天然石のペタライトは、「天使の石」と呼ばれる人気のパワーストーンです。

理由は、天国のような清らかで平穏な精神を身に着ける人にもたらします。

また、ペタライトと相性の良いパワーストーン効果がある天然石や宝石の種類とは?

スポンサーリンク
 

ペタライトのパワーストーンの意味や特徴とは

ペタライトのパワーストーンの意味や効果と特徴とは?

ペタライトに含まれるリチュムには、精神を穏やかにする治療薬として使用されていて、その発見の鍵となり貢献したペタライトにも、とても深いヒーリング効果があります。

高く純粋なプラスエネルギーの波動により、持ち主の意識アップさせて、天国のように清らかで平穏な精神をもたらすので「天使の石」とも呼ばれるようです。

あなたの心の奥に過去の消せない恐怖心がある場合には、その気持ちが沈む暗いエネルギーの原因となる元を払拭します。

また、過去の悲しい心の傷や経験、トラウマを解消して、心身の重荷を軽くしてくれます。

生まれた時のようなクリアに浄化された精神は、あなたの魂と意識を神聖な次元へと最高に高めるパワーストーン効果があります。

ペタライトは、第8チャクラ(頭頂部の第7チャクラの20センチほど上の位置)及びあらゆるチャクラに良い効果が出るように働きかけます。

特に、ハートの第4チャクラ、眉間にある第6チャクラ、頭頂部の第7チャクラに強く作用して霊性を高めるサイキックな能力を授けると言われています。
 

 

【効果的な使い方】:原石・ペンダント・ブレスレット

 

■ 関連記事

天然石でパワーストーン効果が強いのはブレスレットかネックレス?

 

ペタライトの「ココが凄い!」パワーストーン効果

外部からのネガティブなエネルギーから守る

深いヒーリング効果

ストレスからの解放

瞑想力が高まる

過去の悲しい経験やトラウマから解放

感情面を上手くコントロール

精神を穏やかにする

霊性を高める

高次な波動

心の奥の恐怖心を無くす

 

■ 関連記事

天然石や宝石のパワーとパワーストーンのパワーは何が違うの?

 

スポンサーリンク

 

ペタライトと相性の良いパワーストーン効果を高める天然石の種類

アゼツライト + ペタライト

天然石のアゼツライトは、ヒーリング業界で有名な「ヘブン&アース社」のロバート・シモンズ氏によって近年、紹介されました。

鉱物的には「石英」すなわち「水晶」ですが、通常出回る水晶よりも高いエネルギーを持っていて、その人の霊性進化やエネルギーの浄化をする効果が優れています。

アゼツライトとペタライトとの相性では、自然や宇宙からのメッセージを受け取る能力を高めるパワーストーン効果があります。

 

■ 関連記事

天然石 アゼツライトの意味やブレスレットのパワーストーン効果

アゼツライトのパワーストーンの意味と効果や相性の良い天然石とは

 

フェナカイト + ペタライト

天然石のフェナカイトは、ヒーリングストーンとして、眠っている内側の聖なる力を呼び覚まします。

地球上に存在する宝石や天然石の中でも最も高い波動を持つ一つで、ヒーラー達の間でもパワーストーン効果があると注目されているそうです。

フェナカイトとペタライトとの相性では、心の迷いや心の中の重荷が消えて、自分の使命が明確に理解できて、行動と実行へと促します。

 

■ 関連記事

フェナカイトのパワーストーンの意味や効果と相性の良い天然石とは

天然石 フェナカイトとロシアの関係やパワーストーン効果の体験

 

ローズオーラ + ペタライト

ローズオーラは、別名を「ラズベリーオーラ」と呼ばれていて、水晶をベースにした真珠のような光沢感が美しい人工石です。

人工石の中でも最も美しいとされるのがローズオーラですが、恋愛の宝石「ローズクォーツ」にも負けない愛のエネルギーが強い効果があります。

ローズオーラとペタライトとの相性では、「愛の波動を活発にする」や「新しい出会いを導く」パワーストーン効果がさらに強力になります。

 

■ 関連記事

ローズオーラの意味や恋愛のお守りに良いパワーストーン効果とは

 

スポンサーリンク

 

天然石のペタライトの意味や特徴

ペタライトの名前の由来や天然石の意味や特徴とは

ペタライトの名前の由来は、結晶が薄い葉片状に割れる事からギリシャ語で「」を意味する言葉からきています。

ギリシャ語で「」は「Petalon」、「」は「lithos」と言い、そこから由来しています。

天然石のペタライトは、アルミニウム、リチュウム、ナトリュウム、ケイ酸塩などからなる鉱物です。

また、リチュウム発見の鍵となった鉱物としても有名で、和名は「葉長石(ようちょうせき)」と言いますが長石グループには属していません。

石の特徴はガラス光沢を放つとても美しい天然石ですが、縦の方向に完全に劈開(へきかい)する性質を持っています。

ほとんどが繊維状の塊結晶で産出されます。

 

天然石のペタライトの豆知識

透明度が高い原石はカットをすることにより輝きが美しく増し、希少価値の高いジュエリーとして流通します。

色の種類では、無色、黄色、ピンク、オレンジ、青灰色など様々な色合いがあり、産地も世界各地に分布しているようです。

日本では福岡県でも産出されますが、近年ではミャンマーでゴールドに輝くペタライトが発見され、宝石業界でも話題になりました。

 

【取り扱いの注意】:一定方向に割れやすい

 

■ 鼻高々になれるワンポイント情報

パワーストーンで誕生石や守護石には意味や由来があるのをご存知?

パワーストーンのブレスレットを数百円で購入しましたが効果は?

 

ペタライトの鉱物学データーと宝石言葉は?

英名:Petalite

和名:葉長石(ようちょうせき)

主な産地:ミャンマー・ブラジル・オーストラリアなど

結晶系:単斜晶系

硬度:6.5

比重:2.40

成分:LiAlSiO10

色 :無色・白色・黄色・ピンク色・オレンジなど

処理:一部含侵処理

 

宝石言葉:「癒し」・「天使の領域」・「穏やか愛情」

 

スポンサーリンク