そろそろ断捨離して、宝石やジュエリーを整理したいと考えていませんか?

断捨離して悩むのは、どのお店に持ち込みすれば高価買取してくれるか分かりません。

気になるのは、折り込みチラシや、テレビCMをよく見かけるお店は本当に高価買取なのでしょうか。

そんな、宝石買取に関しての実体験をもとに書いてみました。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石買取では「なんでも屋」より「宝石買取の専門店」を選ぶと高価買取が期待できます!

宝石やジュエリーの買取には専門的な知識が要ります!

昔の諺(ことわざ)に、「餅は餅屋に」というのがありますが、これは、専門的が一番という言葉を指しています。

宝石やジュエリーの買取の商品知識が希薄な「なんでも屋」ではなく、知識や鑑定経験が豊富な買取の専門店に取扱い品目を絞ることが高価買取になります。

なんでも買取します!」と、よく見かけますが一見便利な気がしますが、本当に宝石を正確に査定する知識があるのでしょうか。

なんでも買取る店では、店員が広く浅くしかスキルを学んでいなく、商品知識や鑑定経験が少ないケースもあり、応用能力も希薄な場合もあります。

宝石鑑定や鑑別知識は奥深く、1年や2年位では数多い宝石種類の分類、類似石の見分けや、宝石の良し悪しの見分けが出来ずマニュアル対応となります。

当然、宝石種類の正確な買取価格が解らないから「色石はお金になりません」といった返事も出ますので、知識や経験をもった「宝石買取の専門店」を選ぶとよいです。

 

宝石買取はお店で査定額が違う理由とは

なぜ、買取価格はお店で違うのでしょうか?

本来は、地金の買取価格やダイアモンドの買取価格には相場があり、どの買取店でもほぼ買取価格は同じと思うのですが実際には大きく違います。

それは、買取店で買取価格や査定額が違う理由は、賃貸経費・広告宣伝費や人件費の経費がかかるからです。

また、大手買取店のチェーン店に加盟している場合には、ロイヤルティーやギャランティーも必要となる場合もあります。

大勢の店員がいる店舗では人件費がかかるため、その分をお客様からの買取品を安く買いたたくことも重要です。

新聞折込チラシやテレビCMをよく見かけるから繁盛店という訳でもなく、単なる集客の手段です。

宝石やジュエリー処分には、買取店は選ばないと損をします!

以前、テレビCMやチラシで集客しているお店に視察で、ダイアモンドとルビーの買取価格の査定をお願いしました。

私は宝石業界に40年いますし、勿論、宝石買取もしていますので他店の買取の評価額も気になります(笑い)

ダイアモンドの買取りでは、ダイアモンドの基準がわかる「宝石鑑定書」と、ルビーの「宝石鑑別書」を持参しての依頼です。

お店で提示された買取額に「ボーゼン!」・「啞然!」で、いかにチラシやテレビCMを流していても買取のスキルが全くないということです。

お客様の買取品から、いかに経費の捻出するかを考えていますので、当然ですが買取価格も低くなる理由がここにあります。

もし、あなたが断捨離した宝石やジュエリーを、知らないで持ち込むことで大損してしまいますから、買取に出すお店は慎重にお選びください。

個人経営の買取専門店は経費も少なく、また、口コミで集客しているようなお店は経費が少ないので、高価買取も期待できます。

 

宝石買取で「地域 NO.1買取店」は本当?

宝石買取店「地域 NO.1」の本音

誰でも宝石やジュエリーを処分をする時に「地域 NO.1」といわれるとついつい信用してしまいます。

そんな「地域 NO.1」の買取店が多いのは、耳障りが良い言葉ですから多用するお店が増えているのが現状です。

これは、お店の客寄せのためのキャッチコピーで、お客様にイメージインパクトを与えるための戦略です。

道端の「地域NO.1の買取宣言!」というのぼりや、チラシ内でも同じ言葉で書いていますが、これはあくまでも「そうなりたい!」の希望論で実際とは違います。

実際には、どこの地域で、どんな商品で、どのような買取金額で買取したかは他店との比較がわかりませんし提示もしていません。

チラシには一応、画像入りで宝石の買取価格が表記してありますが、客観的でどの店舗で買取したのかも消費者には分かりません。

ですから、これは単なるイメージと思い、こんな言葉に惑わされずに買取は慎重に考えることが大事なことです。

スポンサーリンク
 

 

宝石買取の「10%UP」や「20%UP」の信頼性とは

よく見かける、キャンペーン中につき「10%UP買取」や、新規オープンにつき「20%UP買取」があります。

これは、あくまでも集客するためにお客様を振り向かせさせたいだけです。

そもそも、買取価格の元値が正確かどうかは分からない訳で、最初から差し引いた価格から「10%UP買取」では同じ金額です。

貴金属買取店の実体験と結果

私も仕事柄、新規オープンしたお店のチラシを持ち「貴金属品の買取 20%UP」のお店に、K18(18金)のネックレスを持参しました。

同業者のお店に入るのは、これって勇気がいるので、同業者に見えないようにスーツではなくジーンズの普段着で出かけます。

提示された金額は「20% UP」ということで、元の買取額を聞き出し、そこでの買取評価額をみてビックリしました。

他店ではこんな買取価格ですよ!(当店での買取価格)」をいいましたら、「そんな買取価格は無理です!」といわれました。

ということは、「20%UP 買取」でもこの買取価格ということは、通常の買取金額の低さを考えるとビックリします。

これは実体験ですが、結論では決して「20%UP 買取」での買取価格ではないということで、あくまでも集客の戦術しかありませんでした。

 

宝石やジュエリーの買取は「宅配買取」が便利

最近は便利な時代になり、宝石や貴金属・ジュエリー・ブランド品を買取して欲しい時には買取業者に申し込むするだけで「宅配キッド」が届きます。

そちらに、商品名、住所、氏名、連絡先、身分証明、買取実行時の振込先の記入して買取商品を送るだけです。

送付した品の査定がすめば、買取金額が提示されるのでその金額で宜しければ指定口座に金額が振り込みされる仕組みで便利です。

なを、買取額に満足できなければ返却(無料)でしてくれますから安心です。

下記に、実績と信用のおけます宝石・貴金属専門買取業者をご紹介しますので参考になさって下さい。

【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

高額な税金を無税に出来る【金地金分割加工サービスのリファウンデーション】

他のブランド品や時計、着物などの買取が必要な時は下記の記事を参考になさって下さい。

時計

ブランドバッグ

着物買取といえば、「ザ・ゴールド」

テレビCMでおなじみ!切手の買取専門店【ザ・ゴールド 】

 

宝石買取では貴金属「金・プラチナ」が優先順位

金やプラチナは世界中で投資対象になっているので価値があります!

使わないで、宝石箱やタンスの中にしまい込んだままのジュエリーの数々がありませんか。

金やプラチナは投資価値があるため、壊れた貴金属でも店頭で「買取」する現金買取の魅力があります。

買取業者は「買取」した貴金属を転売して、精錬業者はそれらをまとめてインゴットに加工して販売します。

金やプラチナはジュエリー以外にも、投資目的として世界中で人気があります。

投資というと、株や不動産、FX(外国為替証拠金取引)が代表的ですが、宝石・貴金属も大切な投資価値があります。

特にダイアモンドは、宝石鑑定書の「4C」で価値が安定しているので買取価格が分かりやすいです。

宝石のダイアモンドは、10億円でもバックに入れたり、身に着けることもでき、ここが小さくても持ち運びもできる宝石の便利なところです。

また「現物」としての金やプラチナは、すぐに現金交換が可能で、しかもどこの国でもできるので、世界中の投資家が毎日の相場を注目しています。

最近は、ヤングの中でも投資目的で、純金積み立てをする人も以前より増えています。

「金・プラチナ」は、古い指輪でも、切れたネックレスも資産価値があります!

最近は、チラシやCMでも盛んに貴金属の買取を促しているのには理由があります。

金やプラチナは価格を変動しながら少しづつでも値上がりしていて、特にリーマンショック後から注目されています。

どんなに古くても、変形や壊れていても、金やプラチナであれば専門業者が溶解して再利用するためにどんな状態でも現金になるのです。

貴金属はそのものが「現金」と同じですから、買取してもらう時には慎重に買取店を選ぶことが大事です。

 

貴金属は、使用しなくなったらすぐに換金が理想

金・プラチナの製品は、石の付いた指輪やペンダントと比べますと鑑定がしやすく、買取の評価額の提示がしやすいです。

宝石がついていますと、その石の市場性や嗜好性、流行があり、正直な事を言えば、カラーストーンの価値や買取価格がわからないスタッフもいます。

何十万円もするエメラルドの指輪が、枠だけの重さで買取されたり、ひどい店では枠に付いているメレーダイヤも価格算定せず無視します。

ですから、シンプルなデザインで石のついていないリングやネックレスは、誰でも本物であれば専門知識がなくても計算できます。

指輪の裏側にネームや記念日が入っていても、変形していても溶かしてしまえば再利用できるので問題なく買取してくれます。

ただ、ダイアモンドは、どのお店でもダイアモンド4Cに基づいて評価しますから未経験のスタッフでも買取表である程度は試算できます。

ダイアモンド買取に関しては、あなたがダイアモンドの知識があれば、業者との買取価格の正当性が見分けることができ、相場で損をしないための詳しく情報を知りたい方は下記のサイトが便利です。

ダイアモンドや貴金属の買取相場を調べたいときには?

【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

スポンサーリンク