先日「断捨離」して、宝石箱の中をみると青い石を見つけました。

宝石種類は多く、すぐに分かる宝石もあれば、わからない場合もあるかもしれません。

また、宝石とはいったい何なんだろうと、思われるかもしれません。

今回、青色の代表的な宝石種類を書いてみましたので参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石と宝石種類の意味とは

宝石の意味とは

宝石といっても宝石種類は多くて、宝石とは「宝(たから)」の「石(いし)」といいたくなります。

実際には、宝石とは、の答えは、「希少性が高く」しかも「美しい外観を有する固形物」のことです。

一般的に外観が美しく、アクセサリーなどに使用される鉱物を指すと「Wikipedia:ウイキペディア」で明記されています。

主に天然鉱物としての「無機物結晶」を指していて、無機物の固溶体・非晶質・生物に起因するもの・人工合成物質等があります。

宝石種類の分類

無機物の固溶体:ラピスラズリ・ガーネットなど

非晶質:オパール・ゴールデンオプシディアン(黒曜石)・モルダバイトなど

生物に起因するもの:さんご(珊瑚)・アンバー(琥珀)・パール(真珠)など

人工合成物質:キュービックジルコニアなど

宝石と呼ばれるには条件があります!

宝石の関連記事は下記にも書いています。

宝石を生前整理して色別で見る財産価値の高い宝石種類とは

宝石種類で高級天然宝石としての意味や見分け方や条件とは

宝石のはなし(1989年発刊)」では「宝石は約70種ほどあるとされるが、よく知られた宝石は20種程度である

このように記述され、刊行後に発見されたものも含め、Wikipedia日本版では110種余りの資料を宝石として取り扱いしています。

 

宝石の青色で「宝石鑑別書」があると宝石種類が分かり便利です!

断捨離して、宝石箱の中に入っている色々な宝石種類を整理したい。

ご自分で購入されたものであれば何となく宝石名の記憶もあり宝石種類は分かりますが、貰い物ですと判らないものもあるかもしれません。

こんな時に画像付きの「宝石鑑別書」が取り置きしてあるとすぐに宝石種類がわかりありがたく思います。

買取業者に宝石の買取依頼する時も、「宝石鑑別書」があると、宝石種類が分かり買取の時間短縮となり便利です。

宝石種類の分類は「宝石鑑別書」で簡単に画像と照らし合わせれば判明しますが、「宝石鑑別書」が付いているから高品質とは別問題です。

宝石鑑別書は、単にその宝石種類や、本物、偽物の判断の材料となるもので金額の価値を評価するものではありません。

まれに、パール(真珠)の上質の花球(はなだま)などの宝石鑑定・鑑別書には、真珠科学研究所発行の品質の分かるものもあります。

スポンサーリンク
 

 

青色の宝石の宝石種類とは

宝石種類の中でも、青色の宝石には、高級天然宝石・中級天然宝石・並級天然宝石・合成宝石に分類できます。

それぞれ、希少価値の高いもの、財産性のあるもの、趣味趣向石、宝石価値はなくてもパワーストーン効果の強いものがあります。

また、宝石種類には、透明石や半透明石、不透明石などもありますが、その中から代表的な宝石種類の青色を取り上げてみました。

記載の青色宝石は、宝石種類の全体から見ますと一部分ですが、資産性や財産性のある宝石や人気石に絞りました。

 

宝石 サファイア

宝石のサファイア(Sapphire)は、この名前がもともと、「青色」を意味している通り、青色宝石の代表となります。

サファイアは、ルビーと同じコランダムに属し姉妹石になり、ダイアモンドに次ぐ硬度もあり宝石としての資産価値も高い人気石です。

赤い石をルビーと呼ぶ以外は、それ以外の石はすべて、サファイアと鉱物学では分類しますが、サファイアという時は通常はブルーサファイアをいいます。

誕生石としては「9月誕生石」で、宝石言葉は「慈愛」「誠実」「徳望」「真理」

 

宝石 パライバトルマリン

宝石のトルマリングループの中でも、高級な宝石として認識されるのが、パライバトルマリン(Paraiba tourmaline)です。

いまや、その人気はダイアモンドをしのぐ程の人気宝石で、魅力はなんといってもその色です。

エーゲ海の海の色を思わせるような美しいブルーや、グリーンといった鮮やかなキャンデーカラーが特徴です。

トルマリンは色々なカラーバリエーションが多彩ですが、なかでも、もっとも芸術的で刺激的な色がパライバトルマリンの魅力かもしれません。

誕生石としては、「10月誕生石」で、宝石言葉は「希望」

 

宝石 アクアマリン

宝石のアクアマリン(Aquamarine)の名前は、アクアは「水」を、マリーンは「海」を意味しています。

南国の海の水を思わせる透明感のある淡い青色の大きな石が最高とされていて、宝石箱の中に潜んでいればラッキーです。

宝石種類の分類ではベリル(緑柱石)種に属し、エメラルドとは姉妹石になります。

分類上では、緑色がエメラルド、赤色がモルガナイト、黄色がヘリオロードになります。

それ以外の、淡い青色から青色までがアクアマリンと呼ばれています。

誕生石としては「3月の誕生石」で、宝石言葉は「沈着」「聡明」「勇敢」

 

宝石 アメシスト

宝石のアメシスト(Amethyst)はどちらかといいますと「紫色」ですが、分類上では「青色」に属しています。

菫(すみれ)色の青紫、ワイン色の赤紫、藤の花の色の薄紫と、「紫」といっても青味から赤味まで色々あります。

水晶グループに属していて、和名は「紫水晶」で、無色透明が多い水晶の中でも、紫色のものを「アメシスト」と呼んでいます。

誕生石は、「2月誕生石」で、宝石言葉は「平安」「誠実」「理想」

 

宝石 タンザナイト

宝石のタンザナイト(Tanzanite)の鉱物名は、ブルー・ゾイサイトを指しています。

しかし、ブルー・ゾイサイトではこんなに人気の宝石とはならなかったと思いますが、有名にした火付け役がいました。

それは、タンザナイトという名前は、実はアメリカの宝石店・テイファニーが命名したコマーシャルネームです。

ティファニーで紹介されなかったら、タンザナイトはこれだけ高級な人気宝石とはならなかったと思います。

誕生石は「12月誕生石」で、宝石言葉は「空想」「冷静」「神秘」「誇り高き人」

 

宝石 ターコイズ(トルコ石)

ターコイズ(Turquoise:トルコ石)は、今回ご紹介しました青色宝石の中でも唯一「不透明」な宝石です。

ターコイズ(トルコ石)は、宝飾品として最初に身を飾るのに使われた、歴史の大変古い宝石です。

この宝石は、その爽やかな快晴の空の青色を思わせる美しさで、エジプト王朝やメキシコ王朝の古代から愛用されてきました。

現代においても、ターコイズ(トルコ石)の青色は、華やかでエキゾチックな色が特徴で人気があります。

誕生石は「12月の誕生石」で、宝石言葉は「成功」「繁栄」「旅の安全」

 

宝石で青色の宝石種類のまとめ

本来は、宝石種類で青色は、高級天然宝石・中級天然宝石・並級天然宝石と分類すると、もっと沢山あります。

今回、あなたの身近にあるかもしれない宝石種類で青色の宝石種類を書いてみました。

最後に雑学ですが、ターコイズ(トルコ石)は、トルコ石といいますが、「トルコ」では産出されません。

12月誕生石のトルコ石の意味と産地はトルコが嘘だという話」で詳しく書いています。

宜しければご覧いただけますと嬉しいです。

 

スポンサーリンク