ベリルという宝石は何ですか?

このように多くの人は理解されることのない宝石だと思います。

しかし、5月誕生石のエメラルドや、3月誕生石のアクアマリンは知る人も多いです。

これらを形成する鉱物がベリルで、色々な種類の宝石があります。

今回、簡単にベリルの姉妹石を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

ベリルという宝石の意味

ベリルの意味

ベリルとは、5月誕生石のエメラルドや、3月誕生石のアクアマリンを代表とする鉱物種類です。

ベリルを母親としますと、そこには多くの姉妹がいて、容姿も様々で性格も違うのは人間と同じような不思議な感じです。

古くから鉱物として使われてきたベリルは、透明度も高く、宝石としてはとても重要で貴重なものとして取り扱いされています。

ベリルは和名を「緑柱石(りょくちゅうせき)」と言い、色目が良く、透明で美しい石はカットされて宝石になります。

緑柱石(英:beryl)は、ベリリュウムを含む六角柱状の鉱物で、金属元素の名前は、この中から発見されたことに由来します。

ベリルの名前の由来は、ギリシャ語の「緑色の石」を指す「ベリロス(Beryllos)」から来ていると言われています。

■ ベリル(緑柱石)の鉱物学DATA

■ 色:淡緑色、青色、鮮緑色、黄色、ピンク色、赤色など

■ 英名:beryl

■ 和名:緑柱石

■ 分類:珪酸塩鉱物

■ 成分:Be3Al2Si6O18

■ 結晶系:六方晶系

■ 劈開性:なし

■ 硬度:7.5

■ 光沢:ガラス光沢

■ 比重:2.7

 

ベリル宝石の種類と姉妹石

ベリル宝石の種類

ベリルは、色の種類により宝石名が変わる下記のような宝石種類の鉱物です。

■ 緑色のベリル:エメラルド(別名をグリーンベリル)

■ 青色のベリル:アクアマリン(別名をブルーベリル)

■ 黄色のベリル:ヘリオロード(別名をイエローベリル)

■ ピンク色のぺリル:モルガナイト(別名をピンクベリル)

■ 赤色のベリル:レッドベリル

■ 無色透明のベリル:ゴーシェナイト

ベリルの場合は主な色は7色あり、色により宝石名を特定できます。

例えば、7月誕生石のルビーや9月誕生石のサファイアもコランダムと言う鉱物の姉妹石です。

ただ、コランダムの場合は赤色を「ルビー」と言い、それ以外の色を「サファイア」としています。

このようにサファイアには色々な色が存在しますが、基本的に緑色以外のエメラルドや青色以外のアクアマリンは存在しません。

希少石を意識して、レッドベリルを「レッドエメラルド」と表記しているのを見かけますが、これはコマーシャルネイムです。

商用目的でつけられた石名ですから、宝石業界で通用する正式な宝石名ではないと思います。

スポンサーリンク
 

ベリルの宝石としての価値

ベリルの種類で、同じグレードと仮定した場合にベリルの中で一番の高値で取引される宝石は、何でしょう?

多くは、5月誕生石のエメラルドと答えると思われますが、実は「レッドベリル」です。

レッドベリルは産出量が少なく希少で、産地もとても少なく、上質な宝石であれば、同じカラットの4月誕生石のダイアモンド以上で取引されます。

ベリルの姉妹石で、3月誕生石のアクアマリンは比較的にお手頃なジュエリーとして人気があります。

また、ヘリオドールやモルガナイトはジュエリーとしては勿論ですが、パワーストーンなどでも人気で愛される宝石です。

ベリルの価値は、多くの宝石と同じで、色鮮やかで透明度が高く、しかもインクルージョン(内包物)が目立たない石が価値があります。

輝きを増すファセットカットの研磨技術がそこに加わりますと、人々を魅了する宝石に生まれます。

中には、キャッツアイのように猫の目のような光の筋が浮かぶ効果(シャトヤンシー:キャッツアイ効果)が見られるベリルもあります。

原石でこのような効果が期待できる石はカボッションカットに研磨され、希少価値があります。

 

ベリル宝石の代表的な「姉妹石」

ベリルには、人気の宝石が多くあります。

高貴な緑色が代表的な、5月誕生石の「エメラルド」、澄んだ青色が特徴の3月誕生石の「アクアマリン」。

また、澄んだピンク色の「モルガナイト」、黄色を帯びた緑色の「ヘリオロード」などが代表的な宝石ではないでしょうか。

これらの色々な宝石は、すべて「ベリル(緑柱石)」という鉱物の仲間で「姉妹石」となります。

ベリルのブレスレットは、自分の魅力をアップして、周りにも好影響を与えると人気があります。

エメラルド

エメラルドは、5月誕生石としてとても人気のある宝石です。

緑色が代表的なエメラルドですが、成分中の微量な酸化クロムが独特の新緑色を出しています。

ただ、エメラルドには必ずと言って良いほどインクルージョン(内包物)やひび割れがあり、それがまた天然石の証でもあります。

特に、インクルージョン(内包物)で産地が分かるとも言われる宝石です。

エメラルドの価値は、インクルージョン(内包物)が目立たない程度で、しかも透明度が高く、テリのよい、やや青味がかった緑色が良い石とされます。

■ 関連記事

エメラルドと幸せな結婚をしたい時の相性の良い石とは

宝石種類で宝石のエメラルドは医師もすすめるパワーストーン

宝石 5月誕生石 エメラルドの意味や気になる情報とは

アクアマリン

アクアマリンは、3月誕生石として澄んだブルーが人気の宝石です。

アクアは澄んだ南洋の海水を、マリーンは海を意味するように、海の水を思わせる透明感のある淡青色の大粒な宝石が最高とされます。

宝石の分類ではベリルで、5月誕生石のエメラルドとは姉妹石になります。

つまり、緑色が「エメラルド」、ピンク色は「モルガナイト」、黄色は「ヘリオドール」になります。

ベリルの中で、淡青から青色までが「アクアマリン」と位置付けられています。

■ 関連記事

宝石種類で宝石のアクアマリンは医師がすすめるパワーストーン

宝石 アクアマリンの意味や3月誕生石のパワーストーン効果とは

宝石 3月誕生石 アクアマリンの意味と断捨離や買取の試算方法

モルガナイト

ベリルの中で、ピンク色の美しい透明感のある宝石がモルガナイトです。

パワーストーンとして、ベリル系の宝石は人気も高く、5月誕生石のエメラルドや3月誕生石のアクアマリンは姉妹石です。

ピンク色のベリルがモルガナイトと呼ばれていますが、中にはピンクエメラルドと呼ぶ人もいます。

実際には、ピンクエメラルドではなく「ピンクベリル」が正式な、モルガナイトの別名となります。

■ 関連記事

【宝石種類】モルガナイトの医師もすすめるパワーストーン効果とは

パワーストーンの相性で、モルガナイトと効果を高める宝石種類

宝石 モルガナイトの意味や和名とパワーストーン効果とは

ヘリオドール

ベリルの中でも、黄色が美しい天然石が「ヘリオドール」です。

ヘリオドールは、古代エジプトやギリシャで「神からの贈り物」として大事に崇められたそうです。

その意味合いからも、パワーストーンとしてとても人気があります。

ヘリオドールのパワーストーン効果としては、希望のエネルギーを象徴する、非常にパワフルでエネルギーが満載された石です。

脳内の感覚や刺激を拡大して、元気で健康で生きることに対する喜びや楽しみを膨らませる力を持つと言われています。

■ ヘリオドールのパワストーン効果

■ 目標に対する希望のエネルギーを象徴します

■ コミュニケーション能力をアップ

■ 幸福や知性、感性を表す

スポンサーリンク