宝石・貴金属が宝石箱に沢山あります。

デザインが古くなり使わない宝石や、

切れたままのネックレス、片方だけのピアスやイヤリングなど。

今回、思い切って断捨離して整理・整頓しようと思います。

「そのまま使うもの」「修理・加工して再利用するもの」

「後世に残すもの」「買取に出して換金処分するもの」と分けます。

その内、「修理・加工して再利用するもの」を考えて見ました。

 

スポンサーリンク
 

 

断捨離した宝石を再利用する修理・加工の意味や成功術とは

宝石を修理・加工する時の意味や成功のコツとは?

宝石を加工する場合の一番の心配事は、ご予算と本当にご自分好みに仕上がるのかという事ではないでしょうか。

そんな、お持ちの宝石をリフォームして再利用する時の皆さんが考えているお悩みは下記の通りです。

本当に自分のお気に入りのデザインに仕上がるの?

または、「リフォームにはどれぐらいの費用が掛かるの?」この二点がものすごく気になると思います。

宝石の加工(リフォーム)の意味や成功のコツ

お持ちの宝石をリフォームして、お気に入りのデザインに仕上げるには、納得のいくまでお店の担当者と相談することです。

妥協は禁物で、細部まで細かな自分の思いやこだわっている部分を伝えると加工する人もやりやすいです。

 

宝石の加工する時の基本(ジュエリーリフォーム)

宝石の加工と美容室との不思議な関係?

宝石の加工(ジュエリーリフォーム)は、なぜか美容室ととても似ています。

例えばあなたが美容室で、「シンプル」に仕上げてください、とだけ言った場合には美容師さんに上手く伝わりません。

これだけでは、美容師さんはあなたがどのように「シンプル」にしたいのかというイメージが的確につかめません。

宝石の加工も同じで、この宝石の一つの石を「シャープに見せたい!」とか、親の形見だからどこかに必ず使用して欲しいなどです。

また、「可愛いリボンや花のモチーフは嫌いなんです!」などの好みや、あなたの希望を出来るだけ具体的に伝えることが大事です。

 

宝石の加工(ジュエリーリホーム)の一般的な考え方

宝石の加工(ジュエリーリホーム)では、指輪についている石はそのまま使用してカットはしません。

高級宝石の場合で、ある程度の大きさのある宝石でキズや欠けがある場合は「リカット」する場合があります。

通常の場合では、宝石はそのままの状態を活かして、周りをデザインするのが一般的です。

宝石の簡単な加工(リフォーム)の仕方

(1)現在使用の枠(旧枠)から宝石を取り外して、枠をまったく新しいデザインに取り換える方法。

この場合は、宝石に合う既成のキャスト枠(予めデザインが決まった枠)を使う場合と、新たにデザインを起こす場合があります。

既成のキャスト枠はどうしてもオリジナル性には欠けますが、費用面ではフルオーダーでデザインするよりもお安く加工できます。

今は、宝石の大きさに合わせたリング・ペンダント・その他のデザインもバリエーションが迷ってしまうくらいに豊富です。

宝石に合わせたデザイン画を起こしてアレンジすれば、自己満足の高い世界で一つのあなただけのものが完成します。

(2)宝石の付いている台座(現在の枠)など商品の一部をそのまま活用して利用する方法。

こちらのケースは、例えばお気に入りのイヤリングの片方を失くした場合など素材を活用して修理・加工する方法です。

簡単なのは、ペンダントトップや、ピンブローチに造り換えも可能で、予算も比較的お安くできます。
 

スポンサーリンク
 

宝石の修理・加工は買った店なら安心?

宝石を購入したお店であれば、お店とお客様との信頼関係がありますので、新規のお店より加工(リホーム)の相談はしやすいです。

しかし、そのお店が販売中心で加工(リフォーム)が得意でない時は既成枠からしか選べなく、デザインや加工費用の面で納得できないかもしれません。

加工(リフォーム)の得意なお店の場合は、お客様の要望で簡単なデザイン画を作成して、良く似たデザイン枠(キャスト枠)を探したり、フルオーダーも可能です。

 

宝石の加工(ジュエリーリフォーム)料金は高いの?

宝石の加工(ジュエリーリフォーム)料金の目安とは

宝石の加工(リフォーム)料金は、とても気になると思います。

事に、宝石の加工に関しては予算を高く見積もりしたから良いものが出来るとは限りません。

宝石の加工を依頼した人の満足の出来る予算内で、心から喜んでもらえるお気に入りが出来るかどうかです。

上記(2)のような場合、「もとのジュエリー枠を利用」してや、メーカーの既成枠から選ぶ場合は料金は抑えられます。

宝石に合わせて、あなたのための一からデザインから起こしますと、仕上がりの満足度は高いですが時間も費用も高くつきます。

一般的には、既成の枠から選ぶ場合は地金相場にもよりますが、10万円前後~、デザイン画を起こしてのオリジナルは30万円前後~が多いようです。

ただ、宝石の加工では、制作前にデザイン画の何枚かは無料サービスなのか、有料なのかを確認が大事です。

既成枠で、フルオーダーに見せるような場合には数タイプをカタログからアレンジする方法もあります。

宝石の加工のワンポイント!

少しでも予算をお安く浮かせたい時は、デザイン後の現在使用の枠(旧枠)や、使用しない貴金属の下取りです。

宝石店では大抵下取りをしていますので、不要な貴金属は買取してもらい、下取り金額を加工代から差し引きしてお支払いください。

宝石箱やタンスの奥に仕舞い込んだ使わない宝石・貴金属は、この際、まとめて「断捨離」して「換金処分」をおススメします。

お店によっては、宝石の買取・下取りをしていないお店もありますので事前に買取店で「換金処分」も良いかもしれません。

あなたのご家庭に眠っている貴金属買取の安心業者はココです!

 

宝石の加工(ジュエリーリフォーム)は満足できない理由とは?

宝石の加工(リフォーム)は、予算が高いわりには満足できないのには原因があると思います。

元のジュエリーの石は全て使わない!

リングの加工で、メインの石の周りをメレーダイアモンドが囲んでいる場合があります。

すべての宝石を使用して加工(リフォーム)の依頼をするとデザインがまとまりません。

デザイン優先で、無理にすべての石を使わないのが宝石の加工で成功のコツです。

デザインを優先する!

宝石は使い、元のジュエリーの枠(金やプラチナ)の材料の使用できるものは再利用します。

それ以外では、デザインを優先させて、残りの地金は下取り価格として買取してもらいます。

メレーダイヤの活用で高級感がアップ!

メインの石の脇には、小さなダイアモンドを添えると品格があがります。

中石が高級宝石(五大宝石・七大宝石)以外の中級石にダイアモンドを周りに使いすぎますと出来上がりがちぐはぐになります。

【関連情報】宝石種類で高級天然宝石としての意味や見分け方や条件とは

宝石の加工は、既成枠(キャスト枠)を利用すると予算が安い!

宝石の加工では、既成枠(キャスト枠)は量産品ですからコストを抑えることが可能です。

加工をする宝石店には、ダイアモンドやパール、色石のリング用、ペンダント用のカタログがあります。

カタログからご自分のお好みを選ぶと、加工で出来上がりのイメージがしやすく満足できると思います。

地金相場で加工見積りもすぐ出ますから安心で、無理にフルオーダーで予算を高くすることはありません。

 

宝石の修理・加工のまとめ

宝石の修理・加工の成功のコツとは!

最後に、宝石の加工(ジュエリーリフォーム)の成功のコツをお話ししたいと思います。

宝石の加工を成功するには、お店とのコミュニケーションを蜜にして、加工前に良く話し合うことが大事です。

お店の加工の提案と、あなたのご予算の兼ね合いも考慮して、依頼者とお店側と相談しながら納得のいくリフォームが必要です。

宝石の加工は、出来上がるまで本当に楽しみがあり、新しいものを買わなくても新品に見えるのも良い方法です。

 

スポンサーリンク