レピドライトは、あまりなじみがないかもしれません。

しかし、レピドライトは雲母で、「変革の石」として愛好家には人気があります。

大きな石の特徴では、現状を打破して前に進みたい時に「最適な石」。

また、肩こり・腰痛には、レピドライトは医師もすすめるパワーストーンです。

 

スポンサーリンク
 

レピドライトの意味とパワーストーンの効果

病気を治し魂を癒す「レピドライト」の意味

レピドライ(Lepidlite)は、マイカ(雲母:うんも)という鉱物の一種で、含有成分で色合いが変化します。

雲母と聞くと、小学校の理科の授業で出てきたり、土の中でキラキラと光るあの金色の結晶を思い出す人も多いかも?

その雲母にリチュウムが多く混入したものがレピドライトで、和名は「リチア雲母」といいます。

雲母自体はありふれた鉱物ですが、リチュウムを含んで赤やピンク色に色づいたリチア雲母、すなわちレピドライトは人気石です。

レピドライトは、特殊な条件のもとでしか生成されなく、光沢のある独特の灰紫色を生み出します。

名前の由来は、キラキラしたうろこ状の結晶をしていることから、ギリシャ語で「うろこ」を意味する「lepidos」が名称の語源となっています。

古い時代から「変革の石」と呼ばれていたレピライトは、新たな挑戦を励まし、応援してくれるパワーストーンの効果があります。

柔らかい石なので、取り扱いには注意が必要です。

パワーストーンの効果を高めるのに知らないと怖い取り扱い注意とは

お願い事が叶う方法と、パワーストーンの効果や意味とは

 

レピドライトの医師もすすめる体への作用と効果

肩こり・腰痛になぜ効果があるのでしょうか?

レピドライトの体への作用には関節の動きを円滑にするパワーストーンの効果があります。

膝(ひざ)や肘(ひじ)肩、腰などの関節に作用して、それらの動きを滑らかにしますので、肩こりや腰痛にも効果があります。

骨やその表面を覆う骨膜を強化する働きがあり、腰痛やヘルニアの痛みを抑えるのに効果的だと医師もおススメします。

 

レピドライトの関連情報

レピドライトの意味やパワーストーンの関連情報

天然石 レピドライトの意味やブレスレットは「自分を変えたい」効果がある?

スポンサーリンク
 

 

レピドライトの医師もすすめる気持ちや意識への作用と効果

目の前の障害を希望に変えるパワーストーンの効果

レピドライトは、行く手にどのような障害があっても、それを希望に変えられる強さと柔軟性をもたらします。

いかなる時にも希望を持って、前向きに生きる手助けをしてくれる効果をレピドライトは応援してくれるでしょう。

また、思いもしないマイナスの考えが浮かんで頭から離れない時は、レピドライトに触れることをおススメします。

マイナーな感情をコントロールすることができて、心が穏やかになると思います。

いままで、あまり好きになれなかった相手でもその人の良い面を素直に認めることが出来るようになります。

 

レピドライトの精神症状とパワーストーンの効果

宝石のレピドライトには、特に下記のような「精神症状」に対して改善のパワーストーンの効果があります。

医師もすすめる、特に役立つと思われる「精神症状」とは

下記のような症状がある場合には、レピドライトを保つことにより悩みの解消に役立つ効果があります。

いつもマイナスエネルギーが漂う

気持ちを暗くするような考えが頭から消えない

人の良い面を素直に認められない

感情の起伏が激しくすぐに落ち込んでしまう

 

宇宙からレピドライトのパワーストーンの効果を応援するメッセージ

あなたへのメッセージ: 現状を打破したいと感じるときに最適なパワーストーンの効果

宝石言葉と意味: 転機・順応・前進・楽観・希望

 

スポンサーリンク