新型コロナウイルスの影響で、売り上げが悪くなった企業やお店が溢れています。

中小企業・小規模事業者、個人事業者に対しての有利な融資も提案されています。

そこで、融資を成功へと導く天珠の5種類のパワーストーンの効果ご紹介いたします。

また、融資を受けれる人と、融資を受ける事のできない人を書いてみました。

 

スポンサーリンク
 

融資を成功へと導く天珠の5種類とパワーストーンの効果

【おススメ1】一眼天珠

願い事やあなたの想いが、ことごとく願いの叶う天珠と言われています。

「光明の玉」とも呼ばれていて、「目標達成」をサポートする効力があるとされているので、必要な融資が可能となります。

【おススメ2】七眼天珠

七眼天珠は、運勢を万事良い方向へと好転させるパワーストーン効果が備わっています。

円満光明・事業発展・蓄財や財運・富貴・健康長寿・恋愛結婚などの現世利益を叶える不思議なパワーを備える天珠です。

【おススメ3】如意鈎(かぎ)天珠

鈎(かぎ)は、鉤や鍵とも書きますが、ものを引っかける金属や物を現わしていて、天珠の模様では「幸運」を引っかけると言います。

天珠に描かれている「如意鈎天珠」は、意志や思いを養い、物事を実現できるように近づけると言われています。

「万願ことごとく叶う」という天珠ですから、融資などの願いを達成できるように、問題解決や目標達成の達成となってくれるでしょうね。

【おススメ4】宝瓶天珠

宝瓶は、財宝や幸運を蓄える器の事です。

中国のことわざでは「宝瓶のあるところ、招かずとも金運は訪れてくる」と言われるとても縁起の良い紋様になります。

蓮華はとても縁起の良い花で、願望の開花を意味していて、仕事運のアップ・金運アップ・努力の結実・安穏な生活や事業の継続に力を発揮いたします。

また、よき人との出会いをもたらしてくれますから、きっとあなたの力になれる融資担当者と巡り合えるかもしれません。

天珠の選び方や意味を間違えるとパワーストーン効果が現れません!

【おススメ5】五福臨門天珠

蝙蝠(こうもり)の図柄が描かれた縁起の良いのは「五福臨門天珠」です。

中国では、コウモリはとても縁起の良い動物で、蝙蝠の「蝠」の漢字が「福」に似ているので、幸運を招く縁起物とされています。

また、百年以上生きたネズミがコウモリに生まれ変わると言い、健康で長寿のシンボルだそうです。

商売繁盛にも、「五福臨門天珠」はとてもおススメできるパワーストーン効果があります。

この天珠が潰れそうな赤字店を繁盛店に変えた凄いパワーストーン

天珠の選び方や意味を間違えるとパワーストーン効果が現れません!
 

スポンサーリンク


 

100%の確率で、融資が可能となる人と、ならない人

新型コロナウイルスの影響で、今は多くの中小企業・小規模事業者、個人事業者が事業継続の危機に立たされています。

私も例外ではなく、モノは売れない、ダイヤモンドの価格の低下、人が来ない状態で物販の方は閑古鳥が鳴いています。

ただ、外に出れないので、家の中を「断捨離」して、不要になった宝石や貴金属を換金処分する人が増えています。

そちらからの買取依頼は増えていて、私も先日、今は金が高騰していますので、自家用の18Kの時計や貴金属を電車りして、換金処分しました。

今は、政府が「緊急経済対策」で、事業の継続が難しいと悩んでいる事業者に融資の手を差し伸べてくれています。

これは、特に経営が厳しい中小企業や個人事業主を支援するための「緊急融資」で、嬉しい支援策を提案していますから利用しない手はないと思います。

融資可能の人

金融機関の融資では、「実質無利子」・「無担保」・「最長5年間の据え置き」と本当にありがたい話です。

日本政策金融公庫などでは、信用力や担保に関係なく、最近の1カ月の売り上げが前年同期と比べて5%以上減少した企業などは今後3年間は「0%」の金利で融資が可能となります。

その上で、「無利子」・「無担保」・「最大5年間、元本返済据え置きの融資」と、有難い条件を提案してくれています。

対象になる人は下記の通りです。

フリーランスを含む個人事業者

売上高が15%以上減少した中小企業者

売り上げ高が20%以上減少した中小企業

融資金を100%受け取れるようにするテクニック

上記の条件に当てはまりましたら、下記の準備をして融資を100%成功させましょう。

勿論、下記の条件は必要ですが、先程ご紹介した「融資を成功させる天珠」を身に着けて臨みましょう。

融資される確率が高まります。(私の経験上です)

融資の成功をさせるためには、お金をかき集めて事業用の通帳に自己資金を100万円以上用意しましょう。

なぜ、融資金が必要なのかと言う資料を丁寧に作成して、融資担当者に説明できるようにします。

事業の経験や年月、事業内容と融資金の使用目的が、ぶれていない事。

融資で借りたお金を、どのように事業資金として使用するか、損益分岐点で説明できる資料がある事。

商工会議所などの会員の場合には、中小企業の相談窓口などを利用して、あらかじめ融資の指導を受ける。

融資をしてもらえない人

どんなに良い条件で融資の提案をしてくれていても、融資をしてもらえない人がいます。

下記の状態の人は、申し訳ありませんが、「融資を成功させる天珠」を身に着けても融資が実行されません。

融資の相談をされる以前に、下記の問題を解決する方が優先になります。

クレジットで、最近5年から7年以内に事故を起こしている(支払いの滞納など)

税金の未納や滞納がある人

水道光熱費や家賃の支払い期日の遅延や未払い(新型コロナ問題発生前)

金融機関からカードローンやキャッシングをしている

事業内容がいい加減で、なおかつ面談態度が悪い人

スポンサーリンク