結婚して、少し落ち着いてきた頃が結婚1年目ではないでしょうか。

結婚記念日の1年目はとても重要な時期と言われています。

そんな、結婚1年目のお祝いする記念石のパワーストーンはご存知でしょうか?

また、結婚1年目の記念すべき日の名前もあります。

 

スポンサーリンク
 

結婚記念日、1年目とは?

結婚記念日は1年目が、二人の基礎を作る大事なアニバーサリー

結婚記念日は、1年目である1周年目が最も重要な記念日と言います。

結婚記念日は毎年訪れる夫婦の大切な記念日ですが、これからの年月を二人で楽しく過ごすための取り決めるのが1年目です。

最初の1年目に、今後、どのように記念日をお二人で祝っていくかは結婚1年目に決まりやすいからです。

どのような恒例行事でも、事業でも、最初に計画を練りしっかりとしたプランを立てると後々スムーズに進んでいきます。

しかし、最初の計画が曖昧ですと2年目、3年目と段々と惰性に流されやすくなり、結婚記念日もやがてお祝いしなくなってしまいます。

何事も最初が肝心で、これからのお二人が人生を刻んでいく人生の航海を前向きに進むための重要な出発点が1年目です。

■ 関連記事

宝石や天然石で夫婦を祝福する記念日の名前と結婚記念石とは

お二人の記念日に贈りたいメモリアルジュエリーの選び方とは

 

結婚記念日1年目の記念石

1年目の記念石と記念日の名前とは

結婚1年目の記念石「ピンクトルマリン」で、記念日の名前「紙婚式(かみこんしき)」と言います。

紙婚式の意味は、結婚1年目を祝うお二人で行う式の事で、「白紙のようなお二人の将来の幸せを願う」と言う意味が込められています。

白紙にお二人の今後の人生設計を書き込んで行く、夫婦としての初めての記念日です。

結婚記念日1年目は、お二人の新婚生活も少しずつ慣れてきて、独身時代には見えなかった相手の癖や習慣も見えてきます。

お互いに相手の癖や習慣の良いところは共有して、いけないところは直していく修正の時期でもあります。

1年目を迎える結婚記念日は、お二人が家族になって、夫婦になって初めて過ごした非常に中身の濃い1年間ではなかったでしょうか。

最初の結婚記念日は1年間を振り返りながら、しっかりとお祝いをして、将来の結婚記念日を考えを話し合う大事な日です。

お互いが家族になって、一緒に過ごせるようになり、どのような心境の変化やお互いの発見があったか話し合うのも楽しいものです。

最初は遠慮がちで相手に話せなかったことも、1年目になると話せるようになります。

良い事もいけないと思う事もしっかりと口に出して共有できるのも家族になったからで、そうする事で夫婦の絆や愛情が深まると思います。

結婚記念日は、お二人の愛を幾つになっても確かめ合うことの出来る記念日で、結婚記念日1周年をお祝いしないカップルは、今後もする事もないでしょう。

1年に1回訪れる大事な記念日をおろそかにしますと、2年目も「まあいいか!」と、だんだんと結婚記念日をお祝いする事も、やがて結婚記念日も忘れてしまいます。

そうならないためにも、結婚記念日1年目をお祝いしておけば、今後もお祝いするお二人の共有する文化が生まれます。

結婚記念日を大事に認識する、そうする事で相手と結婚した時の新鮮な気持ちの持続が年老いても持ち続ける事が可能になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



 

1年目結婚記念石の「ピンクトルマリン」とは

宝石 ピンクトルマリンの特徴

ピンクトルマリン(Pinku Tourmaline)は、結婚記念日1年目の結婚記念石です。

10月誕生石のトルマリングループの中でも「グリーントルマリン」と並んで最も人気のある色合いです。

ピンクトルマリンには、ライトピンクからダークピンクまで色彩の範囲が幅広いのが特徴です。

恋愛や結婚の成功などを力強くサポートするお守りとして人気があり、まさに結婚1周年に相応しい結婚記念石です。

女性を中心に高い人気を集めている人気の宝石で、恋愛や結婚生活のプロセスで何らかなストレスや不安などに効果のあるパワーストーンになります。

また、結婚生活における心配事などを感じた時には、アクセサリーとして身に着けておくと良い方向へと運びますからおススメします。

ピンクトルマリンは、別名を「ルベライト」とも呼ばれています。

ラテン語で「赤味を帯びた」の意味である「ルベラス(rubollus)」に由来しています。

ピンクトルマリンの鉱物学「DATA」

■ 結婚記念石:結婚1年目の宝石

■ 和名:電気石

■ 誕生石:10月誕生石

■ 色:ピンク

■ 産地:ブラジル、マダカスカル、モザンピーク、ナミビア、ミャンマーなど

■ 結晶系:六方晶系

■ 成分:(Na,Ca)(Mg,Li,Ai,Fe2+)

■ 硬度:7.0~7.5

■ 浄化法:セージ、月光、クラスター、水

■ 効果的な使用方法:リング、ブレスレット

ピンクトルマリンの意味やパワーストーン効果

ピンクトルマリンは、恋愛や夫婦生活などのあらゆる物事をプラスに導いてくれるパワーストーンです。

片思いの人から交際中の人、結婚生活をエンジョイしている人や、また失恋の傷を癒したい人にもおススメの宝石です。

慣れない結婚生活の結婚1周年を迎える人で、ささやかな事で喧嘩になった時には心を和ませてくれるでしょう。

ご結婚後の相手に対する期待の裏切り、自分を上手く表現できない時の葛藤などで落ち込んでいませんか。

ピンクトルマリンは、嫉妬心など、負のエネルギーや性質を持った思考や感情エネルギーを払拭するパワーストーン効果もあります。

トルマリンの電気石特有の強力な浄化作用によって感情を洗い流してくれるでしょう。

自分自身と相手の両方を夫婦として思いやることの大切さを気付けるように持ち主に促す効果もあります。

夫婦円満や、恋愛成就のお守りとして人気もあり、パワーストーンとして持っておきたい10月誕生石と結婚記念石です。

ピンクトルマリンは、こんな時に使うと効果的

■ 夫婦円満で幸せな人生を歩みたい

■ 恋愛を成就したい

■ 夫婦の絆を高めたい

■ 新しい人生の幸せを掴みたい

■ 社交性を高めたい

■ 人と話す期会を増やしたい

■ 子供が抱える問題を解決したい
 
■ トルマリン関連記事

【宝石種類】宝石 トルマリンは医師もすすめるパワーストーン

宝石 トルマリンの意味や「電磁波防止」のパワーストーン効果

宝石 トルマリンの意味と宝石言葉や種類、そして購入ポイントとは

宝石 パライバトルマリンの意味や人気の秘密や購入ポイントとは

断捨離した宝石 パライバトルマリンの意味や 上手な買取の活用法

スポンサーリンク