あなたは、更年期障害ではないかと思ったことがありませんか?

更年期障害は、女性や男性でもなる可能性があり、ならない方法があります。

40代以降の更年期に起きる症状で、ほてりやめまい、気分の落ち込みが出ます。

職場の人間関係のストレスも起因になると言います。

今回、更年期障害にならない方法や、チェックする方法をお知らせします。

また、ストレス解消に役立つパワーストーンもご紹介いたします。

スポンサーリンク

更年期障害にならない方法とは?

更年期障害にならない方法はあるの?

更年期障害になりにくくするには、日常生活の見直しから始めるのが良いそうです。

バランスのいい食事を心がけて、ストレスのない生活習慣と、気分転換するなどの運動やウオーキングなども効果的と言います。

バランスよく食べるのが大切なのは、女性ホルモンが減ると骨の量も減少して、骨がもろくなる「骨粗しょう症」になりやすくなります。

骨粗しょう症の防止には、意識してカルシウムを多く摂るように心がけるのも若さを保つ秘訣になります。

ビタミンEも良く、血液循環を促して、ホルモンのバランスを整える働きがあります。

ホルモンのバランスを整えることや、ストレスを少なくすることで、更年期障害の予防にも役立つそうです。

【女性】更年期障害になりやすい人

女性で、更年期障害になりやすい人には特徴があります。

更年期障害になりやすい人は、神経質、完璧主義、まじめで頑張り屋さん、といった性格の人は更年期の症状を感じやすい傾向があると言われています。

この時期の女性は、仕事や子育ての両立、子供の巣立ち、親の介護などの環境での多くのストレスも存在します。

生活や仕事などのストレスが大きいと、更年期の症状が重くなることが知られているので、極力ストレスを感じない生活習慣を身に付けたいものです。

在宅介護でストレスを感じている人の参考になる関連記事

在宅介護を支えるサービスやストレスを解消するパワーストーンとは

 

【男性】更年期障害になりやすい人

男性の更年期障害になりやすい人や、年代は何歳からが多いのか気になります。

男性の更年期障害とは、加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の低下によって引き起こされる症状のようです。

医学上では、男性更年期障害のことを「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」と呼ばれます。

発症するのは女性と同じく40代後半頃からが多く、症状の多い年代は50~60代と言います。
 

男性の更年期障害になりやすい人は、男性ホルモンの減少が原因です。

男性ホルモンが減少すると、不安や心配事が多くなり、やる気、記憶力、性欲の低下が著しく感じるようになります。
 

また、筋力の衰え、骨も弱くなり骨折しやすくなり、原因としては、「ストレス」が一番大きく関わっている事が分っってきました。

特に男性の場合は、仕事上のストレスが原因で、更年期障害になる人も多いと言います。

職場でいじめや嫌がらせやパワーハラスメントに効くパワーストーン

 

スポンサーリンク

 

更年期障害の意味や症状

こんな症状が更年期障害の危険信号?

先日ですが、厚生労働省が更年期障害の実態調査をしたのをご存知でしたか?

症状は、動悸(どうき)や発汗、頭痛、疲れやすさ、意欲の低下など人により色々で多岐にわたります。

このように更年期障害の症状は、ほてりやめまい、気分がすぐれない、落ち込みやすいなど男女の40代以降の更年期に生じる症状が日常的に起こります。

これらの症状が日常生活や仕事に与える影響について、厚生労働省が2022年度から初の実態調査に乗り出すそうです。

更年期障害の影響で、症状が重く働けずに職場を解雇されたり、日常に影響も出る深刻な事例もあり、現状把握を進めて支援策を検討するようです。

更年期障害かどうか?チェックしてみませんか?

主な更年期症状

なぜか、顔がほてる

汗をかきやすい

手足や腰が冷える

動悸(どうき)や息切れをする

寝つきが悪くて、眠りが浅い

たえずイライラして、怒りやすい

くよくよしたり、憂鬱(ゆううつ)になる

頭痛、めまい、吐き気がある

疲れやすい

腰痛、肩こり、手足の痛みなどがある

 
いかがでしたか?

男女ともに、上記のような症状がある場合には、更年期障害の疑いがあります。

更年期は女性の場合には、閉経前後10年間を指すそうで、体内のホルモンの減少が主な要因で体調不良の症状が出ると言います。

男性にも更年期がありますが、ホルモンの低下が女性よりも穏やかなために、加齢に伴う症状や認識も薄くて気が付かない人もいるそうです。

日常生活や仕事に支障があるほど症状が重い場合は、「更年期障害」と呼んでいます。

 
また、労働基準法に定められている「生理休暇」のような制度は更年期症状にはなく、多くの女性から対応を求める声が出ているそうです。

労働組合「総合サポートユニオン」が、2021年度に実施した更年期症状の経験者への調査では285件の回答が寄せらました。

 
回答の中で、「症状のために仕事で悩みをかかえたり、職場トラブルや労働問題にあったりした」のは、37%にも上ったそうです。

更年期障害のような症状が出て会社を休んだ事がある人の内、不利益な扱いを受けたと答えたのは29%で、雇い止めにあった人もいたから酷いですね。

 

パワーストーンでストレスを癒す最強の組合わせの相性石とは

介護疲れでイライラしている感情を癒す効果やパワーストーンとは

 

更年期障害の治療法とは?

ご自分が更年期障害になったかのかな?と、思ったら早く治療する方がいいです。

何科で受診をすればいいのかですが、女性の場合は、「婦人科」「更年期外来」「女性外来」の受診です。

男性の更年期障害の治療の相談は、「泌尿器科系」「内科」で診療している人が多いそうです。

 
治療方法は、まず生活習慣の改善や心理療法を試みて、改善しなければ薬による療法とホルモン投与、漢方薬の服用があるそうです。

ストレスを強く感じたり、心配事や悩みが気になり、気分の落ち込みや不眠の症状が重い場合には、向精神薬も用いられると言います。

とにかく、ストレスの感じさせない生活習慣を心がけしましょう。

 

スポンサーリンク

 

更年期障害にならないためのストレス解消の方法

ストレス解消になる、パワーストーン効果

更年期障害とは、更年期症状がとても重い状態を指します。

ホルモンの低下に加えて加齢などの「身体的な因子」、職場の人間関係などの「社会的な因子」が複合的に関与して発症するようです。

 
日常生活や仕事上でのストレス解消には、世界三大ヒーリングストーンが有名です。

世界三大ヒーリングストーンとは、「ラリマー」・「スギライト」・「チャロアイト」が有名なパワーストーンになります。

ストレスを解消させる効果のあるパワーストーンの名前と種類とは

パワーストーンでストレスを癒す最強の組合わせの相性石とは

 

その他にも「ストレスを解消したい!」とお願いする時に身に付けるとパワーストーン効果があるのが「アメシスト」です。

2月誕生石として古くから日本人に親しまれている宝石ですが、和名は「紫水晶(むらさきすいしょう)」と呼んでいます。

強いヒーリングパワーと癒しの力を持つパワーストーンとしても知られています。

 
心の聖域を守り、身に着けることで自分に相応しくない邪悪なものなどを遠ざけてくれるパワーストーン効果があります。

神経をリラックスさせる効果が強く、不安やストレスを感じる時には、心の癒しや安定感を感じるでしょう。

パワーストーンの効果でアメジストはストレス解消に最強の宝石なの

 


天然石・パワーストーンランキング
 

スポンサーリンク