毎年、結婚記念日は訪れます。

5年とか、10年などの節目の結婚記念日にお祝いする夫婦は多いかと思います。

しかし、7年目の結婚記念日に、どれだけの夫婦がお祝いしているのでしょうか?

夫婦の価値とは何でしょうか?

夫婦の存在を確かめる、その為に毎年の結婚記念日はあると思います。

あなたは、結婚記念日の記念石や記念日の名前をご存知でしょうか?

 

スポンサーリンク
 

結婚7年目の結婚記念日とは?

結婚記念日で7年目の記念日の名前

あなたは、毎年訪れる結婚記念日にそれぞれの名前がある事はご存知でしたか?

結婚10年目の「すず婚式」や25年目の「銀婚式」・50年目の「金婚式」などは一度は見たり聞いたりしたと思います。

多くの人は、上記のような節目の記念日は知っていても、7年目の結婚記念日は知っていないと思います。

実は、結婚7年目の記念日は「銅婚式」・(どうこんしき)と呼ばれています。

結婚7年目は夫婦にとり、離婚率がもっとも高いと言われる5年目を過ぎて、夫婦や家族の関係や将来の見通しも揺るがない時期に入ります。

「銅婚式」とは、そんな安定した生活を「銅」のようにどっしりとした重みを夫婦のイメージに例えて付けられたとも言います。

オリンピック・パラリンピックでも、メダルには「金」・「銀」・「銅」とあります。

結婚7年目の「銅」は、25周年の「銀」・50年目の「金」に次ぐ大事な節目の年で、夫婦で幸せの「人生の金メダル」を目指す記念日となります。

結婚記念日は、夫婦の日頃の感謝を伝える滅多にない機会ですから、結婚7年目の銅婚式は二人で過ごしてきた日々に感謝して素敵なプレゼントでお祝いしましょう。

 

結婚記念日7年目の記念石

結婚7年目の記念石の名前とは

結婚記念日で7年目の記念日をお祝いする記念石は、「イエローサファイア」になります。

イエローサファイアは、7月誕生石のルビーと同じ、コランダムの鉱物の一種になります。

コランダムの中でも、内包物で微妙な色合いが生じ、黄色を帯びている宝石を「イエローサファイア」と呼んでいます。

スポンサーリンク



 

結婚7年目の結婚記念石は「イエローサファイア」ですが意味とは

宝石のイエローサファイアの意味や特徴

イエローサファイアの意味や特徴は、下記関連記事内でも書いていますので、別の角度から見て見ます。

実は、イエローサファイアは、断捨離して買取に出す場合には高価買取も期待できる種類です。

もし、イエローサファイアをお持ちでしたら買取に出して見ると思わない高額査定も期待しても良いと言える宝石です。

この石は、ルビーと同じでダイヤモンドの次に硬いコランダムという鉱物の一種で、その内包物によって黄色を帯びている石です。

イエローサファイアは、日本人には馴染みが薄い宝石ですが、シトリンやトパーズ、トルマリンにない多色性があります。

また、9月誕生石のサファイア独特の奥行のある輝きがとても美しく魅了されてしまいます。

イエローサファイアは、カラーの幅が広く存在してレモンイエローから褐色に近い色まであります。

褐色からオレンジがかった濃い色合いであるイエローの石は「ゴールデンサファイア」と呼ばれて、高価買取も可能です。

サファイアの買取には、下記の買取店がとてもおススメですから、参考までにご紹介いたします。

【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

 
■ 関連記事

サファイアの色は青色だけではない豊富な色の宝石の不思議な世界

【宝石種類】9月誕生石 サファイアの意味と人気の秘密とは

断捨離した、宝石 サファイアの意味や高価買取のテクニックとは

イエローサファイアの意味とパワーストーン効果

イエローサファイアは、まるで結婚記念日の7年目の記念日を迎えられた夫婦のような宝石です。

自分自身の卓越した知能や身体能力を保持していながら、周囲に誇示しない控えめな性質があり、実は5大宝石と言う高級宝石なんです。

夫婦の関係でも、その心の底辺には厳粛さと真心が流れていて、相手を思う誠実さが揺らぐことのないパワーストーンです。

普段は小さな事にはこだわらない大らかさと落ち着き払った態度と、寛大な気持ちが満ち溢れた宝石かもしれません。

イエローサファイアは、持ち主に成功とチャンスを与えるパワーストーンです。

古くから多くの権力者や有名人に指示された宝石で、現在でも素晴らしい意味や効果を求める人から愛されています。

「仕事運アップ」や、「持ち主に名声を与える」「財運を引き上げる」事の出来るパワーストーン効果があると信じられています。

また、夫婦の絆を深めながら良い関係を長く継続させるパワーストーンでもあります。

■ 関連記事

宝石 イエローサファイアの意味や金運アップのパワーストーン効果とは

【宝石種類】宝石 イエローサファイアは、医師もすすめるパワーストーン

 

結婚記念日7年目の記念石のプレゼント「人気ベスト3」

結婚7年目の記念日のプレゼントの予算とは?

気持ちがこもったプレゼントであれば、金額は関係ないと言う夫婦もいると思います。

それはそうとして、一般的にはひとつの目安として、「記念日年数X10,000円」を相場の目安にする事があります。

私は店でも良くこのようなご予算の相談を受けますので、結婚7年目ですと予算は70,000円内が記念日のご予算と答えます。

しかし、実際には5年目の記念日に大きな買い物のお祝いをしている夫婦も多く、結婚7年目は予算を低めに設定する事もあります。

結婚7年目、結婚8年目、結婚9年目と予算を抑えて、結婚10年目の節目に記念日をお祝いするプレゼントを考える夫婦も中にはおられました。

と言うのは、結婚10年目の名前は「すず婚式」で、記念石は「スウィートテンダイヤモンド」となるからです。

その場合には、結婚7年目の予算は、5,000円から10,000円以内が一般的な相場となります。

予算は大事な事ですが、現在の生活状態に応じたプレゼントが大事な事で、クレジットで無理をしてまでの買い物はおススメ出来ません。

あなたの出来る範囲内での「パートナーにどんな気持ちのこもったプレゼントを渡したいか!」と言う気持ちが大事ではないでしょうか。

「人気ベスト1」

結婚7年目の記念石は、イエローサファイアですから、「金運」・「財運」の運気アップの宝石です。

やはりプレゼントの人気のベスト1は、リングになります。

「人気ベスト2」

人気のベスト2は、ペンダントネックレスが人気があります。

黄色の宝石には、シトリンやトパーズもありますが、イエローサファイアの輝きは鋭さがあり、とても美しいです。

こちらはとても素敵で着けていて身体の動きに伴い、キラキラと輝く美しさは洗礼された女性の魅力を引き出します。

「人気ベスト3」

イエローサファイアは、9月誕生石のサファイアでもあり高級宝石です。

そんな高級宝石の中でもピアスは、比較的にご予算を控えめでも素敵な記念石を選ぶことも可能です。

スポンサーリンク