断捨離した宝石を買取に出すときに役立つ情報です。

ダイアモンドの場合は「宝石鑑定書」である程度の評価ができます。

しかし、色石(カラーストーン)の場合はどのような評価になるのでしょうか。

宝石や色石が高価買取になる色石の判断基準とは。

 

スポンサーリンク
 

宝石や色石が高価買取になる色石の判断基準とは

カラーストーンは「色」「内包物」「輝き」でチェック!

宝石のダイアモンドと違って、カラーストーンの場合は、厳密で客観的なグレードというものがありません。

色石(カラーストーン)とは、ルビーサファイアエメラルドなど、色のある宝石に対して一般的に用いられる用語の事です。

あなたは、宝石を選ぶときはどのようにしていますか?

ほとんどの人は、最終的には「自分の好み」で「好き」「嫌い」という感覚的な直観で選ぶことが多いものです。

買取の役立つ宝石の評価や正しい知識

色石の評価についての正しい知識があれば、欲しいジュエリーの販売価格がはたして適正価格であるか分かります。

宝石の評価や正しい知識がないと、「ジュエリーは高いモノだから」と、安易な気持ちで購入してしまいます。

そんな固定概念を捨てないと、実は法外な価格で購入してしまった、という事だけは避けたいものです。

宝石の価値やそれに伴う価格が見分ければ、100万円のジュエリーが80%OFFで、20万円などは嘘だと分かります。

販売価格の100万円の価値や価格を冷静に判断できると、将来、買取してもらう時の買取価格の目安になるかも知れません。

 

カラーストーンの価格基準のキーワード

色石(カラーストーン)の価値基準のキーワードは「色」「内包物」「輝き」の3つです。

中でも色を優先して、最終的にはこの3点の総合で選ぶと間違いがありません。

色石をしっかりとした目で選ぶと、同じ予算でも、それだけ価値のあるモノを選ぶことが出来て将来に役立ちます。

将来、断捨離して買取店で買取してもらい、換金処分の時にも色石の価値がありますとそれだけ高価買取が期待できます。

 

色(Color)

買取に役立つ色石の「色」

断捨離した色石のそれぞれの宝石の「最高の色」に、より近いものほど買取の評価は高くなります。

しかし、色が濃いければ濃いほど良いという訳ではありません。

」は、基本的にはそのカラーストーンの「最高の色」とされる色に近づくほど評価や価値が高くなります。

それは単純に色石の色が濃ければ良いというのではなく、濃すぎて黒みを帯びたものは、色が薄すぎるものと同等の評価となります。

ですから、宝石の最高の色は色々な宝石専門店で、色石の価格と色を見比べて知識としてインプットすると目利きになるのでは。

そうすることで、宝石に付いている価格の信ぴょう性も理解できるようになります。

先程も書きましたが、100万円のワンプライスでお値引きのない宝石と、100万円が20万円で買えるものは明らかに違います。

100万円の色石が20万円で買えたら、もともと20万円と思ったほうが無難です。

宝石店が、手放したくないような色石の宝石こそ価値があるもので、値引きしてまで売ろうとは致しません。

そのような宝石こそ、将来、信用のおける宝石専門買取店で、高価買取が期待できます。

スポンサーリンク
 

 

内包物(inclusion)

内包物とは宝石内のインクルージョン

宝石のダイアモンドや、色石の内部には、気泡などの異物(インクルージョン)の少ないものが価値があります。

しかし、宝石としての色石には内包物が全くないというものは皆無しに等しいものです。

内包物」とは、もう少し詳しくお話ししますと、宝石の内部に入り込んでいる、宝石の主成分とは異なるものを指します。

宝石の主成分と異なる物質には、異物、気泡などの事で、インクルージョンともいいます。

インクルージョンと買取の評価

内包物が多ければ、当然ですが宝石の美しさを損ねますので買取するときの評価も下がります。

ただ、自然の証である天然石に、内包物が全くないというのは皆無に等しいでしょうね。

内包物に関しましては、宝石の美しさを損なう致命的なものでなければ、あまり神経質になることもありません。

 

輝き(Brightness)

宝石の輝きは、テリともいいます!

宝石の輝きは、業界ではテリともいい、「この宝石はテリが良いです!」と表現します。

最高の色石のもつ独特の艶(つや)とテリがあり、透明感が感じられるほど買取での評価も高くなります。

ダイアモンドの場合は、カットが良いと良く輝きますし、色石の場合は何とも言えない高級感を漂い魅了します。

断捨離した時に、宝石の色石が「」「内包物」「輝き」の3点がどれも最高ランクであれば、買取で換金処分も期待できる価格です。

ただ、これらの最高ランクの色石であれば、当然値段も目が飛び出るほどになってしまいます。

あくまでも、色石を購入される場合には総合点で考えて見ませんか。

 

色石(カラーストーン)の判断基準のまとめ

色石の知識を得るためにはたくさんの宝石を見比べる!

同じ色石(カラーストーン)でも、先に述べましたように「色」「内包物」「輝き」はそれぞれ違います。

それが天然石の個性でもあり、同じものがないというのも魅力の一つかもしれません。

そのようなカラーストーンを評価する場合はどのようにすればよいのでしょうか?

断捨離した色石を高価買取してもらうには、評価基準を「」「内包物」「輝き」の総合点から調べます。

この3点から、「超特級品」「特級品」「Aクラス」「Bクラス」「Cクラス」とランク分けするのが賢い方法です。

それにはまずたくさんの宝石を見比べて、カラーストーンの知識を身に着けることです。

 

断捨離した宝石を買取に出すときに役立つ情報

生前整理・断捨離した宝石や貴金属の「買取」の月別まとめ

断捨離や生前整理をする前の宝石の意味や買取評価と美しさとは

貴金属の買取で買取業者に安く買いたたかれない方法とは

宝石買取で高価買取されるダイアモンド以外の宝石種類とは

あなたのご家庭に眠っている貴金属買取の安心業者はココです!

 

スポンサーリンク