宝石が大好きな人は多いです。

宝石の種類には色々とありますが、ランキングの高いものが気になります。

 

ダイアモンドは、宝石の「王様」ですから「1位」なの?

それとも、コランダムのルビー、サファイアなの?

 

また、宝石と呼ぶには「宝石の条件」があるんです。

あなたの宝石のランキングはどのような順位でしょうか?

 

スポンサーリンク

宝石の価値でランキングの1位はなに?

宝石の価値とランキング

宝石と呼ばれるものは、鉱物である天然石の4000から5000種類もあると言われる中の僅か数パーセントです。

一般的に宝石店で並んでいる、30から40種類ぐらいで宝石の名前が良くわかる宝石種類が価値があります。

思い浮かぶ宝石と言えば、「ダイアモンド」「ルビー」「サファイア」「エメラルド」などではないでしょうか?

 

これらは、「四大宝石」と呼ばれてとても価値の高い高級宝石ですが、石の大きさや品質で価値も大きく左右します。

鉱物ではない、パール(真珠)も「有機質宝石」と呼ばれていて宝石の仲間です。

宝石には、貴石半貴石というグループ分けをしています。

 

貴石の代表では、「4月誕生石のダイアモンド」・「7月の誕生石のルビー」・「9月誕生石のサファイア」・「5月誕生石のエメラルド」があげられます

 

他に価値のある宝石では、「アレキサンドライト」「キャッツアイ」「翡翠(ひすい)」「パール(真珠)」などがあります。

それ以外の鉱物はすべて半貴石ということになります。

これらの中で価値が高いランキングは、宝石の中でカラーストーンは「宝石の条件」を満たしている場合です。

 

私は、宝石の価値のランキングは「ダイアモンド」⇒「ルビー・サファイア(コランダム)」⇒「エメラルド」⇒「アレキサンドライト」と、個人的には思います。

 

ただ、正確には半貴石の中には例外的にダイアモンドよりも高価なものもあり、一般的にはこの順番だと思います。

 

【NO.1】 ダイアモンド


 

▶  宝石 ダイアモンドの意味や「8つの愛される人気」の理由とは

▶  宝石 ダイアモンドの「4C」の意味や賢い購入方法の決め手とは

 

【NO.2】ルビー


 

▶  宝石種類で宝石 ルビーの意味と医師もすすめるパワーストーンの効果

▶  7月誕生石 ルビーの意味やワンポイント情報

 

【NO.2】サファイア


 

▶  宝石 ブルーサファイアの意味や医師もすすめるパワーストーン効果

▶  【宝石種類】9月誕生石 サファイアの意味と人気の秘密とは

 

【NO.3】エメラルド

 

▶  宝石種類で宝石のエメラルドは医師もすすめるパワーストーン

▶  宝石 5月誕生石 エメラルドの意味や気になる情報とは

 

【NO.4】アレキサンドライト


 

▶  宝石種類で宝石のアレキサンドライトは医師もすすめるパワーストーン

▶  宝石 6月誕生石 アレキサンドライトの意味や色変わりの不思議の謎とは

 

スポンサーリンク

 

宝石の価値の中の「宝石の条件」とは何なんでしょうか?

宝石は魅力的で、しかも高価なものです。

真珠や琥珀などの一部の有機質宝石を除けば、宝石の殆どは無機質な生命のない天然の鉱物の「石」です。

 

では人々から愛される宝石は、何が他の鉱物と違うのでしょうか?

 

宝石と呼ばれるには「宝石の条件」があり、宝石の第一条件は「美しさ」「耐久性」「希少性」「携帯性」が重要です。
 

宝石と呼ばれる基本的な4つの条件と意味はご存知ですか?

 

美しさ

宝石の第一の条件は、何と言っても宝石としての美しさです。

ダイアモンドはその限りない存在感や、透明感や輝き、煌きではないでしょうか。

 

またルビーや、サファイア、エメラルドをはじめとする色石(カラーストーン)は、透明感と色そのものの美しさが大事です。

 

天然石の中でも「色」・「透明感」・「光沢」・「輝き」などの点で、ずば抜けた段違いの美しいものしか宝石と呼べる資格がありません。

 

スポンサーリンク

 

耐久性

宝石の条件には、「耐久性」を求められます。

長時間経っても壊れたり、変形や変色したりしない、固くて丈夫な事が大事です。

高額なお金を出して、ある日突然と色変わりしていますとガッカリしますので、美しさが永遠ではないと宝石ではありません。

 

希少性

どれだけ美しくて耐久性のある石であっても、産出量が多くて市場に氾濫するほど流通していれば魅力がありません。

供給量が多ければ人々は、「どうしても手に入れたい!」という気持ちになれず、興味も薄れます。

 

例えば、人は限定とか、これで終わりと言うものに興味があります。

もし、「世界中でも非常に限られた場所でしか産出されない」とか「産出量が限定されていて少ない」とか、

なかなか手に入らないもの」など言われると欲しくなりませんか?

 

このように、珍しいからこそ「宝の石」=「宝石」と呼ばれるのではないでしょうか。

 

携帯性

宝石は小さくても高額なものが多く存在します。

極端な事を言えば、数百万でも数億円でも持ち運ぶことが可能で、小さくても価値があるから宝石なんです。

ネックレスでも数十億円の宝石はいくらでもあり、身に着けることもバックに簡単に収納できます。

身に着ける大きさで財産性や資産性が高い、持ち運びしやすいのも宝石の条件ではないのでしょうか。

 

▶  宝石と呼ばれる基本的な4つの条件と意味はご存知ですか?

▶  カラーストーンの意味や宝石やジュエリーをお得に買う方法とは

宝石のカラットの意味は重さなの大きさなのどちらが本当なの?

 

天然石・パワーストーンランキング
 

スポンサーリンク