断捨離していて、宝石箱やタンスや物置で見つけた宝石や貴金属。

これらを換金処分をするのに買取に出す前にする事があります。

ちょっと手を加える事で、高価買取となる場合もあるんです。

断捨離した宝石や貴金属をすぐに実践してお金に換える7つの方法とは?

 

スポンサーリンク
 

宝石や貴金属を1円でも高くお金に換える7つの方法

宝石や貴金属、時計(国産時計・輸入時計)を買取店で換金処分するには少し手を加えるだけで高価買取が期待できます。

モノが汚れていたり、汚いと買取してもらう時に評価が下がります。

反対の立場になれば分かりますが、売り手はいらないもをお金に換えるのであまり気にしなく汚い汚れた宝石を平気で差し出します。

アーム(指輪などの輪の部分)などが細かい傷や消耗している場合は使用年月などで生じますから仕方がありません。

しかし、指輪やペンダントの宝石の付いている台座の裏側に、洗剤や長年の汚れが溜まって宝石の輝きがくすんでいる場合があります。

当然ですが、ルーペで見ても汚れで宝石が輝きませんから評価がかなり下がり、買取価格も悪くなります。

ですから、宝石や貴金属は日頃から大切に使用する事が断捨離して買取してもらう時にも高価買取になる最短です。

 

『NO.1』宝石を高く売るには綺麗にすること!

高く売るにはキレイにする事で、査定では違います!

宝石が汚れていると。高く買い取ってもらえない時があります。

少しでも高価買取を期待するのであれば「美品」へ近づける努力も要り、買取店に対して宝石の印象を良くする事で評価額が変わります。

宝石は、高級宝石の4大宝石(ダイアモンド・ルビー・サファイア・エメラルド)などの大粒で色が綺麗な石はある程度の価値があります。

人気商品は再販しやすいので高価買取も期待できますが、逆に中級宝石のアメシストや、シトリン、ガーネットなどの宝石は価値がないです。

ただ、人気のない宝石種類でもモノがキレイで再販可であれば、地金(使用貴金属)の重さに少しばかり加算される事もありますから、ぜひお試し下さい。

ちなみに、買取店では店頭に並べたり、ネット通販で再販する場合には自店で「新品仕上げ」をして、出来ないお店は外注で新品仕上げしてキレイにしてから販売します。

誰でも宝石を購入する時には、たとえ中古品でもキレイなものが欲しいので、買取店の手間が少ない分だけ喜ばれて買取額も違うのです。

■ 関連記事

宝石買取で高価買取されるダイアモンド以外の宝石種類とは

断捨離した宝石や色石が高く買取になる色石の判断基準とは

断捨離した宝石を高く売る時に気をつけたい6つのポイントとは

 

『NO.2』宝石は高く売るには、ここが大事!

宝石をキレイにするには、柔らかい布で拭くこと

宝石はモノにより、水に弱く洗剤がダメなものもあり取り扱いが必要です。

汚れが目立つようであれば、お近くの宝石店で見てもらい、超音波洗浄機の使用できる宝石はクリーニングしてもらいましょう。

通常は無料でしてくれますが、超音波洗浄機はリングやペンダントに付いているメレーダイアモンドが振動で取れる事がありますから注意が要ります。

超音波洗浄機が終わったら石ズレがないか確認してもらい、アームの小さな傷などは専用の磨き粉で簡単に取れます。

■ 関連記事

断捨離したジュエリーを高く買取してもらうためのトリセツとは

断捨離した宝石の保管と手入れを間違えると高価買取はできません!

 

『NO.3』宝石は新品でも高価買取されないモノもある!

デザインが古いと未使用品であっても安価の可能性があります!

断捨離して出てきた古いデザインの宝石は、殆ど使用していない未使用品であっても評価が低くなります。

買取店では再販できないと判断すれば、地金と枠に付いているメレーダイアモンドは評価しますが、色石(カラーストーン)の1CT以下は評価しません。

お店によっては宝石を外してお客様に返却するか、表向きには評価したように話して実際にはしていない場合もあります。

ですから、ダイアモンド以外の色石はあまり期待しないほうが良いと思います。

どんなに、宝石が美しくてもデザインが古いと再販されることがなく、売るためにはデザインを新しいものに作り変えるコストが掛かります。

ルース(裸石)でも大きく(1CT以上)美しい石で鑑別書が付いていれば宝石として買取するお店もあります。

換金処分に出す前に、買取店に宝石だけでも買取できるかどうかの確認をされると便利です。

■ 関連記事

宝石や貴金属の地域 NO.1は本当に高価買取してくれるの?

断捨離した宝石の買取をチラシで決めると損な間違いだらけの店選び

貴金属の買取で買取業者に安く買いたたかれない方法とは

スポンサーリンク
 

『NO.4』宝石は高く売るには付属品も一緒に出す!

買取店で宝石を高く売るには「付属品」があると有利です!

断捨離した宝石をキレイにしたら、次は高く買取してもらうための準備です。

宝石の換金処分するものは、ダイアモンドか色石かでも違いますので付属品も違いますが、あると査定額が違います。

特にブランドジュエリーでは付属品があると有利で、購入者がプレゼント用に利用する場合もあります。

付属品の優先順序は、ダイアモンドには「宝石鑑定書」、色石には「宝石鑑別書」付いていると評価が違います。

次に「箱」・「説明書」・「保証書」・「領収書」となります。

「箱」は店名入りであれば、購入先の信頼性が分かり、「説明書」・「保証書」は、再販する時の信用となります。

「領収書」は、何時購入されたのかが分かれば、購入時の地金の相場や評価額の参考になります。

ない場合には、お店側がお客様に何時頃、幾らで買われ、幾らぐらい欲しいですか?と尋ねるのは、査定額の参考にしているのです。

■ 関連記事

宝石の宝石鑑定書と宝石鑑別書の意味は同じもの違うものなの?

宝石や時計を買取してもらい少しでも高い換金処分する秘訣とは

 

『NO.5』宝石のブランド品を高く売るには

ブランドジュエリーを高く売る方法とは

買取店のブランドジュエリーと評価しているのは、ナショナルブランド品です。

カルティエ、ティファニー、ブルガリ、ハリーウイストン、モーブッサンなどの歴史と信頼のあるジュエリーです。

国内のジュエリー作家や、カメオの作家は殆ど買取してもらう時は期待している買取金額にはなりません。

たとえ、宝石展示会で100万円したものでも、参考の買取価格は、1/10位と思えば良いかと思います。

例外では、オークションなどで高値になる場合もありますが即金にはならないので、時間のある人はオークションの出品も選択肢です。

ブランドジュエリーの高価買取には、「箱」・「保証書」があると高価買取も期待できます。

ネットオークションでは、ブランド品の「箱」や「袋」だけでも販売されていますので、いかにこれらが重要だと分かります。

つまり、付属品は大事だという事で、そのため「箱や袋や説明書などの付属品」は大事に保管して、いざ売る時に大変役に立ちます。

■ 関連記事

あなたのご家庭に眠っている貴金属買取の安心業者はココです!

断捨離したブルガリリングは質屋での買取や換金処分の価値とは?

買取業者が教えたブランド時計を高く売れる3つのポイントとは

 

『NO.6』金(GOLD)やプラチナ、銀を高く売るには

投資対象の金・プラチナは1グラムでも価値があります!

金やプラチナは投資価値があり、壊れたり傷ついた地金でも店頭では即現金に換金処分できます。

金やプラチナは、世界中で投資対象になっているためとても1グラムでも価値があります。

断捨離で、気が付かない地金にはどのご家庭にも一つや二つがあるのが「銀杯」です。

一時期、功労者には「銀杯」に名前や記念日を刻印して贈呈していた時期があり、今ではタンスの奥や物置に寝ています。

銀の買取価格は1グラム数十円と安いですが、銀杯は純銀(1000/1000)で100グラム以上も多く、買取では数千円になります。

また、金やプラチナはインゴットの他、記念品やアクセサリー以外に、投資価値として世界で人気があります。

「投資」と言うと、FX(外国為替証拠品取引)や株、不動産を連想する方も多くいます。

しかし「現物」として金やプラチナは、すぐに現金交換がどの国でも出来るので、世界の投資家に注目されています。

最近では、OLや投資の知らない初心者が純金積み立てをして将来のためにやる方も増えました。

金は、銀の相場に比べて、約90倍の高値です。

■ 関連記事

断捨離した貴金属のプラチナやホワイトゴールドや銀の違いとは

余裕の老後には金やGOLDを簡単に貯める3つの方法とは?

金やGOLDの純度を知らないと換金処分で買取価格で損をします

 

『NO.7』貴金属やジュエリーを高く売るには

貴金属は本物であれば、お宝です!

貴金属のジュエリーは、切れたネックレスや壊れたり変形していても「金・プラチナ」であれば価値があります。

最近ではチラシやネット広告でも、盛んに貴金属の買取を促していますが、くれぐれも「押し買い」に気を付けてください。

金歯や、リング、ピアスやイヤリング、ネックレス、ブレスレットなどの私たちの身近にジュエリーとして金やプラチナは使われています。

どんな古いデザインや、変形していてもネームが入っているリングでも、金やプラチナですと問題なく買取可能です。

どんな状態でも、再販できない貴金属は粉砕して専門業者が溶かして再利用するため、どんな状態でも換金処分できます。

断捨離した時の中に、アクセサリー(偽物)だと思っていたものに本物のK18ネックレスが混じっていることも度々ありました。

知らないで捨ててしまうとお金を捨てると同じなので、金やプラチナは沢山の買取店が積極的に宣伝しています。

貴金属は捨てる前に店頭や電話で、本物、偽物の判別をしてもらうと良いかと思います。

私も以前に、買取相談で訪問した時に、お子さんのおもちゃ箱の中にばあちゃんから貰ったという本物の指輪やネックレスを見つけたことがあります。

買取額を話すと、ビックリされた人が実際にいましたので、恥ずかしがらずに確認してもらって下さい。

■ 関連記事

本日のK18喜平ネックレス50gの買取価格がすぐに分かる方法

金やプラチナの高価な買取にはデザインよりも重さが大切です!

宝石や貴金属買取で換金価値や買取相場の高いネックレスとは

スポンサーリンク