フローライトは、豊富なカラーバリエーションのある宝石で、色々な色が魅力です。

色が豊富にあるフローライトの宝石の意味と、パワーストーン効果はご存知ですか?

強力なパワーストーンで、「芸術」や「霊性」・「ヒーリング」に最適なパワーストーンです。

また、フローライトの色の種類や、相性の良いパワーストーンも気になりませんか?

 

スポンサーリンク
 

フローライトの色による意味と特徴

フローライトの宝石の意味や特徴とは?

フローライト(Fluorite)は、和名は「蛍石(ほたるいし)」と呼ばれています。

火の中の投じる事で、パチパチと音を立てながら蛍色の発色しますが、熱以外にも紫外線でも発色します。

これは、「フローレッセンス(蛍光現象)」と言い、神秘的に発光する色がとても美しいのが特徴です。

結晶の形は生成時の温度などで微妙な影響を受けて、低温では「六面体」、高温で「八面体」に結晶すると考えられます。

色の幅がとても広く、産出量の多い順番では「」・「」・「無色」・「水色」・「」・「」・「ピンク」などのカラーバリエーションが豊富です。

このようにさまざまな色の種類があり、中にはとても珍しい色で、レインボーカラーのように縞状に複数の色が混ざり合った宝石があります。

これらの色彩の違いは、鉱物内に包有する希土類元素の違いが大きく影響していると言います。

レインボーカラーのフローライトの中でも、青紫、白、黄色が縞模様となった、「ダービーシャ産(イギリス)の蛍石」は人気があります。

ここで産出される蛍石は、「ブルージョン」と呼ばれ、18~19世紀にかけて壷や置物、装飾品に加工されて人々に愛されました。

 

■ 関連記事

【宝石種類】フローライト 意味や医師もすすめるパワーストーン効果

 

【取り扱いの注意】:一定方向に割れやすい特徴があります。

 

フローライトの色による種類とパワーストーン効果は?

フローライトは色により宝石としての価値もさまざまですが、色によって変わる、さまざまな効能があります。

色により効能に特徴があり、クリア(無色)は「インスピレーション」、は「精神性」、青は「コミュニケーション」を高めます。

そして、は「感情の保護」、は「協調性」を高めるパワーストーン効果が高まります。

中でも下記の、緑、紫、青系のフローライトの色は、宝石市場でもとても人気がある種類になります。

 

【緑系】グリーンフローライト

グリーンフローライトは、透明感のある淡い色合いが優しくて美しいグリーンが特徴です。

フローライトの種類の中でも、とてもヒーリング効果が高く、癒しのパワーを発揮するパワーストーン効果が強力な宝石になります。

心の奥の自分自身を鏡に映し出すように向き合い、苦手意識を克服させるので、内気な人や対人恐怖症、コンプレックスを感じる人にオススメします。

仕事、人間関係などの自分の置かれた環境に応じたコミュニケーション能力をサポートしますから、物事が上手く運びます。

また、精神面も強力にサポートしますので、緊張を和らげて精神面の安定と成熟を促してくれるでしょう。

 

【紫系】パープルフローライト

神秘的で穏やかな紫は、昔から「高貴な色」とされ、スピリチュアルな波動も強力で、瞑想や思考の質を高めます。

瞑想することで精神を高次元に導いて、理解力や分析力が高まるので、経営者や自営業者のパワーストーンに向いています。

物事を客観的に冷静にとらえ、理知的に分析するパワーを深めるので、ビジネスや生活面で現況を変えたいと願う人に最適です。

未来の仕事、生活面の不安を案じる臆病な心を捨てさせて、迷わないで目標に向かい、前に進めるように背中を押すようなパワーストーンになります。

 

■ 関連記事

天然石 フローライトの意味と瞑想やリラクゼーションのパワー効果

 

【青系】ブルーフローライト

ブルーフローライトは、深く澄んだようなさわやかな青色が特徴の美しい宝石です。

身に着ける決断をする場合には、新しい事を成し遂げたい時や、新たな知識を得る時に使用すれば、集中力や記憶力が高まります。

直観力や洞察力を高めるパワーストーンなので、トラブルが起きた際などには冷静に対処できるようになるでしょう。

また、内から出る知的な表現力は人から好感度も高まり、魅力的な会話は人間関係も豊かになります。

不眠症に悩んでいる人は、身近にフローライトの置物などを置く事で穏やかな波動を感じ取れ、睡眠の質も高まり安眠できます。

 

■ 関連記事

魚座の守護石 フローライトの意味やパワーストーン効果とは

 

フローライトの宝石の「名前の由来」や「物語」と「宝石言葉」

宝石のフローライトの和名は「蛍石(ほたるいし)」と言います。

名前の由来は、火の中にフローライトを投げ入れるとパチパチと音を立てながら蛍光の色を発します。

この姿があたかも蛍が飛び交う様子に似ている事から、宝石の名前が付けられたと言います。

 

宝石言葉:「ストレスの軽減」・「直観」・「感性」・「集中力」

 

フローライトの気になるパワーストーンの効果

フローライトの色の種類による共通のパワーストーン効果とは?

直観力とインスピレーションを高めるパワーストーンだと言われています。

目には見えない、感性の世界を豊かに作用する宝石で、現状をリセットして新たな気持ちで回復ののち、再スタートする効果をもたらします。

新しいことにチャレンジできない人や、過去からの思いに縛られている人、断捨離出来ない人に新しい風を吹かせるパワーストーン効果があります。

問題解決になる糸口を示してくれますから、悩んでいる人にオススメできる、すべての色に共通するパワーストーン効果です。

また、「知性を高める石」と呼ばれていて、脳内を活性化させ、記憶力を高める効果や力があります。

ヒーリング効果があり、頭の疲れなどを解消しますので、固定概念に縛られた頭を開放して、自由な想像力を高めてくれるでしょう。

特に、レインボーカラーのフローライトは、芸術的な感性にも作用して豊かな創造性を生み出す力もあります。

 

【効果的な使い方】:ブレスレット・リング・ペンダント・原石・タンブル

 

タンブルの意味
タンブルとは、小さめに研磨された「クリスタル」や「天然石」の事です。

原石などのパワーストーン効果は、直球型の強烈なエネルギーを感じますが、タンブルやブレスレットのビーズは、穏やかで優しいエネルギーを出します。

また、タンブルはブレスレットの丸くカットされたものとは違ったエネルギー伝達作用があります。

 

スポンサーリンク
 

 

フローライトの「ココが凄い!」パワーストーンの効果

人からの邪念を防御したい

外部から身を守り保護する

感情的なエネルギーの除去

円滑な人間関係

マイナスエネルギーの解除と修復

過去からの引き継ぐトラウマの感情を無くす

浄化作用を高める

癒し効果が高まる

ストレス解消

電磁波から身を守る

 

■ 関連記事

パワーストーン フローライトの意味や感性を豊かにしたい効果とは

 

スポンサーリンク
 

 

フローライトと組み合わせるとパワーストーン効果を高める宝石とは?

セラフィナイト+フローライト

宝石のセラフィナイトは、「天使の石」と呼ばれますが、一般的には知られる事のないパワーストーンです。

精神に癒しをもたらす!」とか「人付き合いを円滑に進める!」などのパワーストーン効果があります。

フローライトとの組み合わせでは、安定的なエネルギーが高まりますので、安心感を与えて周囲との調和を促す力が増します。

 

■ 関連記事

セラフィナイトの宝石の意味や相性の良い石とパワーストーン効果とは

天然石 セラフィナイトの意味や相性のよいパワーストーンとは

 

ムーンストーン+フローライト

ムーンストーンは、6月誕生石として多くの人から愛されている人気の宝石です。

女性特有の不調を和らげたい時に最高のパワーストーン効果があり、気分の浮き沈みや不安感、イライラなどを鎮めてくれます。

フローライトとの組み合わせでは、色々な依存症で悩んでいる人は、自分の気持ちを癒して、心も落ち着き、依存症を克服する気持ちが増すでしょう。

 

■ 関連記事

宝石 ムーンストーンの6月誕生石の意味やパワーストーン効果

ムーンストーンの意味と恋愛に強力なパワーストーン効果で相性石とは

ムーンストーンのパワーストーンの意味は女性の不調の改善です!

 

ガーデンクォーツ+フローライト

ガーデンクォーツは、まるで「水晶」の中に、山や草原、渓谷が描かれているようなアートな宝石です。

水晶のグループ石の中でも特に癒し効果が強く、風景はもとより、庭園を閉じ込めているように見える事から石の名前が付きました。

フローライトとの組み合わせでは、迷いなどがあり考えがまとまらない時には、心身を冷静に整理するパワーストーン効果があります。

また、過度なストレスを感じる場合にはそれを解消するように強力に働きかけ、あなたを守るでしょう。

 

■ 関連記事

ガーデンクォーツの意味とパワーストーンの効果で相性の良い天然石とは

 

スポンサーリンク