天然石を使って、パワーストーンのブレスレットを作ってみませんか?

作る前には、自分の好みに作るのは勿論ですがパワーストーン効果も大事です。

アクセサリーとして作るのなら問題ありません。

パワーストーンのブレスレットを作るのでしたら石選びが重要です。

「恋愛」・「金運」・「仕事運」・「人間関係」など、

パワーストーン効果を期待して作る場合には、石を間違えずに選びましょう。

コツさえつかめば、ブレスレットの作り方は初心者でも簡単に出来ます。

 

スポンサーリンク
 

パワーストーンの手作りブレスレット

ショッピングモールや、天然石専門店ではパワーストーンのコーナーは人気があります。

最近では、購入するのではなくパワーストーンを使って自分だけのオリジナルブレスレットを作る人が増えています。

でも・・・初心者には作るのは難しいのでは?

コツさえつかんでしまえば、とても簡単に初心者でもブレスレットを作ることは出来るんです。

自分で石選びから行うので、それは、それは出来上がった時の嬉しさは大きく、思い入れや愛着も湧いてきます。

そうして作るブレスレットですから、作り手の「お願い事」が叶わない訳がありません。

何よりも世界でただ一つのブレスレットとして、きっと貴方の力となってくれると思います。

パワーストーンでオリジナルブレスレットを作りましょう!

今は、パワーストーンを身に着けている人が男女ともに多く見かけるようになりました。

ただ単に「お願い事を叶えてくれるお守り」としてではなく、オシャレのアイテムとして身に着けている人も多いです。

ですから、パワーストーンのブレスレットを着けている人がすべてお願い事がある訳でもありません。

でも、折角、ご自分でブレスレットを作るのであれば、お願い事を込めたパワーストーンのブレスレットを作れば「一石二鳥」です。

最近では、お願い事を叶えるために、気持ちを込めて自分だけのオリジナルブレスレットを楽しみながら作る人も増えてきています。

ご自分で作るブレスレットは、思い入れも大きく、石への思いも強まり、石とあなたとの関係がより密接となるでしょう。

石を使って作るアクサセリーのキットも色々な所で買えるのも嬉しいですし、使いたい石さえ選べば、オリジナルアクサセリーを作ってくれるお店もあります。

初心者がパワーストーンを選んで作るアクセサリーのおススメなのは、やはり「ブレスレット」です。

ゴムやシリコン、紐などに石やチャームを通すだけで手軽に出来るので、手作りアクセサリーの定番になっています。

 

ブレスレットを作るには石選びが大事です!

あなたの「お願い事」はなんですか?

アクセサリーとしてブレスレットを作るのであれば、ご自分の好きな石を選べば宜しいです。

しかし、何か「お願い事」を叶えるためにパワーストーンのブレスレットを作るためには石選びが重要となります。

「恋愛」・「仕事」・「勉強」・「才能」・「金運」・「人間関係」・「浄化」・「癒し」・「健康」・「保護」など色々あります。

これらのお願い事にパワーストーン効果のあるブレスレットを作るには的確な石選びと、相性の良い石を選べば完璧なブレスレットが出来上がります。

それぞれのお願い事に良いパワーストーンや相性石は、サイト内をご覧ください。

サイトの右上の「調べたい項目を入れてクリック!(検索虫メガネ)」からご希望のタイトルを記入してお調べすると出てきます。

■ 関連記事

恋愛のパワーストーンで最強なのはこの4種類の宝石なんです!

パワーストーンで一番人気のある石は何でしょうか?

パワーストーンで健康に良い効果のブレスレットはどのような宝石なの?

パワーストーンで運気アップしたり金運アップしたり宝くじに当選したい?

パワーストーンで邪気払いに効果のある宝石で最強なのはコレ!

 

ブレスレットの作り方

用意するものとは?

ご自分だけのオリジナルブレスレットを作るには、用意するものがあります。

お願い事叶えるための「基本の石」とパワーストーン効果を高めてくれる相性の良い石(基本の石だけでもOK!)

■ 天然石(お願い事を叶えたい目的)のビーズ

■ ブレスレット用のゴム(80~100センチぐらい)

■ 手首を測るメジャー

■ ゴム通し用のワイヤー(10センチ程度)

■ ハサミ

作り方

① 最初にメジャーでご自分の手首のサイズを測ります。

★手首のサイズよりも1.0~1.5センチほど長いサイズが理想的なブレスレットの長さになります。

② ゴムの両端を合わせて二重にして、真ん中の位置にワイヤーをかませて入れ込みます。

③ ワイヤーを使って、天然石のビーズの穴に通します。

④ ビーズをすべて通したらゴムを結び、余った部分をハサミで揃えて切り落とします。

★ファッションブレスレットの場合は、ビーズの間に色々なチャーム(星・クロスなど)も入れてもオシャレな感じに出来上がります。

■YouTube PARTSCLUBチャンネルから転用(チャンネル登録者数 2.41万)

 

ブレスレットを作る時のコツ

ブレスレットに使う石はどうやって選ぶ?

ファッションで作るのでしたら、貴方だけの世界に一つだけのオリジナルブレスレットですから単純な好きな色など、あなたのお好みで選んでOKです。

お願い事を叶える目的でしたら、願いや悩み事に適したエネルギーを持つパワーストーンのブレスレットをお作り下さい。

あなたや、プレゼントしたい人の「誕生石」・「星座石」・「お願いを叶える石」などからお選び頂くと出来上がりも楽しくなります。

折角なので、初心者の方は慣れる意味でも色々な方法を試してみて、石選びから楽しむ事をおススメします。

慣れますと、ブレスレットのゴムの強い、弱いの調整や、石の大きさのバランス、色の配列が分かりますので作り変えすれば良いだけです。

スポンサーリンク
 

作る時の注意点

基本的には、パワーストーンのブレスレットを作る場合にはお願い事の「目的」に合った石選びが大切です。

やはり石同士の相性などは事前に調べておくと、作った後から作り変えしなければなりませんので面倒ですから事前チェックをおススメします。

また、ブレスレットなど石が連なるタイプのアクセサリーの場合には、あまり石と石の間に異物を挟まないほうが無難です。

石同士のパワーストーンのエネルギーの流れが悪くなるので、効果が薄れて本来のパワストーン効果の力が発揮しにくくなります。

いくつかの種類の石を使いブレスレットを作る場合には、隣り合わせの石の硬度も考えた方が良いかと思います。

ただ、素材をシルバーやゴールドなどでブレスレットを作る場合には、パワーストーンとしての影響は殆どありません。

アクセントとしていくつかのチャームを入れて作るのもとてもオシャレです。

出来上がったブレスレットの着け方とは?

あなたは、作ったブレスレットは常に身に着けないとパワーストーン効果がないと思っていませんか?

オリジナルブレスレットを作ったしばらくの間は、常に身に着けることをおススメしますが、入浴時は外して下さい。

パワーストーン効果を期待して作った、完成したばかりのアクセサリーやブレスレットはあなたの「思い」や「お願い事」が詰まっています。

そのため、あなたとブレスレットとの間にはとてもエネルギーラインが繋がりやすくなっています。

あなたのお願い事をしっかりと石とつなぐためにも、1週間程度は出来る限り身に着けて下さい。

以後は、TPOに合わせて使い分けしてもパワーストーン効果が薄れることがありません。

パワーストーン効果が薄れてきたと感じたら、「浄化」をする事でまた元通りに効果が現れてきます。

■ 関連記事

パワーストーン効果をあるようにするクラスターの上手な活用方法

天然石 パワーストーン効果を上げる浄化方法のおススメ8選とは

 

パワーストーンのブレスレットをプレゼントしても良いの?

あなたのお願い事のために、ご自分で作ったブレスレットを誰かにプレゼントするのは好ましくないです。

最初から、誰かにプレゼントする事を前提として作ったブレスレットであれば、プレゼントしても全く問題がありません。

ただし、プレゼントする前にはしっかりと浄化をしてからお渡しすると良いでしょうね。

本来は、ご自分の愛用のブレスレットは人にあげることをおススメしませんが、どうしても譲ってほしいという事もあります。

そんな場合は、相手にどのような「お願い事」で作ったかと言う訳をきちんと話して、浄化をしてからお譲りしましょう。

スポンサーリンク