宝石種類で、白色系の宝石で代表的なものは、ダイアモンドとパールではないでしょうか。

断捨離する宝石は、宝石箱の中や、タンスの引き出しの中で長期間ケースの中に入れたままです。

今回、思い切り宝石のダイアモンドやパールを整理して「断捨離」するつもりです。

断捨離後の使わなくなったものを、高価で買取してくれるお店も気になります。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石や、宝石種類とは

そもそも宝石とは何? 意味とは

宝石と一般的に呼びますが、宝石とは簡単には何でしょうか?

ついつい、呼び名の通りに瞬間的に思うのは「宝(たから)」の「石(いし)」と答えるのは私だけでしょうか。

実際には、宝石とは、財産性・資産性・希少性が高くて、どこにでも軽くて持ち運びの出来る資産で、もちろん美しい外観を有する固形物のことを指します。

宝石と調べると、「ウイキペディア(Wikipedia)」では、「一般的に外観が美しく、アクセサリーなどに使用される鉱物をいう」と、明記されています。

また、主に天然鉱物としての「無機物結晶」を指していて、「無機物の固溶体」「非晶質」「生物に起因するもの」「人工合成物質」等があります。

宝石としての簡単に解る分類

無機物の固溶体:ラピスラズリ・ガーネットなど

非晶質:オパール・ゴールデンオプシディアン(黒曜石)・モルダバイトなど

生物に起因するもの:さんご(珊瑚)・パール(真珠)・アンバー(琥珀)など

人工合成物質:キュービックジルコニアなど

「宝石のはなし(1989年発刊)」では「宝石は約70種ほどあるとされるが、よく知られた宝石は20種程度である」

このように記述され、刊行後に発見されたものも含め、「ウイキペディア(Wikipedia)」の日本版では、110種余りの資料を宝石として取り扱いしています。

宝石と呼ばれるには条件もあり、関連情報をご紹介いたします。

  宝石を生前整理して色別で見る財産価値の高い宝石種類とは

  宝石種類で高級天然宝石としての意味や見分け方や条件とは

  宝石種類で宝石の条件や天然石とパワーストーンの違いや価値とは

  宝石と呼ばれる「基本的な4つの条件」と、意味はご存知ですか?

宝石で白色の宝石種類とは

白色の宝石種類の分類とは

白色の宝石種類には、高級天然宝石・中級天然宝石・並級天然宝石・合成宝石4種類に分類されます。

そんな白色宝石には、希少価値の高いもの、財産性のあるもの、趣味趣向の石、資産価値はなくてもパワーストーン効果の強いものがあります。

また、透明石や半透明石、不透明石などもありますが、そのなかから今回は、白色の代表的な宝石種類を取り上げてみました。

紹介します白色宝石は、すべての宝石種類から見ますと一部分ですが、ある程度の資産性や財産性のある宝石や人気石に絞ってみます。

白色系では、例えば青系の宝石 サファイアの中にも、ホワイトサファイヤのよう基本の色の中の一部で白色もあります。

また、水晶やひすい(翡翠)の中にも白色系もありますが、このような宝石は除外しています。

今回、白色系の宝石の代表として、宝石の王様といわれる4月誕生石のダイアモンドと、6月誕生石で、女王といわれるパール・真珠を取り上げてみました。

「宝石鑑定書」や「宝石鑑別書」があると便利です!

宝石種類の白色では「宝石鑑定書」や「宝石鑑別書」があると便利です。

宝石箱の中には、あなたが今まで購入したもの、プレゼントされた色々な宝石やジュエリーがあると思います。

ご自分で購入したものであれば何となく記憶もあり、宝石の種類はわかりますが頂き物ですと判明が出来ない宝石もあると思います。

こんな時に宝石(枠付き画像)の「宝石鑑別書」がありますと、すぐに宝石の種類が分かり悩まずに便利だと思います。

勿論、断捨離して業者に「買取」依頼する時も、「宝石鑑定書」や「宝石鑑別書」があると、業者も宝石種類の鑑別・鑑定評価の時間短縮となります。

ご自分で購入して保管している宝石であれば、購入時の記憶もあり宝石名もわかります。

しかし、貰い物ですとダイアモンドだと思っていたら合成石のキュービックジルコニアなどもあり、後からトラブルの元となります。

よくある買取でのトラブルには、ご自分ではダイアモンドと信じていて宅配買取で業者に送った後に偽物といわれるケースで、商品をすり替えたと騒ぐ人です。

信頼と信用のある業者は、わざわざリスクを抱えてまで宝石をすり替えたり致しませんからご安心ください。

ただ、宝石種類の分類は「宝石鑑別書」があれば、宝石と画像と照らし合わせれば判明しますが、「宝石鑑別書」が付いているから高価で良い品とは別問題です。

宝石に付いています「宝石鑑別書」は、その宝石の種類や、本物、偽物の判断基準となるもので、宝石の価値や買取の価格が上がるというものでもないです。

ダイアモンドの場合は宝石鑑定書の「4C」で、相場に応じた正確な買取価格の算定がすぐに出来ます。

真珠の場合には、パール(真珠)の上質の花球(はなだま)などの鑑別書には、「真珠科学研究所」発行の品質の評価(グレード)されているものもあります。

宝石の「宝石鑑定書」と「宝石鑑別書」の関連情報

断捨離で見つけた宝石の宝石鑑定書・宝石鑑別書の意味や違いとは

宝石の宝石鑑定書と宝石鑑別書の意味は同じもの違うものなの?

宝石 ダイアモンド (Diamond)の意味

ダイアモンドは神秘的で至高な美しい輝き

宝石のダイアモンドは、世界でもっとも美しくもっとも人気のある宝石の王様です。

まばゆいばかりの煌めきで、多くの宝石種類の中でも宝石の中の宝石といわれるのがダイアモンドです。

婚約時のマリッジリングなど一生の記念となるジュエリーは大変な人気ですが、年月と共にタンスの片隅に追いやられてしまいます。

結婚して10年もしますと使用していない人が殆どで、使用しないのであればこの際に断捨離もよいかもしれません。

思い出を大事にされるのでしたら、今風に使えるようにリフォームしての作り替えや、不必要なら断捨離もおススメです。

ダイアモンドに関しましては、品質・断捨離・買取・換金処分・その他にはジャンル別の情報がありますから参考にして頂けると嬉しいです。

ダイアモンドの誕生石は「4月誕生石」で、宝石言葉は「清浄無垢」「純潔」「恋の勇気」「不屈」です。

ダイアモンドに関する情報

ダイアモンドの品質に関する情報

ダイアモンドのカットの仕方やカットの種類はいくつあるの?

宝石 ダイアモンドが輝かないのはカットが悪いからで、その理由とは

宝石 ダイアモンドの意味や「8つの愛される人気」の理由とは

宝石 4月誕生石のダイアモンドの意味や気になる情報とは

ダイアモンドの買取の評価は「カット」それとも「カラット」なの?

「ダイヤモンド」と「ダイアモンド」どちらの呼び方が正解なの?

宝石 ダイアモンドの「4C」の意味や賢い購入方法の決め手とは

宝石 ダイアモンドのハート&キューピッドの意味や4Cとは

宝石のカットは種類によりダイアモンドの輝きも違って見えます!

ダイアモンドの「断捨離」や「買取」に関する情報

ダイアモンドの意味や生前整理で換金する場合の「買取」活用法

ダイアモンドの買取の評価は「カット」それとも「カラット」なの?

ダイアモンドのネット通販に関する情報

「高島屋」ダイヤモンドネックレス1CTは本当にお買い得か検証

「高島屋」pt0.4ctダイヤモンドペンダントの安さは本物?

スポンサーリンク
 

宝石 パール・ 真珠 (Pearl)

日本人に愛されるパール・真珠は6月誕生石

日本人になじみ深いパール・真珠は鉱物ではなく、真珠が命と引き換えに造り出された尊い宝石といわれています。

宝石種類の中でも、パールは女性のための宝石で、愛らしい丸い形といい、穏やかで優しい光沢といい、女性らしさを象徴する宝石の女王です。

パールの持つ光沢や輝きは、鉱物である他の宝石種類とは全く異なる、柔らかい独特のものかもしれません。

古くからパールには色々な逸話もありますが、クレオパトラの胸元を飾ったパールは、古代にはもっとも高価な宝石ともいわれています。

パールに関する逸話で有名なのが「クレオパトラの真珠」です。

このように古代から大切にされてきたパールですが、宝石種類の中では、質量ともに最高峰の宝石ではないでしょうか。

また、日本ではアコヤ貝から採取される養殖真珠は日本唯一の輸出宝石で、世界的にもとてもレベルの高い宝石です。

誕生石としては、「6月の誕生石」で、宝石言葉は「健康」「純真」「長寿」「幸福」「富」

パール・真珠の意味や品質に関する情報

6月誕生石 パールの意味や結婚記念日は結婚何年目の記念石なの?

6月誕生石 パール(真珠)の意味や気になる情報

淡水真珠の知るだけでも鼻高になるバロックネックレスの魅力とは

パールで、白蝶真珠とアコヤ真珠の意味や大きな違いとは

6月誕生石 マベパール(マベ真珠)の特徴や意味や価値とは

マベパール(マベ真珠)で愛のハートの形が出来る不思議とは

黒蝶真珠の冠婚葬祭でネックレスやリングの選び方や使い方とは

宝石のパールの仲間にはピンク色の真珠があるのはご存知ですか

パール・真珠の断捨離・生前整理・買取に関する情報

宝石 パール(真珠)の意味や生前整理での買取の活用法とは

断捨離したけど「真珠は買取してもらえない!」と思っていませんか?

宝石種類の白色系のまとめ

宝石種類で白色の宝石と呼ばれるものは数多くあり、本当はご紹介したい宝石はもっと、もっと沢山あります。

今回は、身近にお持ちであると思います、ダイアモンドとパールの「白色」の宝石を書いてみました。

ダイアモンドはすぐに換金処分でき、お金に換わる資産性もあり、パールネックレス等は生活必需品で利用頻度も高い宝石です。

宝石種類は色々とありますが、宝石は何年間も身に着けたり楽しんだりした後でも誰かにプレゼントしたり、買取でお金にもかえれます。

パールは業者が買取しないといいますが、そんな事はなく業者を選べばきちんと対応してくれます(上記パール記事参考)。

ダイアモンドの場合は、もし宝石鑑定書がなくても買取専門業者のプロは適切な買取価格の評価をしてくれます。

何年も使用していない宝石・貴金属・ジュエリーは元気な内に「生前整理」して「断捨離」することをおススメします。

上手な断捨離は、思わないお金を生み出し次の使い道が楽しむことが出来ます。

 

スポンサーリンク