3年目の結婚記念日を迎えた人は、人生はこれから充実してきます。

結婚3年目に入りますと、倦怠期を迎える夫婦も多くなります。

昔、流行った歌で「3年目の浮気」があるように、倦怠期にならない努力も大事です。

結婚記念日で、3年目の記念石やパワーストーンは何なんでしょうか?

また、結婚3年目の記念日の名前も気になります。

 

スポンサーリンク
 

結婚3年目の結婚記念日とは?

結婚3年目の記念石と記念日の名前とは

結婚して3年目の結婚記念日は「革婚式」「かわこんしき」と呼ばれます。

なぜ、革婚式と呼ばれているのでしょうか?

結婚して3年目にもなりますと、お互いの夫婦生活にも慣れてきて新婚気分も落ち着いいて倦怠期を迎えるようになります。

中には、結婚3年目でもアツアツの夫婦もいますが、倦怠期を迎える夫婦が多いのも事実です。

革婚式には、結婚3年目で倦怠期が訪れる事が起きても、「耐久性が高い革のように粘り強く乗り越えていこう」と言う想いや願いが込められています。

そのような理由から、ギフトとして革製品を贈り合う夫婦も多いと言います。

私は宝石屋ですから、ジュエリーの人気をご紹介しますが、ここの革製品はとても材質も良く私も大好きな極上革製品のブランドです。

日本製のハイエンド革製品ブランドの「ココマイスター(COCOMEISTER)」は、銀座中心街などの、1等地を中心に直営路面店を構える本格派の革ブランドのお店です。

とてもおススメできるお店ですから、興味があれば一度ご覧になって下さい。



 

結婚記念日3年目のプレゼントの相場とは?

本来は相手の気持ちを思い、一本のバラの花にメッセージカードを添えて感謝の言葉を伝えるだけでも良いのかもしれません。

ただ、それだけでは・・・・

プレゼントを渡したいと思う人もいると思いますので、どれぐらいの金額が適切なのか、世間一般の相場は気になりますね?

お店でも相場の事をよく聞かれますから、結婚記念日のプレゼントの全体的な相場は、「結婚年数X10,000円と言われています!」と、答えます。

一方で、大きな節目の結婚記念日(5年目や10年目)に予算を奮発したいから、結婚3年目は予算は10,000円程度でささやかな気持ちを贈る人もいます。

相場はあくまでも目安ですから、予算に合わせて物を選ぶより、パートナーに喜んでもらい感謝の気持ちを伝える事がとても大事です。

スポンサーリンク
 

結婚記念日3年目の記念石は何ですか?

結婚3周年の記念石

結婚3年目の記念石は、「トルコ石(とるこいし)」で、ターコイズ(turquoise)とも言います。

トルコ石は、青色から緑色の色味を持つ不透明な鉱物で、色が美しく良質な石は貴重でもあり宝石として取り扱われています。

12月誕生石として人気があり、トルコ石の青色はとても魅力的なので、数千年の昔から装飾品として使用されてきました。

最近では、他の多くの不透明の宝石と同様に、美しくするために表面処理されたものや模造品、合成品が市場に出回っていて問題になっています。

宝石に携わっている専門家でも、見た目だけでの鑑定はとても難しく、買取ではトルコ石だけの評価は厳しくなります。

 

結婚3年目結婚記念石の「トルコ石」とは

宝石トルコ石の名前の由来

トルコ石は、英語では「turquoise(ターコイズ)」と言い、フランス語のpierre turquoise(トルコの石)に由来しています。

十字軍が活躍していた時代にトルコ石がヨーロッパに広まり人気が出たために、この石が「トルコ石」と呼ばれるようになったそうです。

もとは古フランス語で、「トルコの」を表す形容詞でもある「turquoise」と言う言葉が、青色の色味を表しました。

昔、ペルシャと呼ばれた現在のイラン周辺は、少なくとも2000年以来、トルコ石の主要な産地として知られています。

9世紀以来、トルコ系王朝が興亡したホラーサーン(イラン東部の州の名称)には最も古いトルコ石の鉱脈がありました。

つまり、最初にヨーロッパに認識された「トルコ石」がトルコ人の国のものであったというのが、トルコ石と呼ばれる所以だと言います。

しかし、これには幾分かの誤解も含んでいて、トルコでトルコ石が産出された訳ではないのです。

トルコ石は、アトラス山脈(アフリカ北西部、モロッコからチュニジアにかけて東西に延びる山脈)周辺の砂漠で産出されています。

そこで産出されたものが貿易でトルコを経由してヨーロッパへ広がったのちに馴染みの深い宝石となり「トルコ石」と呼ばれるようになった説が存在しています。

現在のトルコから、宝石のトルコ石の産出はありません。

■ 関連記事

宝石 12月誕生石のトルコ石の意味と産地はトルコが嘘だという話

断捨離して見つけたトルコ石の上手な買取や売却テクニックとは

トルコ石の意味とパワーストーン効果

12月誕生石として人気のトルコ石には、どのようなパワーストーン効果があるのでしょうか?

結婚3年目の記念石に選ばれている理由の一つとして、「ネガティブなエネルギーを払いのける勇気の石」の様に、倦怠期を跳ね飛ばすパワーストーンです。

トルコ石は、その青色の美しい色が快晴の青空を思わせるような非常に明るいエネルギーを持ち、ネガティブなエネルギーを払いのける効果があります。

結婚3年目を迎えた夫婦が、これからの人生の困難な荒波を乗り越えて願望を達成するためのサポートをしてくれます。

夫婦で旅行に出かける場合には、トルコ石の宝石言葉には「旅の安全」の意味もあり、トラブルや災難を回避するパワーストーン効果があるので、身に着ける事をおススメします。

さらに、トルコ石には「友情の石」の意味や、「成功」・「繁栄」の意味もあります。

結婚3年目でプレゼントしたり、されたりする事で、心と心を繋いだり、夫婦の絆をよりいっそう深めてくれるそうです。

大切な人に感謝の気持ちを伝えるプレゼントに最適な宝石だと思います。

■ 関連記事

【宝石種類】宝石 ターコイズ 意味や医師もすすめるパワー効果とは

12月誕生石 トルコ石の意味や、気になるパワーストーン効果とは

パワーストーン ターコイズと相性の良い組み合わせの天然石とは

トルコ石の模造品

トルコ石の模造品を最初に作り出したのは、どこだと思いますか?

それは明らかにエジプト人で、磨いたファイアンスと言う焼き物の陶器を用いて、後には、ガラスやエナメルも用いたそうです。

市場で出回っているトルコ石の類似品は、「ハウライト」や「マグネサイト」です。

特に、ハウライトはトルコ石に似た黒い脈状配列が形成されていてとても紛らわしく、市場に出回っていると間違える場合もあります。

また、天然石のトルコ石は、色の良さと耐久性を上げる目的で人工処理した処理石が多いです。

 

結婚記念日3年目の記念石の「人気ベスト3」

「人気ベスト1」

結婚記念日3年目の記念石・トルコ石の人気の1位は、ペンダントネックレスです。

胸元にさりげなく輝く、トルコブルーのペンダントは顔にも生えて、とても気品のあるジュエリーです。

「人気ベスト2」

結婚記念日3年目の記念石・トルコ石の人気の2位は、リングです。

トルコ石のリングは、指を引き立ててくれる美しさがあります。

ただ、硬度的には硬くありませんので取り扱いには注意が要り、直射日光の下で長時間の着用もおススメできません。

優しく、お使いいただく事でジュエリーとして、パワーストーンとしてもお使いいただけると思います。

「人気ベスト3」

結婚記念日3年目の記念石・トルコ石の人気の3位は、ピアスです。

トルコ石のピアスは、さりげなく着ける事も出来て、着けるだけで「旅の安全」・「成功」・「繁栄」にも効果があります。

比較的に安価で求めることも出来るので、結婚記念日3年目のギフトにもおススメ出来ます。

スポンサーリンク