天然石のシナバーは、古くは中国の人達から愛されているパワーストーンです。

「商人の石」とも呼ばれるシナバーは、成功に導いて、富と栄光を呼び込みます。

そんな、天然石 シナバーの意味や、パワーストーンの効果をご案内いたします。

また、パワーストーンの効果をさらに高めてくれる相性の良い宝石とは。

 

スポンサーリンク
 

天然石 シナバーの意味

天然石 シンナバーの意味や特徴とは

天然石でパワーストーンでもある「シナバー(cinnaber)」は、和名を、「辰砂(しんしゃ)」と呼びます。

水銀の原料や赤色の顔料として用いられた硫化鉱物の種類になります。

シナバーは通常は粒状の集合体か塊のまま産出されますが、熱水変質した火成岩や変成マンガン鉱床でも見られ、温泉の沈殿物としても形成されるのが特徴になります。

赤色がとても鮮やかな鉱物で、空気にさらされても変色する事がなく、当時は「顔料」として使用されましたが、欠点は光に当たると黒く変色します。

和名の「辰砂」は、シナバーの産地でもある中国の「辰州」に由来していると言います。

中国では純度の高い朱色の美しいもの「丹」と呼び、死んだ後の再生を願う石として、死者に朱で化粧を施して、復活と邪気を遠ざけたり付かないようにしたと言います。

日本では土地名に「丹生(にゅう)」という地名が残り、山形県・福井県・奈良県・三重県にありますが、その中でも銀が産出される「丹生鉱山」は、三重県多気郡多気町にあった水銀鉱山です。

シナバーは、高温加熱すると亜硫酸ガスと水銀に分離され、水銀の原料となるために身体に悪影響を与えるイメージがあります。

しかし、常温では「毒性」はありませんが、シナバー(辰砂)は水銀ですから絶対に体内に入れる事はしないで下さいね。

シナバーの名前の由来や豆知識

シナバーの名前の語源は、ギリシャ語で「kinnaharis」と言い、意味は「赤い色のもの」「赤い絵の具」

血液を連想させるような真っ赤な色をしているので、「ドラゴンブラッド」とも呼ばれています。

ペルシャ語やアラビア語では「竜の血」を表現していて、いずれも鮮やかな「赤」を意味を指しています。

西洋では「バーミリオン」という朱色の画材の原料として使用されていて、日本でも古くから使用された形跡があります。

古くは邪馬台国(やまたいこく)の時代から使われていたと言い、弥生時代の壁画にも利用されていました。

 

【取り扱いの注意】:水分や太陽光に弱い・脆くて割れやすい・加熱すると有害

 

天然石 シナバーの気になるパワーストーン効果

シナバーのパワーストーン効果

天然石のシナバーは、古くは中国やインドで「不老長寿」「霊薬」とされパワーストーンの効果があると信じられていました。

特に道教では、シナバー(辰砂)を主原料とした「丹薬」を作る「練丹術」が発達しました。

その薬を飲むと「不老不死」を得る事が出来、空中に浮かび上がったり、大空を飛行し、仙人の境地が手に入れる事が出来るとされたそうです。

主成分でもある水銀は、常温、常圧で液体に変化する地球上で唯一の金属になり、古代の錬金術師たちは黄金を生み出す「賢者の石」と呼んでいました。

中国では再生を司る不老不死の妙薬として、元気の出る源だと信じて漢方薬として常用していましたが、愛飲者はすべて短命だったそうです。

ここで重要なのは、シナバーの持つ「二面性を持つ薬石」だと言う事です。

一つは、「水」なのに「銀」なのと、二つ目は「不老不死の薬」なのに「猛毒」だと言う点になります。

見た目にも好きと言う人と、嫌いだと言う人に分かれますが、石内にもつパワーストーンの効果が強く、信じれば役立つパワーストーンです。

ひとたびこの石と付き合い方が分かり、パワーを信じて身に着ける事で、とても心強い味方になってくれるパワーストーンになります。

「金運」「仕事運」を高め、持ち主を成功へと導いてくれます。

社交性を高めて、積極的に周囲に自分をアピールするパワーストーン効果がありますから、引っ込み思案な人にはとても有効ですから、おススメします。

シナバーは、健康に自信のない方には健康維持にも効果的に作用してくれます。


 
【効果的な使い方】:ブレスレット・原石・印材

 

天然石 シナバーのパワーストーン効果

金運を高める

仕事運を高める

健康長寿

夢を現実にして、富を創造する

恋愛感情を高める

傷ついた感情を癒したい時や立ち直りしたい時

肝臓の疲れの緩和

勝ち運が欲しい時

想像力や直観力を高める

富や栄光を呼び込む

 

宝石言葉:「賢者の石」

 

■ 関連情報

天然石 シナバーの意味やビジネス成功者のパワーストーン効果とは

 

スポンサーリンク
 

 

天然石 シナバーの効果をさらに高める相性の良い宝石

トルマリン+シナバー

トルマリンは10月誕生石として、また強力なパワーで、感情的なマイナスエネルギーを跳ね返すパワーストーンです。

シナバーとの組み合わせでは、強力なパワーで持ち主をマイナスエネルギーを浄化して、円滑な人間関係をサポートします。

「人からの念を防御したい時」に最適で、大地とのつながりが高まりますから、感情をコントロールして精神を安定させます。

 

■ 関連記事

トルマリンのパワーストーン効果はマイナスエネルギーの解除です!

【宝石種類】宝石 トルマリンは医師もすすめるパワーストーン

宝石 トルマリンの意味や「電磁波防止」のパワーストーン効果

 

ガーネット+シナバー

「マンネリを解消したい時」に最適と言われるのが、1月誕生石が「ガーネット」です。

ガーネットは生命力を高めて、愛と情熱の宝石として有名で、その強力なエネルギーで、持ち主の本来の魅力や活発さを高めます。

シナバーとの組み合わせでは、忍耐力や思考力を高めて、物質的や金銭的な欲望を抑制するパワーストーン効果が強まるでしょう。

 

■ 関連記事

【恋愛 願い事】ガーネットは恋愛で、マンネリ解消のパワーストーン

【宝石種類】宝石 ガーネットの意味や医師もすすめるパワー効果

断捨離する前の宝石 ガーネットの意味や買取・換金処分の方法とは

 

フェナカイト+シナバー

「眠っている内側の聖なる力を呼び覚ます」と言われているのが、パワーストーンの「フェナカイト」です。

フェナカイトは、地球に存在するすべてのパワーストーンの中でも最も高い波動を待つ一つに数えられています。

ヒーラー達の間でも注目されていて、シナバーとの組み合わせでは、物事への不必要な執着心を和らげますから、断捨離出来ない人におススメします。

新たな感性や表現力を磨き、内側にある聖なる力も呼び覚ましてくれるでしょう。

 

■ 関連記事

天然石 フェナカイトとロシアの関係やパワーストーン効果の体験

 

スポンサーリンク