家に、純金やプラチナのインゴットやバーがあると嬉しいですね。

特に、金のインゴットの輝きは魅了されてしまいます。

そこで、投資目的で購入する場合の金とプラチナの手数料はいくらなの?

また、不要になり、買取してもらう時の手数料なども気になります。

それから、税金対策の「精錬分割加工サービス」と言う方法はごぞんじですか。

 

スポンサーリンク
 

純金のインゴットとは

金の地金とは

金(GOLD)は、古くから富の象徴や投資目的の資産として多くの愛好家から人気のある金属です。

その希少さゆえに高い価値観があり、黄金色に輝く光沢は心の底から裕福感や、幸福感を味わう事も可能で夢心地になれます。

私は仕事柄ではなく、個人的にも金は大好きで投資目的でも購入しています。

色々な地金商で金は購入出来ますが、貴金属商とば別に一般的に知れ渡っているのは「田中貴金属」ではないでしょうか。

「田中貴金属」は、国内でも大手の地金商で、正式には、田中貴金属工業株式会社です。

当店でも、地金やジュエリーの買取には、田中貴金属で毎日公表している金・プラチナ・銀の地金相場を参考に算出しています。

相場の信頼性では、田中貴金属は世界の金・銀市場にて最も権威のあるLBMA(London Bullion Association)から公認されている溶解業者です。

田中貴金属で購入する金地金には、その公認マークが刻印されているので信用面でも国内をはじめ世界中で通用します。

なを、金地金のインゴットの純度「99.99%」で、フォーナインと呼ばれ、サイズは5グラムから1キログラムまでの9種類あります。

「1㎏」・「500g」・「300g」・「200g」・「100g」・「50g」・「20g」・「10g」・「5g」の大きさです。

プラチナの地金とは

プラチナ(Platinum)は希少性が高く、ジュエリーを始めとする宝飾品として人気があります。

貴金属としてのプラチナは、空気中では高温を加えても酸化しなくて美しい光沢が永遠で、近年では資産用として注目されています。

金と同様に、プラチナも田中貴金属では、世界のプラチナとパラジュウムの市場で最も権威のあるLPPM(London Platinum & Palladium Market)から公認された溶解業者です。

田中貴金属のプラチナインゴットには、その公認マークが刻印されていて信用性が高く人気があります。

インゴットやバーの純度「99.95%」で、サイズは5グラムから500グラムまでの4種類が取り扱いされています。

種類は、「500g」・「100g」・「10g」・「5g」です。
 

純金やプラチナのインゴットの買取

金やプラチナの買取

金やプラチナのインゴットやバーの買取には、いろいろな買取店があります。

あなたの大事な資産や財産を売却するのですから、1円でも高い買取価格を出してくれる買取店があれば嬉しいですね。

こちらの買取店は、古物商許可証を持っているお店も、個人も同じ買取価格で買取金額をサイトで表示されます。

おススメしている買取店は「リファスタ」で、他社と違うのはオンラインで売りたいものの情報を入力すれば簡単に買取金額が見積もりされます。

ダイヤモンドをはじめ、色石や金やプラチナなどのインゴットやバー、コインなどの買取も調べる事が出来るんです。

最初に、ある程度の買取価格を知る事で、他の買取店との競合もできて便利です。

一般的に買取店は、田中貴金属のような地金商との買取とは違います。

買取店はあらかじめに、1gの地金相場買取価格に「手数料」が差し引きされている価格提示されています。

田中貴金属のような地金商では、500g以内の金やプラチナの地金には別途手数料が必要です。

買取に関しましては、どちらが良いかは買取店と地金商との両方を見比べてご判断して下さい。

買取店の場合では、地金の銘柄や純度を調べて「即金」が多いですが、地金商の場合は時間がかかる場合もあります。

 

税金対策の「精錬分割加工サービス」とは



金やプラチナが資産として多く所有して税金が心配な人もいます。

そんな時に、節税や、相続に効果的な方法があります。

金地金の「精錬分割加工サービス」と言う方法がありますから、下記を参考になさって下さい。

高額な税金を無税に出来る【金地金分割加工サービスのリファスタ】

 

純金のインゴットの売買価格と別途手数料

金やプラチナの「小売価格」と「買取価格」

毎日の変動している「金」や「プラチナ」の価格には、あなたが投資目的に「金」・「プラチナ」を購入される場合には手数料がかかります。

それは、購入する時の「小売価格」と、あなたが売却する時の買取店による「買取価格」があります。

日本の大手の純金のインゴットを販売しているところでは、「田中貴金属」・「徳力本店」・「三菱マテリアル」などが有名です。

一般的には、あなたの町でも見かけるのは「田中貴金属」の提携先小売店ではないかと思います。

田中貴金属の店頭や、提携先の小売店のお店では、消費税を含んだ1グラム当たりの「税込み小売価格」と消費税を含んだ「税込み買取価格」が公表されています。

最初から、買取店で金やプラチナのインゴットを売る場合には、1グラム当たりの買取価格に手数料が含まれていますから、別途の手数料は要りません。

利殖目的でインゴットを購入して、売る場合には「田中貴金属」のような専門店に買取してもらうか、買取店でするかは手数料を考えてしないと損をします。

田中貴金属の場合は、あなたの町にも提携先小売店があると思いますから、田中貴金属を例に手数料を書いてみます。

ただ、田中貴金属で販売されているバー、「インゴット」と、他社製の「インゴット」では買取価格が違う場合もあります。

500未満の地金に売買に必要な手数料とは

田中貴金属がネット上で公表している金やプラチナの価格は、店頭で「500グラム」以上の地金を取引される場合に適用されている価格です。

500g未満のインゴットやバーの地金の売買には、地金の購入代金とは別に手数料が必要となります。

これは、田中貴金属の場合では、海外から輸入した金・プラチナやお客様から買取した地金をそのままで再販をしていません。

買取した地金は、溶解や検査を行って信頼と信用できる純度の良い地金に製造し直して販売するために、小型の地金はその費用が割高になるからです。

金やプラチナなどの地金は、溶かし再び地金に加工する場合には地金の減りが約10~20%発生すると言われています。

ですから、500gのインゴットを加工する場合には、それ以上の地金を使用する事になります。

「小売」と「買取」の手数料の違い

田中貴金属の場合では、インゴットを購入する場合には地金1個ごとに手数料が発生します。

金やプラチナの品種別に、1件当たりでの合計重量で手数料が必要となりますので、下記を参考になさって下さい。

金やプラチナ地金の売買に必要な別途手数料(消費税込み)

■ 【金地金の購入(小売り)の場合】

■ 500g・1000g(1㎏):無料

■ 100g・200g・300g:16,500円

■ 50g:8,800円

■ 5g・10g・20g:4,400円

■ 【プラチナ地金の購入(小売り)の場合】

■ 500g・:無料

■ 100g:16,500円

■ 5g・10g:4,400円

■ 【金・プラチナ地金の売却(買取)の場合】

■ 500g以上:無料

■ 100g以上~500g未満:16,500円

■ 50g以上~100g未満:8,800円

■20g以上~50g未満:4,400円

■ 20g未満:2,200円

このように、金やプラチナを投資目的で購入する場合には、地金の500グラム未満の売買では手数料が要ります。

購入した時の地金が500グラム以上を売る場合には問題ありませんが、それ以下の場合の売買時には地金相場と照らし合わせて考えて見ましょう。

それから、まとまった地金を売却すると税金がかかりますから注意して下さい。

■ 関連記事

プラチナの価格が下がっていますが今後の投資に買えば有利なの?

宝石や貴金属を買取業者での売却後の税金はどうなるの?

スポンサーリンク