5月は新緑が目に眩しい、希望にあふれる月ではないでしょうか?

あなたは、5月誕生花の花の名前や、その花言葉の意味はごぞんじですか?

5月誕生花にはその花に由来する「花言葉」や、誕生花の占いも楽しいです。

5月誕生石には「エメラルド」・「ジェイド(翡翠・ヒスイ)」が人気の宝石です。

それぞれの宝石種類には、宝石を意味する宝石言葉や、日本語名(和名)もあります。

 

スポンサーリンク
 

5月誕生花の花言葉や意味

5月誕生花の花言葉や意味とは

5月誕生花は「カーネーション」になり、英名では「Carnation」、「ナデシコ科」に分類されます。

カーネーションの別名は「オランダせきちく」とも言い、366日の誕生花では「5月12日」に生まれた人の花になります。

赤いカーネーションの花言葉は、「母への愛」・「母への感謝の思い」などで、母の日には感謝の気持ちに沿えて贈る花の代表です。

ところで、カーネーションには「赤色」と「白色」では花の意味が違うのをご存知でしょうか?

母の日にカーネーションを贈る意味や赤色と白色の違いとは?

 

5月誕生花に関する意味や由来

5月誕生花のカーネーションの意味や由来

赤いカーネーションは、「母の日」のプレゼントとして愛されているお馴染みの花ではないでしょうか。

母の日は、1907年にウエストバーニア州(アメリカ合衆国)女性のアンナ・ジャービスととても関りのある意味があります。

アンナ・ジャービスが母親の追悼会で、感謝の言葉とカーネーションを捧げたのが最初だと言われています。

彼女はその後、母の日の創立に意欲を注いで熱心に提唱し続けてやがては多くの賛同者が現れたそうです。

1914年に、当時のウイルソン大統領によって5月の第二日曜日が正式な「母の日」と認定されました。

5月誕生花のカーネーションの「花占い」

カーネーションの花で、5月12日に生まれた人の、あなたの誕生花の花占いが気になりませんか?

「この日に生まれたあなたと、カーネーションの花との関係は?」

この日に生まれた人は、小さい頃には鍵っ子や、一人っ子、年の離れた末っ子など、大事に可愛がられて大きくなった人が多いです。

親から愛情をたくさん受けて育ちましたから、そのせいで明るくて、性格も穏やかな人も多いです。

動物や子供が大好きで、豊かな愛情を弱い人などにも注ぎますから、とても頼りにされます。

5月誕生花のカーネーションを贈る時のポイント

「母の日」を前面に出さずに、さりげなく「ありがとう!」と渡すと喜んでもらえます。

カーネーションの花束も良いですが、1本のカーネーションを透明なビニールで赤いリボンを結んだものも良いかも?

母の好きなスイーツなどを一緒に贈り、一緒に食べながらの会話も最高ではないでしょうか。

スポンサーリンク
 

 

5月誕生石の宝石種類や日本語名と意味

エメラルド

5月誕生石のエメラルドは、深い緑色が特徴で「幸福」のシンボルの人気の宝石です。

古代エジプト女王のクレオパトラが愛した宝石で、日本語名は「緑柱石(りょくちゅうせき)」・「翠玉(みどりたま)」と言います。

このようにエメラルドは、幾多の歴代の権力者が魅了して、パワーストーン効果を信じ、海よりも深いエメラルド・グリーンが特徴です。

新緑は目にもよく、心を安らかにしてくれる色でありなら、心を魅了させる緑色のアマラルドは、とても個性的な高級宝石に分類されます。

幾多の権力者がエメラルドに魅了され、クレオパトラをはじめ、アレキサンダー大王、ナポレオンなどがエメラルドを愛したと歴史にその名前があります。

鉱物学的には、3月誕生石の「アクアマリン」とは、姉妹石になります。

■ 関連情報

宝石 エメラルドとアクアマリンの意味や姉妹石の理由とは

緑色の宝石はエメラルですが石言葉や他の宝石種類はありますか?

エメラルドと幸せな結婚をしたい時の相性の良い石とは

宝石言葉は、「幸福」・「幸運」・「夫婦愛」・「清廉」

■ 結婚記念日と結婚記念石

5月誕生石のエメラルドは夫婦を祝福する「結婚記念石」では、「55年目の結婚記念石」になります。

55年目の結婚記念日の名前は「翠玉(みどりたま)婚式」と呼び、夫婦で迎えることが出来ると幸せな人生ではないでしょうか。

■ 関連情報

結婚記念日1年目から結婚20年目までの夫婦を祝福する結婚記念石

結婚記念日25年目の銀婚式の意味やお祝いの結婚記念石とは

結婚記念日23年から結婚記念日50年の夫婦を祝福する結婚記念石

 

ジェイド・翡翠(ヒスイ)

東洋の神秘的な宝石5月誕生石のジェイド、日本語名は「翡翠(ヒスイ)」になります。

日本では、古墳時代の遺跡から出土された「勾玉(まがたま)」画像には、ヒスイ製のネックレスがたくさんあります。

ヒスイには、硬玉(ジェイド・ジェダイト)と、軟玉(ネフライト)の種類があり、ジュエリーには硬玉の方が高価です。

日本で言われている本来の美しいヒスイは、ジェイドになります。

ヒスイは緑色が代表ですが、カラーバリエーションが豊富な宝石で、オレンジや黒もあります。

緑色の次に人気はラベンダーで、中でも「琅玕(ろうかん)」と呼ばれるヒスイが最高級品で、独特の半透明な美しい光沢が特徴です。

■ 関連情報

宝石 翡翠・ひすいは、空飛ぶ宝石と呼ばれる意味や理由とは

【宝石種類】ジェイド 宝石の意味と医師もすすめるパワー効果

宝石 5月誕生石 ヒスイ(翡翠)の意味や購入時の良い石の見分け方とは

宝石言葉は、「長寿」・「幸福」・「徳」・「健康」・「慈悲」

■ 結婚記念日と結婚記念石

5月誕生石のジェイド・翡翠(ひすい)は夫婦を祝福する「結婚記念石」では、「20年目の結婚記念石」になります。

結婚記念日で20年目の記念日の名前と結婚記念石の宝石の意味とは

 

スポンサーリンク