毎年訪れる夫婦の記念すべき結婚記念日。

結婚記念日をお祝いする事で、夫婦の愛情や絆が年々と深まっていきます。

結婚記念日の中でも広い年代の夫婦に親しまれているのは「銀婚式」です。

言葉は知っているけれど、具体的には何をお祝いしたらよいか分からない人もいます。

今回、銀婚式の意味や結婚記念石の内容をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク
 

結婚記念日25年目の記念日の銀婚式の意味とは?

結婚25年目の結婚記念日の名前は「銀婚式」

結婚記念日25年目をお祝いする記念日の名前は、「銀婚式」で、読み方は「ぎんこんしき」と言います。

銀婚式は、お二人が結婚された1年日の結婚記念日の「紙婚式」から始まった結婚25周年目をお祝いする意義のある日です。

夫婦二人で歩んで毎年刻み込んだ歴史の積み重ねの人生の一区切りで、夫婦の愛情と絆をさらに深めると言う意味合いがあります。

毎年訪れる結婚記念日にはお祝いに関するルールもなく、記念日の名前や記念石の宝石はありますが夫婦で決めれば良い事でお祝いの仕方も自由です。

バラの花一輪にお祝いの品を添えるのも良いですし、いつも行かない素敵なレストランで外食や、夜のドライブなども素敵な思い出となるでしょう。

また、子供さんが大きくなっていれば一緒にお祝いしてくれる場合もあり、夫婦が親戚を招いてパーティをしたりするのも楽しい思い出となります。

余裕があれば、毎年、記念石の宝石を感謝の言葉と共に贈り、夫婦で思い出を作り語らうのも素敵なものです。

銀婚式が日本で有名な理由とは?

なぜ、結婚記念日と言えば「銀婚式」「金婚式」が思い浮かべ、他の年の記念日は思い付かないのでしょうか。

日本で銀婚式が定着したのは19世紀後半の頃だと伝えられています。

そのきっかけとなったのは、明治天皇が結婚記念日25年目のお祝いをした事が、国民の心の中に夫婦でお祝いする認識が芽生えた最初です。

それまでは日本では結婚記念日にお祝いをする習慣はなく、明治天皇を真似て一般の家庭でも銀婚式をお祝いするようになりました。

そのため、他の節目の結婚記念日、5年目の「木婚式」・10年目「錫婚式」・15年目「水晶婚式」・20年目「磁器婚式」などよりも銀婚式が広く知られるようになった理由があります。

結婚記念日のお祝いするルーツ

結婚記念日をお祝いする習慣が始まったのはイギリスが発祥とも言われています。

イギリス式では、15年目までは1年単位でそれ以降は5年単位でお祝いするのが通例と言われています。

その習慣が欧米へと伝わり毎年結婚記念日をお祝いする習慣となり、それが日本へと伝わって現在の様に1年刻みで記念式を設けるようになったと言われています。

お二人の記念日に贈りたいメモリアルジュエリーの選び方とは

 

あなたの結婚記念日はどのようにして決めましたか?

夫婦をお祝いする結婚記念日の正式な決め方とは

あなたは、結婚記念日はどのようにして決めましたか?

毎年訪れる、夫婦に結婚した時の新鮮な気持ちを思い出させるお祝いの儀式が「結婚記念日」になります。

結婚記念日は、多くの人は「結婚した日」を記念日としていますが、中には「婚姻届けを提出した日」に決めている人もいます。

なので、婚姻届けを提出した日とする考えや、結婚式(結婚披露宴)を取り行った挙行日とする考えの二通りがあります。

どちらかは夫婦になったお二人で決めれば良い事で、特にどちらでなければならないと言う決まりもありません。

結婚記念日のお祝いでは、夫婦であるご当人の二人でお祝いしたり、年月と共に子供が親に対してお祝をする場合もあります。

また、途中の結婚記念日を省略して、金婚式(結婚50年目)や銀婚式(結婚25年目)などの節目の年に盛大にお祝いする場合もあります。

最近では、結婚に関する価値観がそれぞれ多様化していて、夫婦別姓や法律上の婚姻の届け出をしない結婚や、出来ちゃった結婚などです。

出来ちゃった結婚は、いまさら説明する事でもないですが、恋人同士が子供の妊娠が確認された後に結婚する事です。

このように、結婚のスタイルが多様化する社会が浸透するにつれて、男女が結婚の意思を表明して、それに合意した日を結婚記念日とする場合も増えているそうです。

宝石や天然石で夫婦を祝福する記念日の名前と結婚記念石とは

 

結婚記念日25年目の銀婚式の記念石の名前とは?

結婚記念日25年目をお祝いする記念石の名前とは

結婚記念日25年目をお祝いする記念日が「銀婚式」と言い、記念石の名前は宝石ではなく貴金属の「シルバー(銀)」になります。

結婚25周年の記念日の銀婚式は、夫婦が四半世紀を共に過ごした記念日で、これからの結婚生活においても大きな節目ではないでしょうか。

毎年結婚記念日をお祝いした夫婦や、これまであまり結婚記念日をお祝いしなかった夫婦でも、銀婚式は特別な記念日だと思う夫婦は多いです。

夫婦お二人や、ご家族で思い出に残る銀婚式を楽しみたいものです。

■ 関連記事

スターリングシルバーは銀なら純銀と何が違うのか気になります!

銀のジュエリーが黒ずんだ時の手入れで新品のように輝くには

 

結婚記念日25年目の銀婚式の記念石の貴金属の意味と特徴とは

結婚記念日25年目を記念する貴金属の意味と特徴

結婚記念日25年目をお祝いする記念石は、銀婚式の名前に相応しい貴金属の「シルバー(銀)」です。

シルバー(Silver)と言うよりも、日本では「銀」の方が馴染みが深くかっては「いぶし銀」の渋い輝きが高い人気を誇っていました。

金<https://wp.me/papWt0-6p>や、プラチナ<https://wp.me/papWt0-280>などと共にジュエリーで愛用される貴金属で、比較的にお手軽な価格で楽しむ事が出来ます。

銀はそのままですと大気中の亜硫酸ガスの作用で硫化されて、黒色に変色するのが特徴です。

日本では、銀の貴金属の品位は「純銀:純度1000」・「純度950」・「純度925」・「純度800」が主に使用されています。

■ 関連記事

断捨離したシルバーのジュエリーの買取や相場はいくらで換金処分できるの?

金が24分率の意味やプラチナや銀が1000分率で表示される理由

スポンサーリンク


結婚記念日25年目のプレゼント「人気ベスト3」

結婚記念日の25年目をお祝いする「銀婚式」のプレゼントには、やはり「シルバー(銀)」にちなんだものがおススメです。

銀製品にはアクセサリーや、ジュエリー、記念品、食器類などのバリエーションが豊富にあります。

上質なものを選んで丁寧に手入れをすれば一生使えるのも特徴で、結婚記念日25年目は夫婦にとっても節目のお祝いする数字です。

夫婦でお祝いするペアで楽しめるシルバーのジュエリーなどは着けていてもオシャレではないでしょうか。

結婚記念石「人気ベスト1」

結婚25年目の結婚記念日の記念石のベスト1は、何と言っても「リング」ではないでしょうか。

シルバーのリングは、指に着けるととてもオシャレですからデザインは長く使えるものが人気です。

結婚記念石「人気ベスト2」

結婚記念日25年目の人気ベスト2は、「ネックレス」です。

シルバーネックレスは、貰って嬉しい人気のあるプレゼントで、胸元が輝いてとても素敵ですが肌に直接着けない長さが良いです。

表面にロジュームメッキが施していても、長年の使用で錆びが出る場合もあります。

結婚記念石「人気ベスト3」

結婚記念日25年目の記念石のベスト3は、「ブレスレット」です。

夫婦が「長寿」と「健康」をお願いしながら、次の結婚記念日を迎えるのも意義のあるプレゼントだと思います。

スポンサーリンク