やテリの確認が重要です。

ネット通販が悪いとは言いませんが、一生ものの真珠ネックレスは、ご自分の目で確かめて、鑑別書の内容を確認してお買い求めなさって下さいね。

■ 真珠関連情報

冠婚葬祭用の真珠ネックレスでオシャレに見える大きさの選び方?

真珠のネックレスを葬儀や法事の弔事でする意味や理由とは?

宝石 パールの意味や医師もすすめるパワーストーン効果とは

スポンサーリンク