宝石のアメシスト。

2月誕生石のアメシストは、皆さん良くご存知の紫色の宝石です。

ジュエリーショップや、占いの本でも「アメジスト」と表記しています。

また、宝石の専門書では「アメシスト」と書いてありました。

呼び名ですが、「アメスト」なのか「アメスト」なのか気になります。

どちらが正しい呼び方なのかを調べてみると、答えが見つかりました。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石 アメシストの意味とは

アメシストは、ストレスを解消したい時の最適な宝石

宝石のアメシスト(Amethyst)は、強力なヒーリング力とパワーを持ち、心身を深く癒してくれる宝石です。

冒頭に書いてみましたが、アメシストの呼び方ですが、「アメシスト」、「アメジスト」で「」と「」ですが、どちらが正しい呼び方でしょうか?

実は、一般社団法人・宝石鑑別団体協議会(A.G.L)の「色石に関する定義及び命名法」で解説しています。

[宝石名]グリーンド・アメシスト
公式では「アメシスト」いう呼び名で定義されています。

しかし、「アメジスト」という呼び名が消費者に浸透していて、ジュエリーショップでは「アメシスト」や「アメジスト」と表記しています。

これらが乱立しているので、さらに消費者が迷っていまったと考えられますが、これは単なる言い間違いの名残りという説もあります。

「Amethyst」と英語表記しますので、日本語に書きますと「アメシスト」か「アメジスト」か迷うのも分かるような気がします。

正式名の呼び名は「アメシスト」なんです。

 

宝石 アメシストの石言葉と歴史

誠実で高貴、知性あふれる宝石

宝石のアメシストは透明な水晶で、紫色をしたものをこのように呼んでいます。

古くから宗教儀式などでも多く使用されてきた、非常にポピュラーな宝石です。

しかし、産地によって色や原石の形状が異なるので、多様性があり、とても老若男女問わずに人気の高い宝石です。

濃淡の色調を持つ宝石で、色が濃く、赤紫で色むらやインクルージョン(内包物)やキズのない石が最高品です。

宝石 アメシストの一口メモ

誕生石:2月誕生石

色:紫、薄紫

産地:ブラジル、南アフリカ、マダカスカル等

石の硬度:7.0

石のことば:平安、誠実、理想

守護:みずがめ座、土曜生まれ

愛:九紫火星

結晶系:六方晶系

成分:SiO2

効果的な使用方法:ネックレス、ブレスレット、リング

結婚記念日:17年目の結婚記念日(アメシスト婚)

誕生花:桜草(若い時代)

 

宝石 アメシストのお願い事パワー効果とは

アメシストは、ヒーリングのパワーストーン効果でストレス解消

宝石のアメシストは、強いヒーリングパワーと癒しの力を持つ宝石として有名で、心の聖域を守り、邪悪なもの遠ざけるともいわれて古くから信じられてきました。

さらには、神経をリラックスさせる作用もあり、緊張や不安がある時に、癒し効果を発揮します

不安やストレスを感じる時には、あなたの身近に置くことで良い結果を得る事ができます。

アメシストは「安定」のエネルギーが強力で、精神の乱れを安定させ、日々の疲れを感じる人にもオススメです。

また、健康面では腸を整え、頭痛を和らげることによって、安眠を促すとされ人気の高い宝石でもあります。

スポンサーリンク
 

 

宝石 アメシストで期待できる「パワーストーン10」の効果

真実の愛」を守り、「健康長寿」も可能にする高貴な輝きを放つ、2月誕生石です。

さらに、上手く利用すれば、こんな凄いパワーストーン効果も発揮できます。

宝石 アメシストの凄いパワーストーン効果10選

①人との調和

②癒しと安らぎに導く

③ヒーリング

④精神性を高める

⑤心の聖域を守る

⑥精神の安定

⑦問題解決を助ける

⑧心身のリラックス作用

⑨知性と洞察力を高める

⑩健康長寿が可能となる

 

【お勧め】宝石 アメシストとお願いの効果を高める組み合わせ

宝石のアメシストを使った効果的な組み合わせをご紹介します。

アメシストだけでもパワーストーン効果がありますが、下記との組み合わせで効果が増大いたします。

天然石 スギライトとの相性石

強いショックを受けた時の緩和効果があります。

また、強いストレス状態にある時に強力な癒し作用を発揮する組み合わせです。

天然石 アベンチュリンとの相性石

天然石のアベンチュリンは、不安感を取り除いて、リラックスした安心感を与えてくれます。

また、強力な電磁波から心身を守ってくれる効果があります。

天然石 アマゾナイトの相性石

ストレスから来る、イライラを鎮める作用があります。

特に電磁波の影響によるストレス緩和に効果的です。

天然石 チャロアイトとの相性石

萎縮した心身を緩和してくれる効果があります。

恐れや不安などで神経過敏になった神経を鎮めます。

 

スポンサーリンク