11月誕生花の花の種類や、花言葉はごぞんじでしょうか?

11月誕生石では黄色のシトリンと、トパーズが有名ですが、実は他にも宝石種類があります。

また、11月誕生花には意味や「花言葉」があり、性格判断もできます。

そして、11月誕生石にも意味や「宝石言葉」があります。

 

スポンサーリンク
 

11月誕生花の花言葉と意味

11月誕生花の花言葉と意味とは

11月誕生花は「菊(きく)」になり、英名では「Florist’s chrysanthemum」「キク科」に分類されます。

菊には別名もあり、「菊花節(きっかせつ)」とも言い、366日の誕生花では「9月9日」に生まれた人の花になります。

花言葉(全体の色)は、「高潔」の意味を持ち合わせています。

菊の花の色により花言葉があり、白い菊の花言葉は「清浄」、赤い菊の花言葉「愛情」です。

11月誕生花の意味

11月誕生花の菊は、古くから日本人に大変親しまれている花の種類ではないでしょうか。

菊が日本に伝わったのは平安時代か奈良時代と言われていて、天武14年(685年)にはすでに菊花の宴が開催されていたと記録があります。

重陽の節句(ちょうようのせっく)は9月9日(本来は旧暦)ですが、別名を「菊花節(きっかせつ)」と言います。

奈良時代や平安時代には菊を眺めて楽しむ「観菊の宴」が盛大に開かれて、菊を観ながら菊酒を飲む風習がありました。

菊と言えば仏花を思い出す人も多いですが、実は気品のある、みやびやかな宴が相応しい花なんです。

中国では数字の「九」を最高としますから、菊のことを「九花」と呼んで最高の花として愛しています。

菊の名前では、他には「隠子」・「隠君花」・「隠逸花」という別名も用いられていました。

誕生花占い

11月誕生花で、9月9日に生まれた人の誕生花は「菊」ですが、実は気になる花の意味もあります。

「この日に生まれたあなたと、菊との関係とは?」

9月9日に生まれた人は、きりりとした物腰が魅力的な性格で、意志がとても強く目標に向けて突き進むタイプです。

仕事やプライベートやどのようなグループ活動でも、自然にリーダーシップとなる中心的な存在を占める人になります。

兄貴気質や姉御肌タイプなので、年下の同性から頼りにされて、よく色々な相談事を持ちかけられるかもしれません。

誕生花を贈る時のポイント

菊はとても気品と品格のある花の種類ですから、きちんと贈りましょう。

数本を和紙で包んで、ワイヤー入りの赤いリボンを豪華に大降りに蝶結びが最適です。

スポンサーリンク
 

 

11月誕生石の宝石種類と意味

シトリン


11月誕生石のシトリンは、石の色の濃い薄いに関係なく、黄色透明の「水晶」です。

日本語名(和名)は、「黄水晶(きすいしょう)」で、色が黄色のレモン色なので、シトリンの名前は果実の名前から付いたと言います。

柑橘類(かんきつるい)のシトロン(クエン樹)の果実にとても似ていると言います。

また、フランス語で「Citron(レモン)」を語源にしているとも言い、透明感のある黄色は心を和ませてくれる宝石です。

シトリンは、トパーズの黄色とよく間違えられますが、実はトパーズとは全く別の宝石種類になります。

【金運】パワーストーン シトリンは収入アップしたい時のお守り石

【宝石種類】宝石 シトリンの意味と医師もすすめるパワー効果とは

宝石言葉は、「希望」・「潔白」・「生きる意欲」・「自信」

■ 結婚記念日と結婚記念石

シトリンは夫婦を祝福する「結婚記念石」では「5年目の結婚記念石」になります。

結婚記念日で5年目の記念日の名前と記念石のパワーストーンとは

トパーズ

黄色を代表する宝石と言えば11月誕生石の「トパーズ」ですが、日本語名は「黄玉(おうぎょく)」と言います。

ただ、「黄玉」という名前からトパーズは黄色の宝石しかないと思う方が多いですが実は違います。

トパーズには、黄色以外にもシェリーカラーやピンク、ゴールデン、ブルー、無色、そしてごくまれにグリーンや赤などもあります。

このようにトパズはとてもカラーバリエーションが豊富な宝石になります。

特に、シェリー酒のようなピンクとオレンジ、ゴールデンが微妙に混ざり合った「インペリアルトパーズ」はとても評価も高く人気の宝石です。

ワインレッドに近いほど希少で、トパーズの中でも別格となり「赤系の宝石」に分類され高級宝石になります。

天然石 インペリアルトパーズの意味と価値やパワーストーン効果

宝石の意味でブルートパーズの青色は本当の色なのそれとも何?

11月誕生石のトパーズで運を上げるパワーストーンの色は?

宝石言葉は、「生命の復活」・「友愛」・「希望」・「潔白」

■ 結婚記念日と結婚記念石

トパーズは夫婦を祝福する「結婚記念石」では「16年目の結婚記念石」になります。

結婚記念日で16年目の記念日の名前と結婚記念石の宝石の意味とは

ゴールデンサファイア

サファイアと言えば9月誕生石ですが、「ゴールデンサファイア」は11月誕生石として人気が高く、サファイアなので日本語名は「青玉(せいぎょく)」になります。

ゴールデンサファイアは、イエローサファイアよりも黄金色が強いので、金運を高めるパワーストーンとして人気があります。

基本的にはサファイアの色違いになり、7月誕生石のルビーとは姉妹石になります。

サファイアの色は青色だけではない豊富な色の宝石の不思議な世界

宝石イエローサファイアの意味や金運アップのパワーストーン効果とは

宝石 ルビーとサファイアは姉妹石なのに「赤色」と「青色」の理由とは

宝石言葉は、「金運」・「財運」・「誠実」・「徳望」・「慈愛」

スポンサーリンク