宝石のムーンストーンは、パールと同じ6月誕生石です。

恋愛や、仕事、人間関係で幸運予知が高いと人気があります。

恋の予感がしたら、ムーンストーンを身に着けると幸運がやって来ると信じられています。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石 ムーンストーンの意味や特徴

宝石 ムーンストーンは長石グループ石

宝石のムーンストーン(Moon Stone)は、白く半透明で朧月夜(おぼろつきよ)のような感じが石の特徴です。

鉱物的には、月長石や永長石で、和名は「月長石(げっちょうせき)」と呼ばれています。

長石類(サニディンや、もしくはアノーソクレース)の外観上の美しいものが、宝石類と分類されています。

石を形成している幾重もの層に光が当たると乱反射を起こして、かすむような乳白光に輝く「アデュラレッセンス効果」を持っています。

ムーンストーンの特徴は、半透明白色、または淡いオレンジ色で、光線を当てるとブルーがかった映線を中央に見せる宝石です。

乳白色のムーンストーンは主にスリランカ産で、黄色のものは概してマダカスカル産のものが多いです。

普通はカボッションにカットされて、中世のヨーロッパでは大衆の宝石として広く用いられ、幸運予知が高いと人気がありました。

ムーンストーンは、石の硬度も柔らかく劈開性(へきかいせい)が強いので超音波の洗浄は禁物で、丁寧な取り扱いが必要です。

グレー色の何とも言えないミステリアスな光でこの石を持つ人を魅了します。

ムーンストーンの良質なものは、美しくカットされていて、反射光も美しく明瞭に出ます。

 

宝石 ムーンストーンの鉱物学「一口メモ」と豆知識

宝石 ムーンストーンの鉱物学「一口メモ」

色:乳白色、灰色、白色

産地:スリランカ、ミャンマー、インド等

石の硬度:6.0~6.5

比重:2.56

結晶系:単斜晶系

光沢:真珠光沢

成分:KAlSi3O8

石のことば:健康、幸運、恋の予知

守護:かに座、月曜生まれ

効果的な使用方法:ブレスレット、ネックレス、原石

誕生石:6月誕生石

結婚記念日:13年目の結婚記念日(月長石婚式・レース婚式)

6月誕生花:野ばら(花言葉:素朴な美)

類似石:乳白石玉髄(カルセドニー)など

宝石 ムーンストーンの関連情報

宝石 ムーンストーンの6月誕生石の意味やパワーストーン効果

かに座の守護石 ムーンストーンの意味やパワーストーン効果とは

宝石 ムーンストーンの豆知識

昔は月の満ちている時は所持者の魅力を高め、月が欠けている時は「幸運を予知する」ものとして愛されていました。

ムーンストーンは、そういう言い伝えのある宝石だけに、容易で入手できるパワーストーンとしても人気があります。

6月誕生石としてだけではなく、最もロマンチックな感じの宝石で、石の動きにつれて、かすかに光彩の動く面白みも特徴です。

スポンサーリンク
 

 

宝石 ムーンストーンのパワーストーン効果

女性特有の不調を和らげるパワストーン効果

ムーンストーンは、感情の起伏を抑え、体の不調を改善するパワーストーン効果があります。

女性性と母性に深く関わる宝石で、月のバイオリズムに同調して、女性の体調のリズムを整える作用や効果を期待できます。

女性特有の気分の浮き沈みや不安感、イライラ、更年期障害などを鎮めるパワーストーン効果もあります。

婦人科系、胸に関連する不具合や、それを整える効果もあるとされています。

女性の心と体は体内の水分に体調が影響を受けやすく、体内の水分は月の満ち欠けにより変化して体調に影響するといいます。

月の満ち欠けの変化に体がついていけずに不調を感じてしまうそんな時に、ムーンストーンは、とてもおススメの宝石です。

宝石 ムーンストーンのパワーストーン効果

永遠の愛や美を象徴して美しい自分を見つめる

魅力的な女性や女性性を高める

月のプラスエネルギーを受容する

感受性や思いやりを高める

将来を見通す、予知能力や未来の予知

愛を伝導する

旅の安全や恋愛成就のお守り

 

宝石 ムーンストーンのまとめ

月の満ち欠けに深いかかわりのある、聖なる宝石

ムーンストーンは、月の満ち欠けのリズムが刻み込まれた宝石で、古代から「聖なる宝石」といわれてきました。

月は女性性の象徴でもあり、ムーンストーンは、女性特有の生理的な部分に影響するといいます。

直観力や、潜在能力を発揮させたり、恋愛や、仕事、人間関係で幸運予知が高いと人気が高く有名です。

また、自然のリズムと同調して、深い安眠をもたらすといいますから、不眠症の方にもおススメします。

 

スポンサーリンク