宝石種類で、一般的には、10月誕生石といえば、オパールが認識されています。

ところが、最近の人気はトルマリンですが、中でもパライバトルマリンが特に注目されています。

トルマリンは、種類も多く驚きのカラバリエーションが豊富な宝石です。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石 トルマリンの意味や宝石言葉

宝石のトルマリンは10月誕生石です!

宝石の中でいちばん色の種類(カラーバリエーション)が豊富な石は、トルマリンではないでしょうか。

トルマリン(Tourmaline)の和名は「電気石(でんきいし)」とよばれています。

宝石言葉は、希望、安泰、忍耐、招福

トルマリンは、個性豊かで多彩な表情を見せ、七色の美しいカラーバリエーションがラインナップして見る人を飽きさせることのないパワーを秘めた宝石種類です。

トルマリンには、あたかも虹のような7色(赤・オレンジ・黄・青・緑・藍・紫)の色彩があるのも不思議です。

それは、トルマリンに入り込んだ内包物で色の変化がでるとは自然界の不思議ではないでしょうか。

同じトルマリンでも、なぜこのような石の色の変化があるのか調べますと、自然界の不思議が見えてきました。

宝石 トルマリンの色変わりの不思議な現象

マンガンが含まれると、「ピンク」から「赤色」

鉄とチタンが含まれると、「黄色」

酸化クロムが含まれると、「緑色」

二化鉄や酸化鉄が含まれると、「青色」

色のバリエーションが豊富なのは自然界のいたずらか、天の気まぐれなのかとても不思議に思います。

上記のような内包物に、他の物質が加わる事でトルマリンが色の変化をするのには想像がつきません。

この鉱物内の気まぐれの内包物で、カラーバリエーションが豊富で、ユニークなトルマリンが誕生しました。

 

宝石 トルマリンの種類

トルマリンには、一つの結晶に2色以上のカラーが現れる「バイカラートルマリン」。

中心部が赤くてその周りが緑色で囲んでいることから、果物のスイカに例えて「ウオーターメロントルマリン」。

これらのトルマリンの種類などは、稀少価値の高い宝石として人気があります。

また、トルマリンには下記の種類もあります。

トルマリンの種類

グリーントルマリン(緑系):森林を思わせる深い緑色5月誕生石のエメラルドに似た緑。

パライバトルマリン(青系):ビビットな蛍光ブルーで、希少性と高級品として人気が高い。

インディゴライトトルマリン(青系):インディゴブルーに近い、深い青みが魅了的な石。

ルベライト(赤系):ルビーの赤に似たピンク系で、ブラジルが主な産地。

イエロートルマリン(黄色系):産出量も多く、最近人気が出てきました。

ブラウントルマリン(茶色系):産出量も多く、希少性もないので評価は低め。

宝石 トルマリンの鉱物学「一口メモ」

色:無色、紫、青、緑、黄、褐色、赤、ピンク、黒

産地:ブラジル、アメリカ、タンザニア、スリランカ等

石の硬度:7.0~7.5

石のことば:希望、安泰、忍耐、招福

守護:てんびん座

結晶系:六方晶系

成分:XY9B3Si6O27

比重:3.06

効果的な使用方法:ブレスレット、リング、原石

誕生石:10月の誕生石

結婚記念日:11年目の結婚記念日(鋼鉄婚式)

誕生花:ヘリオトロープ(花言葉:献身、誠実)

スポンサーリンク
 

 

宝石 トルマリンの主な産出地

トルマリンの中でも別格は「パライバトルマリン」

ブラジル(リオグランデノルデ州、パライバ州、パイア州、ミナス・ジェライス州)

アフリカ大陸(ウガンダ、ケニア、タンザニア、モザンピーク、ナイジェリア、コンゴ、ナミビア)

他には、スリランカ、アフガニスタン等です。

宝石 トルマリンの関連記事

宝石 パライバトルマリンの意味や人気の秘密や購入ポイントとは

断捨離した宝石 パライバトルマリンの意味や 上手な買取の活用法

天然石 グリーントルマリンの意味と石言葉や愛のパワーストーン効果

宝石 トルマリンの意味や「電磁波防止」のパワーストーン効果

ふたご座の守護石 ブルートルマリンの意味やパワーストーン効果とは

 

宝石 トルマリン」の歴史

トルマリンの和名は「電気石」

宝石 トルマリンの和名は「電気石」といい、宝石の名前からなぜこのような呼び方をされるか意味があります。

古くから日本人が、トルマリンに熱を加えると石が興味深い現象が発生することを把握していたみたいです。

それは、この石に熱を加えると電気を帯びて、磁石のように大気中のチリなどを集めてしまうパワーがあるということでした。

その電気発生のパワーストーン効果を利用して、電気製品や健康用品に盛んに利用や応用されています。

トルマリンを身に着けると、携帯電話や家電製品から出る電磁波の予防のための製品も多く開発されました。

なを、トルマリンの帯電時間は数時間から数十時間にも及び、本物と偽物の鑑別ポイントになります。

 

宝石 トルマリンの購入時ポイント

トルマリンの良い石とは

宝石のトルマリンを選ぶときには、暗い色は避けて、明るく濃い色が最高に素敵です。

トルマリンは濃い色や、カラーバリエーションがとても豊富な宝石の種類があります。

しかし、トルマリンを選ぶ際には、濃い色なら良いという訳でもなくて、石の明るさ、あざやかさが大事なポイントです。

トルマリンは、ともすれば暗い色になりやすいために、テリが良く明るいものを選ぶことです。

良く間違えられるのは、石の薄い色と明るい色は違います。

石の色が濃くて明るい、食べたくなるようなキャンディーのような色のものがベストです。

トルマリンは、石のカットに注意が必要で、石のカットで、美しさが大きく変化します。

トルマリンは、明るく色のあざやかなもので、インクルージョンが少ないものを選ぶのが大事です。

トルマリンの色は多彩ですから、自分好みの石を選ぶと長く付き合えます。

 

宝石 トルマリンのまとめ

豊富な色のバリエーションを持ち合わせています!

トルマリンは、ルビーやサファイア、ガーネットと並んで、豊富な色のバリエーションを持ち合わせています。

下記にトルマリンの種類を表にまとめてみました。

トルマリンは色によって人気が大きく変わり価格差も出る宝石です。

トルマリンのグループの中でもひときわ目立つのは「パライバトルマリン」で、人気も評価もずばぬけています。

青いトルマリン「インディゴライト」は、深いインディゴブルーの輝きが美しく人気があります。

最近人気急上昇のピンクでは、濃いピンクの「ルベライト」、淡いピンクの「ピンクトルマリン」があります。

グリーンのトルマリン「グリーントルマリン」は広く知られている石で、濃くても暗くないグリーン色でカットの良い石はとてもテリがありキレイです。

レモンイエローのあざやかなトルマリンも最近人気があり、しかし、褐色の強いものはお薦めできません。

紫色のトルマリンはめったに市場では見かけませんが、あれば儲けものです。

また、変わり種のトルマリンには石の真ん中に、一条の光の帯が浮かび上がる猫目効果の「トルマリンキャッツアイ」も各色あります。

 

スポンサーリンク