テレビ朝日系列の「じゅん散歩」は私の好きな番組です。

高田純次さんのアノ独特のキャラクターは見ていて楽しくなります。

その番組の中で、大手老舗デパート「高島屋」さんのテレビショッピングの紹介でした。

なんと、pt0.4ctのダイアモンドペンダントネックレスが驚きの安い価格です。

そこで、気になり本当に安いのかを検証してみました!!

 

スポンサーリンク
 

 

「高島屋」pt0.4ctダイヤモンドペンダントネックレスは本当に安い?

画像:テレビ朝日通販ロッピング

pt0.4ctの一粒ダイヤモンドペンダントを驚きのお値段で!

老舗百貨店 高島屋が登場!店頭ではご購入いただけません!と表記してありました。

そこで、気になる価格ですが、pt900の枠に0.4カラットのダイアモンド、さらにpt850のネックレスが付いています。

なんと、「29,980円」で、税込みですから驚き価格です!

配送料が1,050円(税込)つきますが元値がお安いから仕方ないと思います。

このダイアモンドペンダントネックレスですが、電話注文先着200セット年内のお届けが終了でしたから書くことにしました。

新品で、プラチナ0.4tダイヤモンドペンダントネックレスの、この価格が本当にお安いのか検証してみます。

 

pt0.4ctダイヤモンドペンダント商品説明

画像:テレビ朝日通販ロッピング

「高島屋」さんのダイアモンドには、このような但し書きがありました。

一般敵に婚約指輪に使われている0.3ctより一回り大きい0.4のダイヤモンドを使用した憧れの一粒石ペンダントを特別価格にてご提供いたします。

0.5ctのダイヤを買い付けた時に、わずかに規格に満たない規格外の物を集めることで、0.4ctでも0.5ct並のボリューム感をお楽しみいただけます。

ペンダントトップはプラチナ900を使用。6本の小さ目な立て爪で止めているのでよりダイヤの輝きを際立てます。
 

高島屋 pt0.4ctダイヤモンドペンダント付属品

画像:テレビ朝日通販ロッピング

高島屋さんのロゴ入りジュエリーケース付属と、宝石鑑別書カード、高島屋の保証書付きでの販売です。

pt0.4ctダイヤモンドペンダントに使用しているネックレスはpt(プラチナ)で、純度は850のようです。

高島屋さんの商品説明では、チェーンもプラチナ850を使用しています。

スクリューチェーンは光の加減によってキラキラ光を反射させるので、ダイヤモンドの輝きと相まって襟元をお洒落に演出します。

シンプルなデザインは、シーズンやファッションを選ばないので、1つ持っているととても便利です。

高島屋のロゴ入りケースに入れてお届けいたします。

宝石鑑別書カード、高島屋の保証書付なので安心です。*天然ダイアモンドのため内包物等がございます。

このような商品内容です。

 

pt0.4ctダイヤモンドペンダントネックレス・スペック

画像:テレビ朝日通販ロッピング

高島屋 pt0.4ctダイアモンドペンダントネックレスのスペックは上記の通りです。

スポンサーリンク
 

 

高島屋 pt0.4ctダイアモンドペンダントネックレスまとめ

高島屋 pt0.4ctダイアモンドペンダントネックレスは本当に安いのか? を、解説してみたいと思います。

ペンダントトップ枠

トップ:プラチナ900、約0.15g、約7×5×3.5mm(トップの取外し不可)

こちらはペンダントトップですが、プラチナ900で、約0.15gがついています。

pt900の0.15gの地金価格は、新品枠代及び石留加工代で約13,000円前後位かかると思います。

換金処分時:「買取価格3,752(税込)時の評価」452円

ペンダントに使用ネックレス

チェーン:プラチナ850、約0.8g、長さ40cm(-3cmアジャスター付)、 引き輪式、スクリュータイプ、プラチナ850、約0.8g、長さ40cm 新品購入時約14,600円前後がかかると思われます。

換金処分時:「税込買取価格3,752(税込)時の評価」2.245円

高島屋 宝石鑑別書カード、保証書付とは

高島屋 宝石鑑別書カード、保証書付

通常0.20ct以上のダイアモンドには「鑑定書」をつけます。

鑑定書とは、ダイアモンドを4Cに照らし合わせて「カット(Cut)」「カラット(Carat)」「カラー(Color)」「クラリティ(Clarity)」で評価します。

カットは「プロポーション」、カラット「重さ」、カラー「色」、クラリティ「内包物の状態」を等級で鑑定書に記載します。

その事で、ダイヤモンドの評価と価値が決まり、価格も設定されます。

ただ、高島屋さんのこのクラスのダイアモンドには正直な事をいえば「鑑定書をつける石」ではありません。

なので、高島屋さんでは宝石鑑別書カードを付けていて、これには「天然ダイヤモンドである」という証明書で、合成石や偽物ではないということです。

本来の、ダイアモンドの4Cに分類した鑑定書は付いていませんので、鑑別書カードとしています。

ダイアモンドには4Cで分類した「鑑定書」で評価しますが、この商品は、カラットは0.4ctで分かります。

他のダイアモンド3Cは省略してあります。

残りの3Cは書くと夢が壊れますから、高島屋さんの「鑑別書カード」と「保証書」が付いています。

「保証書」とは、この品は「ダイアモンド0.4ct」に間違いないことを「高島屋が保証します」という安心感を与えるもので、ダイアモンドの評価とは違います。

 

高島屋 pt0.4ctダイアモンドペンダントネックレス総合評価

ダイヤモンド:1石、0.4ct(※天然ダイヤモンドのため内包物等がございます)

ダイヤモンドは「4C」に基づいて、品質と価格が決まります。

このダイアモンドで品質を要求するのは無理で、当然インクルージョン(内包物)やダイアモンド本来の美しい輝きを求める事は出来ないものと思います。

ダイヤモンドはある程度の大きさはありますが、本来のカットの良いキラキラと輝くダイヤモンドのイメージは少なくなります。

こちらのダイヤモンドは大きさが0.4ctで、29,980円(税込)ですから、資産価値というよりはアクセサリー感覚で楽しむ商品です。

このサイト内でも「ダイアモンド」の記事を書いていますので、宜しければ参考になさって下さい。

■ 宝石 ダイアモンドの「4C」の意味や賢い購入方法の決め手とは
https://wp.me/papWt0-cq

■ ダイアモンドの買取の評価は「カット」それとも「カラット」なの?
https://wp.me/papWt0-8G

■ 「ダイヤモンド」と「ダイアモンド」どちらの呼び方が正解なの?
https://wp.me/papWt0-b3

 

スポンサーリンク