あなたは、宝石のハイパーシーンの意味や名前の由来をご存知でしょうか。

ハイパーシーンは、「リーダーシップ」のパワーストーン効果があると有名です。

宝石のハイパーシーンの意味や、パワーストーンとしての効果や特徴も気になりませんか?

また、組み合わせる事で効果が高まる、相性の良い宝石や天然石の種類もあります。

スポンサーリンク
 

宝石のハイパーシーンの意味や特徴

宝石のハイパーシーンの意味や特徴と名前の由来とは

ハイパーシーン(Hypersthene)は、「リーダーシップ」の宝石として有名な宝石種類です。

太陽系が誕生した頃の石質隕石にも含まれている「エンスタタイト(頑火輝石)」の一種になります。

高温にとても強いと言われる耐火性鉱物で同じグループの「ブロンザイト」よりも硬度が高いことから石の名前が付いています。

ギリシャ語の「超越(ちょうえつ)」の「Hyper」と、「」を意味する「sthenos」を合わせて命名されました。

ハイパーシーンは一見、黒の単色に見えますが、実は赤味を帯びた「インデッセンス効果(虹色の効果)」がとても美しい宝石です。

和名は「紫蘇輝石(しそきせき)」や「頑火輝石(がんかきせき)」と言いますが、特に「紫蘇輝石(しそきせき)」と呼ばれるには意味があります。

この石のかけらを顕微鏡で見ると赤紫蘇(あかしそ)の色に見える事が由来しているようです。

以前にはマグネシウムと鉄の含有量により「エンスタタイト」・「ブロンザイト」・「ハイパーシーン」・「フェロシライト」と細かく分類されていました。

その後、まとめて「エンスタタイト」に名前が統合されましたが、独特の色合いとエナルギーで人気の「ハイパーシーン」は、今も旧名で流通しています

宝石店で「エンスタタイト」と宝石名が表示されている場合には、それはハイパーシーンの別名になり、同じ宝石になります。

 

宝石のハイパーシーンの豆知識

先にも書きましたが、ハイパーシーンの名前は、ギリシャ語の「Huper」もしくは「Hyper」と「Sthenos」に由来し、「超越」と「強さ」を意味します。

ハイパーシーンは、「帝王の石」と呼ばれ、優れた指導者が持つ宝石として、王家に代々受け継がれていたようです。

 

【取り扱いの注意】:衝撃にとても弱いので注意

 

ハイパーシーンの鉱物学データーと、宝石言葉は?

英名:Hypersthene

和名:紫蘇輝石(しそきせき)・頑火輝石(がんかきせき)

主な産地:カナダ・アメリカ・ブラジルなど

結晶系:斜方晶系

硬度:5.5~6.0

比重:3.4~3.5

成分:(Mg,Fe2+)2Si2O6

色 :ブラック

処理:特になし

 

宝石言葉:「信頼」・「バランス」・「頂点」・「強い意志力」・「リラックス」

 

スポンサーリンク

 

宝石のハイパーシーンの気になるパワーストーン効果

ハイパーシーンのパワーストーン効果とは?

宝石のハイパーシーンは強さと決断力をもたらし、リーダーシップを発揮する「指導力を授ける石」と言われています。

物事を全体的に見通して内容を鋭く把握して、強い責任感や意志を養うパワーストーンで、周囲から信頼される人徳を育むでしょう。

人間的に成長するパワーを与えて、まさに指導者としての素質を磨く強いエネルギーを持つのがハイパーシーンです。

自己の内面を鍛えて、他者から信頼される模範者として務めて、誤った方向や安易な習慣に流されないように自己防衛と保護するパワーもあります。

また、ギャンブルや買い物依存症などの悪習慣を断ち切る作用もあり、組織のリーダーとして不謹慎を慎むのに必要な宝石です。

この石は身に着ける人を深くリラックスさせる効果も強く、感情の起伏を鎮めたり、冷静な判断が出来るようにサポートします。

リーダーとして必要な自分に厳しく、他者には優しく接する事が出来るので、人からの信頼を勝ち得る、まさに「リーダーシップの石」です。

 

■ 関連記事

ギャンブル依存症に効果のあるパワーストーンはあるのでしょうか?

 

【効果的な使い方】:ブレスレット・丸玉・ペンダント

 

宝石のハイパーシーンの「ココが凄い!」パワーストーン効果

強いリーダーシップを育む

リーダーの素質を磨く「帝王の宝石」

冷静な判断へと導く

瞑想力が高まる

決断力・誠実さ・思慮深さが高まる

深いリラックス効果

優れた指導力

ギャンブルなどの悪習慣を断つ

強い責任感を養う

指導力を高める強いパワー

 

■ 関連記事

天然石 ハイパーシーンの相性やリーダーシップとの意味とは

 

スポンサーリンク

 

ハイパーシーンと相性の良いパワーストーン効果を高める宝石の種類

ガーデンクォーツ + ハイパーシーン

宝石のガーデンクォーツは、水晶グループの中でも特に癒し効果の強いパワーストーン効果があります。

名前の由来とも言えるのは、水晶の中に雄大な自然の風景(山河・草原・渓谷)などや、庭園を閉じ込めたように見えるからです。

ハイパーシーンとの相性では、あらゆる依存症や悪習慣を断ち切り、人間本来のストレスのない生活リズムを取り戻します。

それと、「悪縁」を切るのにも強力なパワーストーン効果がありますから、必要な人にオススメします。

 

■ 関連記事

ガーデンクォーツの意味とパワーストーンの効果で相性の良い天然石とは

 

ガーネット + ハイパーシーン

宝石の種類としては、1月誕生石として女性に圧倒的な人気なのが「ガーネット」です。

恋愛では「変わらぬ愛を誓う石」として、古くから貞節や変わらない愛を守る宝石として知られていてます。

マンネリを解消」する時にも良い効果があり、恋愛の情熱が停滞したり、マンネリ感が出てしまう時にガーネットは効果的です。

ハイパーシーンとの相性では、自分自身を強化して、誘惑や周囲の意見に振り回される事もなく、我が道を堂々と進んで行けるパワーストーン効果が強まります。

宝石としては勿論ですが、責任のある立場の人の守護石にオススメしたいパワーストーンです。

 

■ 関連記事

【恋愛 願い事】ガーネットは恋愛で、マンネリ解消のパワーストーン

宝石 ガーネットの意味やマンネリ解消のパワストーン効果とは

【宝石種類】宝石 ガーネットの意味や医師もすすめるパワー効果

 

フローライト + ハイパーシーン

宝石のフローライトは、才能の開花に最適なパワーストーンで、目には見えない「感性の世界」を豊かにする効果があります。

直観」と「インスピレーション」の石と言われて、目には見えない世界を感じ取る感性を高める作用やパワーストーン効果を強く感じ取れます。

ハイパーシーンとの相性では、信頼される人格者を作り出し、多彩な才能も自然に開花しますので、誰からも尊敬されて慕われるでしょう。

 

■ 関連記事

フローライトの色による意味や種類とパワーストーン効果の違いとは?

天然石 フローライトの意味と瞑想やリラクゼーションのパワー効果

パワーストーン フローライトの意味や感性を豊かにしたい効果とは

 

スポンサーリンク