結婚記念日の4年目は、「危ない年」とよく言われます。

全部のご夫婦がそうとも限りませんが、夫婦の危機を迎えるカップルが多いです。

なぜ、そのように言われるのでしょうか?

また、結婚4年目の記念石の宝石や、記念日の名前も気になります。

結婚記念日で4年目を迎えたカップルは、これからも前向きに夫婦仲良くお過ごし下さい。

 

スポンサーリンク
 

結婚4年目の結婚記念日とは?

結婚4年目の意味や記念日の名前

結婚4年目の記念日の名前は、「花婚式」・(はなこんしき)と「書籍婚式」・(しょせきこんしき)と言います。

結婚当初はアツアツのカップルも数年たてば結婚生活もすっかりと慣れて、相手の長所も短所も見えてきます。

いつまでも夫婦仲良く、夫婦円満なのが理想的ですが、結婚4年目は夫婦の危機の節目とも世間ではよく言っています。

その理由は、「結婚4年目は離婚しやすい!」と言う噂をマスコミなどでも取り上げしているので、不安に思う女性も多いです。

なぜ、そのような「結婚4年目は離婚しやすい!」と言われるのか気になりませんか?

結婚記念日の「結婚4年目は離婚しやすい!」理由とは

幸せな結婚をしてから、「結婚4年目は離婚しやすい」と言うのは、単なる噂で本当の事か気になりませんか?

そもそも、あなたや相手に取って、結婚4年目というのは夫婦にはどのような時期に入っているのでしょうか。

毎日、アツアツの新婚生活の延長を持続している夫婦は別として、多くは「恋の熱中する有効期限は3年程度」が一般的です。

結婚4年目は結婚生活にも慣れてきて、相手の事が解ってくる安定した関係が持続している時期となります。

お互いに相手の短所も長所も理解し合える信頼関係は生まれますが、一方で、恋愛していた期間とは違い、新鮮さやときめきを感じなくなる時期です。

結婚する前には、生涯にかけて愛すると誓い合ったはずですが、無意識の内に結婚式が、人生のスタートではなく、ゴールと感じてしまう場合もあります。

また、恋愛中や結婚1年目ぐらいには相手のどんなところも素敵に見えたはずですが、こうした「恋の熱で盲目の期間」は通常3年ほどで切れてしまうものです。

このような理由から、結婚4年目は夫婦の結婚生活が安定してきたと感じる一方で、倦怠期を迎えやすい時期かもしれません。

倦怠期に陥りやすい結婚4年目は、相手に対して肉体的な欲望が感じなくなり夜の夫婦生活も疎遠になったり、浮気や離婚の問題が起こりやすいのも事実です。

あれだけアツアツだった関係も次第にマンネリ化して、新鮮味が無くなる時期が結婚4年目だとも言われています。

さらには子供が出来れば男と女という感覚も薄れてきて「パパ」「ママ」の家族という感覚になり、性的な事に興味がなくなる事もあります。

いつしか、子供のいない家庭では「退屈な毎日だなあ~」と言う気持ちが生まれて、男女ともに異性に興味が惹かれる危ない浮気願望の時期でもあります。

実際には、子供が出来れば女性は子育てに忙しくなりますが、男性はマンネリ化から家庭の外に刺激を求めてしまう心理が、ギャンブルやお酒、浮気を起こすことも?

そうならないためにも、結婚4年目は小さな不満を心に留めずに、夫婦で何でも話し合える喧嘩しない家庭を築きましょう。

小さな不満が、溜まりに溜まると、やがては大きな不満となり、爆発すると離婚の起爆剤になりますから注意が必要かも知れないですね。

 

結婚記念日4年目の記念石(宝石)とは?

結婚4年目の記念石の名前

結婚4年目の記念石は、3月誕生石として人気の宝石「アクアマリン」です。

アクアマリン(aquamarine)は、青色のベリル(緑柱石)で、名前はラテン語の「海水」を意味から付いています。

5月誕生石の宝石のエメラルドと姉妹石で、アクアマリンの市販品の多くは緑色から黄褐色のベリルを熱処理したものが出回っています。

珊瑚(サンゴ)ブラッドストーンとともに、3月の誕生石です。

宝石のアクアマリンは、マダカスカル・ブラジル・シベリアなどが主な原産国で、和名は「藍玉(らんぎょく)」と言います。

宝石の言葉は、「幸せな結婚」・「勇敢」・「沈着」・「聡明」で、結婚4年目の記念石として相応しい宝石だと思います。

スポンサーリンク
 

結婚4年目の結婚記念石の「アクアマリン」意味とは?

宝石アクアマリンの意味や特徴

アクアマリンは、3月誕生石として有名な宝石で、とても人気があります。

透き通る青い色は、心を和ませて、まるで穏やかな海に身をゆだねているような安定した気持ちになれるような宝石です。

生命誕生の海が生命の源であるように、母なる存在の海は、時には穏やかに、時には荒々しい荒れ狂う海にもなり、人生の航海模様にも似ています。

結婚4年目の記念石にされているには、「結婚4年目は離婚しやすい」と言う荒々しい状況でも、荒れた海がいずれは静かになるように冷静さをもたらし夫婦の危機を回避します。

アクアマリンは別名を「天使の石」と呼ばれ、美しい若々しさと幸せな喜びを象徴するとも言います。

「幸せな結婚」の持続と、「夫婦の危機を乗り越える宝石」として、または「子宝に恵まれる宝石」としても人気の宝石です。

夫婦円満の持続のお守り石として、結婚4年目の結婚記念石「アクアマリン」が選ばれるには、このような理由があるからです。

■ 関連記事

宝石 エメラルドとアクアマリンの意味や姉妹石の理由とは

宝石 アクアマリンの意味と姉妹石の関係や何月の誕生石なの?

宝石 3月誕生石 アクアマリンの意味と断捨離や買取の試算方法

宝石のアクアマリンのパワーストーン効果

アクアマリンは、夫婦に「幸せ」をもたらしてくれるパワーストーンで、「結婚生活」や「家庭円満」のお守りとして人気があります。

見ているだけでも心が癒されるアクアマリンは、心を穏やかにさせてくれるので結婚4年目の記念石としては、相手に対して優しく穏やかな気持ちで接する事が出来ると言われます。

夫婦関係や家族だけではなく、友人や職場の人達とも円満な関係を築くことの出来るパワーストーン効果があります。

■ 関連記事

宝石種類で宝石のアクアマリンは医師がすすめるパワーストーン

宝石 アクアマリンのパワーストーン効果は試験の合格祈願に最適!

宝石 アクアマリンの意味や3月誕生石のパワーストーン効果とは
 

結婚記念日4年目の記念石のプレゼント「人気ベスト3」

宝石としても、結婚4年目の記念石としても、パワーストーンとしてもアクアマリンは、プレゼントに最適です。

プレゼントでは、「人気ベスト1」「ペンダントネックレス」となり、清楚の中にも高級感が漂うジュエリーとして人気があります。

「人気ベスト2」は、「リング」「人気ベスト3」「ピアスやブレスレット」に人気が集中しています。

下記のショップは、プレゼント用のギフトジュエリーが人気のお店なので、一度参考になさって下さい。

ギフトジュエリー専門店「JewelryROLA

スポンサーリンク