あなたは、天然石のフォスフォシデライトの名前は聞いたことがあるでしょうか?

疲れた時には自分自身を癒して、他者を思いやる愛にあふれるパワーストーン効果があります。

2000年以降に流通したために比較的に新しくて、知名度が低い天然石ですが密かな人気石です。

霊性が高いパワーストーン効果があると、今、ヒーラーの間で話題になっています。

フォスフォシデライトと組み合わせる事で、さらにパワーストーン効果が強まる相性の良い天然石とは?

スポンサーリンク
 

フォスフォシデライトの天然石の意味や特徴

フォスフォシデライトの天然石の意味や特徴とは

天然石のフォスフォシデライト(Phosphosiderite)は、優しい薄紫色やラベンダーピンク、濃い紫が特徴の宝石です。

アルミニュウム、燐酸(りんさん)、水が主成分の燐酸塩鉱物(りんさんえんこうぶつ)バリサイト(バリッシャー石)」の一種になります。

アルミニュウムイオンを鉱物内に含む「バリサイト」に対して、フォスフォシデライトは、鉄イオンを含み「燐鉄鋼(ストレング石)」とは同質異像の関係です。

優しい薄紫色やラベンダーピンク、濃い紫などの美しい色の発色の原因は、微量なマンガンの影響と考えられています。

天然石の特徴では、硬度が低いので傷つきやすいために含侵処理を施したものが市場に出回っていますが、全体的に流通量は多くはありません。

天然石のフォスフォシデライトの豆知識と名前の由来

1669年にドイツの研究者へニング・ブラント氏により発見された天然石で、2000年代に市場に流通しました。

天然石のフォスフォシライトは、パワーストーンとしても比較的に新しく、取り扱いに気を配る必要もあり、あまり多くは出回っていない希少石です。

名前の由来は、ギリシャ語の「光(phos)」と「もたらす(phoros)」を合わせた「光を運ぶもの(phosphoros)」と言う説です。

もう一つの説は、石の成分に含まれる「燐(phosphros)」と「鉄(sideros)」を合わせたと言う説があります。

名前の通り、そのきらめきは燐と鉄からもたされるものであり、ギリシャ語の由来の通り、光にまつわる天然石として大切にされてきました。

 

【取り扱いの注意】:表面が傷つきやすい

 

フォスフォシデライトの鉱物学データーと宝石言葉は?

英名:Phosphosiderite

和名:斜燐鉄鋼(しゃりんてっこう)

主な産地:ペルー・アメリカ・マダカスカル・ドイツ・ポルトガルなど

結晶系:単斜晶系

硬度:3.5~4.0

比重:2.2~2.5

成分:FePO4・2H2O

色 ;紫色・緑色など

処理:含侵処理

 

宝石言葉:「安定」・「平和」・「慈愛」・「思いやり」

 

スポンサーリンク

 

フォスフォシデライトの気になるパワーストーン効果

フォスフォシデライトの天然石のパワーストーン効果とは?

ほっと優しい色の美しさで心を和ませる淡いラベンダー色のフォスフォシデライトは、2000年以降に流通したので、知名度の低い天然石です。

しかし、マットで優しい色合いと霊性が高いパワーストーン効果があるとヒーラーの間で話題になり、現在も人気の高いパワーストーンの種類になります。

薄紫が特徴のこの天然石は、精神面に働きかける深い癒しの効果を放ち、昂(たかぶ)った感情や不安定な情緒を鎮めて安泰させます。

また、マイナス思考をポジティブにして、前向きな気持ちや元気をもたらして、将来に希望を感じ取れるように変化させます。

想像力と洞察力を高める効果も強く、他者に対しての心の内を理解できるようになり、誰に対しても思いやりと愛情を持って接する事が出来るでしょう。

人との繋がりや信頼関係、能力が向上しますから、対人関係のストレスが解消されるのもフォスフォシデライトの優れた特徴の一つです。

人から良く悩み事の相談を受ける人や、カウンセラーの仕事をしている人に能力を高めるパワーストーン効果が強まりますから、特におススメします。
 

 

【効果的な使い方】:ブレスレット・ペンダント・丸玉・タンブル

 

タンブルの意味
タンブルとは、小さめに研磨された「クリスタル」や「天然石」の事です。

原石などのパワーストーン効果は、直球型の強烈なエネルギーを感じますが、タンブルやブレスレットのビーズは、穏やかで優しいエネルギーを出します。

また、タンブルはブレスレットの丸くカットされたものとは違ったエネルギー伝達作用があります。

 

フォスフォシデライトの「ココが凄い!」パワーストーン効果

自分を癒す効果が強まる

他者を思いやる慈愛の気持ち

昂った感情を鎮静化させる

マイナス思考をポジティブに変える

ストレス解消と癒し効果

とがった精神を鎮めて、本来の優しい自分に戻る

相手を思いやる気持ちが高まる

対人関係による精神的な疲れを癒す

人間関係を円満にする

直観力と洞察力が高まる

 

スポンサーリンク

 

フォスフォシデライトと相性の良いパワーストーン効果を高める天然石

アメシスト + フォスフォシデライト

2月誕生石として人気の高いアメシストは、「ストレスを解消したい!」そんな時の最強のパワーストーン効果があります。

和名は「紫水晶(むらさきすいしょう)」と言い、名前の通り「水晶」のグループ石になります。

古くから宗教儀式などでも使用されていて、強力なヒーリングパワーを持ち合わせているパワーストーンで、心身を深く癒す効果が強いです。

天然石のフォスフォシデライトとの相性では、神経をリラックスさせる作用がさらに高まり、精神の乱れを安定させて、疲れを感じる人にオススメします。

 

■ 関連記事

アメシストの種類にはどのような宝石の名前や意味があるのですか

アメシストの意味や2月誕生石のパワーストーン効果と相性石とは

宝石種類でアメシストの医師も驚いたパワーストーン効果とは

 

スギライト + フォスフォシデライト

スギライトは、「世界三大パワーストーン」や「世界三大ヒーリングストーン」と言われる、ヒーリング効果絶大の日本で発見された天然石です。

ちなみに、「世界三大ヒーリングストーン」とは、「スギライト」・「チャロアイト」・「ラリマー」です。

フォスフォシデライトとの相性では、霊的なレベルを高める効果や、繊細な魂を守り、強力な保護力や深いヒーリング効果が高まります。

 

■ 関連記事

スギライトのパワーストーンの意味と効果や相性の良い宝石とは

パワーストーンのスギライトの効果は、いじめを避けたい人に最適!

天然石 スギライトの世界三大ヒーリングストーンの効果や意味

 

ロードクロサイト(インカローズ) + フォスフォシデライト

宝石のロードクロサイトは別名を「インカローズ」と言い、恋愛のお願い事では「意中の相手を振り向かせたい時」に最適なパワーストーン効果があります。

天然石としてのインカローズの名前の由来は、かってインカ帝国が栄えた中南米で産出されてきたため日本では「インカローズ」の別名で呼ばれています。

鉄分を含むと赤味が強い美しいピンクになり、石の色合いからも「恋愛成就」を強力にサポートする天然石と言われています。

フォスフォシデライトとの相性では、過去の恋愛などや人生に対しての経験などを癒し、人を愛する気持ちを取り戻すパワーストーン効果が高まります。

 

■ 関連記事

ロードクロサイトの意味やパワーストーンの効果を高める相性の良い宝石とは

インカローズとロードクロサイトの意味と関係やパワーストーン効果

宝石種類でロードクロサイトの意味や医師も驚くパワーストーン効果

 

スポンサーリンク