宝石の珊瑚(さんご)は、コーラルといいます。

3月生まれの誕生石として古くから親しまれている宝石種類です。

珊瑚(さんご)は特に、女性にとても深い関りがある宝石でした。

そんな、凄い珊瑚(さんご)は、多くの女性に密かな人気がありました。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石 珊瑚(さんご)の意味とは

女性の幸福を守る宝石です。

宝石の珊瑚は、女性の幸福と幸運を守り、健康と出産をサポート効果のある宝石です。

古くからの和名は、「珊瑚(さんご)」で、英語ではコーラル(Coral)といいます。

女性の安産のお守りとして古くから親しまれている宝石で、「珊瑚(さんご)」= 「産後(さんご)」と呼び方は同じですから何かうなづける事もできます。

珊瑚(さんご)と言うと南海のサンゴ礁(石サンゴ)を思い浮かんできませんか?

実際には、宝石用のコーラル(珊瑚)は深水100メートルから1000メートルの海底で採取される貴重品です。

サンゴ虫が作る有機宝石で、日本の代表的な七宝(しっぽう)の一つに入ります。

以前は地中海や高知県沖でよく採取されましたが、最近はあまり採れなくなっています。

なお、宝飾品でみかける「黒サンゴ」は石サンゴの種類です。

 

宝石 珊瑚(さんご)の一口メモと歴史

色彩や形状で価値が大きく変化する宝石

美しい海で生息している珊瑚(さんご)ですが、1cmの成長に場所や水温により数年から数十年かかるとみ言われています。

主に色は白からピンク、赤などがあり、色や美しさにより、安価なものから非常に高価なものまでランクが大きく分かれます。

宝飾品では、血赤色の色むらの無い、大粒丸玉の珊瑚は高級品です。

珊瑚は、日本でも産出され、アクセサリーや宝飾品、装飾品などさまざまな用途に使われています。

宝石 珊瑚(さんご)の一口メモ

色:赤、ピンク、白、黒

産地:中国、日本、東シナ海、等

石の硬度:3.5~4.0

石のことば:沈着、勇敢、聡明

守護:未年(ひつじ:紅サンゴ)、申年(さる:白サンゴ)

成分:CaCO3+3%MgCO3

効果的な使用方法:ブレスレット、リング

誕生石:3月誕生石

結婚記念日:35年目の結婚記念日(サンゴ婚式)

3月誕生花:三色すみれ(花言葉:物思い)

 

宝石 珊瑚(さんご)のお願い事パワーストーン効果とは

子宝運のお守りに最適、最高のパワーストーン効果

珊瑚(さんご)は、古くから子宝運を授けるお守りとして多くの女性から大切にされてきました。

特に女性の幸せをつかさどるとされて、結婚、出産、家庭の繁栄などをサポートするといわれています。

出産運を高めたい時には、赤色の珊瑚が特にオススメです。

また、珊瑚は血のめぐりを良くするともいわれているので、貧血の方のお守りにも良いと思います。

女性のホルモンバランスに良い影響を与え、妊娠へと導くとされています。

身体を温めて、基礎体力を高める作用を期待できるパワーストーン効果があります。

繁殖と繁栄を象徴する珊瑚は、妊娠や出産を強力にサポートしてくれると思います。

 

宝石 珊瑚(さんご)で期待できる「パワーストーン10」の効果

宝石 珊瑚の凄いパワーストーン効果10選

繁殖と繁栄の象徴

幸せな結婚の実現

安産のお守り

妊娠や出産のサポート

女性性を高める

女性ホルモンのバランスを保つ

貧血の緩和

結婚、出産、家庭の繁栄

子宝運を授けるお守り

身体を温めて、基礎体力を高める

 

【お勧め】宝石 珊瑚(さんご)とお願いの効果を高める組み合わせ

コーラル(珊瑚)は、出産運を高めたい人には最適な宝石です。

女性特有の冷え性の改善作用や、ホルモンのバランスに良い効果と安産のお守りするパワーストーン効果もあります。

また、恋愛では良いご縁に繋がり、結婚、出産運の強いパワーストーン効果のある宝石です。

珊瑚を使った効果的な組み合わせをご紹介します。

天然石 サードオニキスとの相性石

サードオニキスは8月誕生石で、夫婦愛と夫婦間の「絆」を強く結びつける組み合わせです。

また、子宝運をサポートしてくれます。

宝石 ムーンストーンとの相性石

ムーンストーンは6月誕生石で、妊娠や出産、母乳の調子を整える効果があります。

珊瑚との組み合わせでは相性もよく、出産に関わることにパワーストーン効果を発揮します。

宝石 パール(真珠)の相性石

パールとの組み合わせは、古くから出産を守り、助ける効果があると信じられています。

安全な妊娠や出産へと導いてくれる組み合わせです。

天然石 ピンクアゲードとの相性石

ピンクアゲードとの相性は、親子間の愛情と心の「絆」を深める天然石といわれています。

妊娠後の胎教をサポートします。

 

スポンサーリンク